教育

夢や希望は観念ではなく小さな行動の積み重ねによって自分で作っていくもの

投稿日:26/09/2017 更新日:

思いを持つことは大事です。
思いがなくては何も始まりませんからね。

しかし、思いを持つだけでは夢は実現しません。
思い以上に大事なことが行動を始めること。それ以上に大事なことは行動を続けることです。
夢や希望は観念ではなくて、目標に向かっての具体的な行動です。目標に近づくために何をするか、小さな行動の積み重ねによって作っていくものです。
誰かが与えてくれるものではなく、自分のできることを組み立てて作っていくしかないのです。

「こうなりたい」「あれをやりたい」という思いがあるなら、どうやってやるか考えなくてはいけません。考えたら考える力がつきます。
何をするか考えたらそれを実行します。考えただけでは何も変わりませんが、行動したら変わります。必ず変化が起こります。必ずです。
「どうせ何も変わらないから」というのは何もしていないからです。当たり前ですよね。何もしていないんだから何も変わりません。
だから行動することが大事なんです。
考えたことを実行したら、何かが変わります。
必ず変わります。

こうやって小さな行動を続けて変化を楽しみながら実践を積み重ねていきます。
夢は朝起きた時に突然叶うのではありません。小さな行動の積み重ねの結果として実現します。
自分が今やっていることが夢に一歩一歩近づいていると考えたら、ワクワクすると思いませんか。

夢があるなら今すぐ行動しよう!

あなたがやりたいことはなんですか?
あなたの夢はなんですか?
そのために何をしたらいいですか?
何をするか決めることができたら、あとはそれを実行するだけです。
簡単でしょ。

あとひとつ大事なことを忘れていました。
これを読んだだけの人、あなたの夢は永遠に叶いません。
それをすぐに行動してください。
一番いい方法は何をするか紙に書いて目に見えるところに貼っておきます。
できないことはできないけど、自分が今できることをしたらいいんですからね。
あとは行動するだけです。

初詣ででほんとうにやるべきこととは?

多くの人は、「こうなったらいいなぁ」で完結しています。
初詣では「○○しますように」「○○になりますように」って「お願い」していますよね。でもこれでは夢は叶いません。
初詣の時までに、自分は何をするか決めておきます。そして、「今日から○○します」と自分と約束します。その約束を紙に書いて貼っておきます。
誰かにそれを宣言するのも効果的です。
これ、来年の初詣までまつのはもったいない。今日から始めて初詣の時に「去年はここまでできたので今日から○○をします。」と約束するんです。それは具体的なほどいいです。大きなことは遠すぎて絶対にできない、しないので、小さなすぐにできることの方がいいです。
願いは神様に叶えてもらうものではなく、小さくて具体的な自分の行動の積み重ねで作っていくものなんです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

夏休みの宿題なんか克服しなくてもいいので、課題とはいえない

夏休みの宿題、子どもがどっさり持って帰ってますよね。 今日から8月ですが、「あと何日でやらせなければならない」って、日を追うごとにどんどん不安が増してきている「親」はいませんか? 勉強するしないは、個 …

平川理恵さん「不登校は今の教育を子どもが嫌だと言っている表れだ」

不登校児をゼロにした元中学校長で広島県新教育長の平川理恵さんのいう「非常識」とは。 「大人の思い込みを子どもに押し付けるのでは、不登校はなくならない。不登校は今の教育を子どもが嫌だと言っている表れだか …

学校に行かずにゆっくり休み、その間に自分の進む道を考えていけばいい

親の不安や焦りを利用した「不登校ビジネス」が横行しています。 ブラックフリースクールや詐欺まがいの教育相談所もあると聞いています。 親の不安や焦りを募らせているのは、学校や教育委員会からの学校復帰の圧 …

「教育の機会の確保等に関する法案」はフリースクール容認断念

この法案はフリースクールや自宅での学習が市町村教委に認定されれば、学校に通わなくても「義務教育を修了したと認める」というもので、不登校の子にメリットがあるように見えるのですが、従来通りであっても、学校 …

鳥取県のハートフルスペースと不登校の親の会が連携スタート

鳥取県のひきこもり支援機関「ハートフルスペース」が中部、西部にも新設でも書きましたが、県教育委員会としてもこれまでの「待ち」の体制からアウトリーチ(訪問支援)にも力を入れています。 ハートフルスペース …

スポンサーリンク

スポンサーリンク