平和

有志連合による無差別大量殺人も絶対に許せない

投稿日:16/11/2015 更新日:

米英仏主体の有志連合による軍事作戦は「テロ」ではなく正義なのでしょうか?
紛争地域で無差別大量殺人を繰り返し続けているのもまた有志連合です。

日本国家は有志連合の支援をする立場にいます。

一方的な偏った報道で判断することほど危険なことはありません。

紛争地域での大国の利害を優先していては、平和的解決などできるはずがありません。

メディア報道の偏りも問題です。

上辺だけいいことを言っている日本政府の態度にも腹が立ちます。

パリのテロ以降「なぜフランスが狙われたのか?」という報道が続いていますが、その理由ははっきりしています。

その一方で、有志連合による無差別大量殺人に関するニュースはほとんど報じられていません。

フランス軍のシリア、イラクへの空爆は当然のごとくあつかっている報道すらあります。

確かにテロ行為は許せませんが、有志連合による無差別大量殺人も絶対に許せません。

パリ同時テロ129人の1千倍以上(イラクだけで14万人)の罪なき子どもら殺戮してきた欧米諸国、シリアとイラクを空爆するフランス、大国の無差別大量殺人は許され見捨てられる命、暴力の応酬と不平等がテロをうむ

フリースクール認可法案は家庭への教育委員会からの監視が強まる危険性も

大国の犠牲になっているのは、いつも何の罪もない国民です。
武力行使しないというのも、ひとつの意志表示です。

テロは許せない。
でも、ISに空爆する有志連合だけが人類で、文明国で、普遍的な価値を代表しているの?

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/de9a79ad794a077a857604f3409d7947

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-平和

執筆者:

関連記事

「永遠の0」(百田尚樹 著)を一気に読んだ

司法試験に4回失敗し、たまにアルバイトをするだけの怠惰な生活を送っている26歳の健太郎と4歳年上の姉でフリーライターの慶子が、実の祖父のことを知りたいということからストーリーがはじまる。 「祖父」の名 …

国民を守るのは「国防軍」という武力では不可能である

このほど、「集団的自衛権を巡る憲法解釈を検討する」ため安倍首相が設置した有識者会議が、集団的自衛権の行使を全面的に容認する「新たな憲法解釈を提言する」ことを決定し、さらに内閣法制局長官に集団的自衛権行 …

共謀罪とは?権力を持つとはこういうこと

全国の自治体が弾道ミサイルについて取り上げている一方では、こんな法律が作られようとしています。 国民の不安を煽って政権の都合のいい方向へ持っていこうとするのは、権力者の常套手段です。 過去の歴史を見れ …

“零戦の設計者”堀越二郎(「風立ちぬ」のモデル)の素顔

宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」では私の父、堀越二郎がモデルになっています。 飛行機に憧れた少年が、大学で航空工学を学び、飛行機作りに邁進する実話を縦糸に、さらに美少女との恋愛物語を横糸にして作られた物語 …

9.11 テロの真実 あまりにも不可解な点が多い

9.11 テロの真実 FBIはビン・ラディンを9.11の容疑者と見ていない! 自爆テロリストのうち少なくとも6人は生きている! 世界貿易センターには巨大な爆発物が仕掛けられていた! ハイジャック機の乗 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク