教育

鳥取県内の親の会は私自身もとても居心地のいい居場所

投稿日:13/12/2015 更新日:

昨日は、米子で不登校の親の会「つながろう会」に参加しました。

会に参加するたびに毎回、私の方が元気と勇気をいただいて帰っています。

このような場を作っておられることは本当にありがたいです。

話を聴いてくださる方がおられるのは本当に大切だと思います。

子どもが不登校になったら、まず子どもが家庭内で自分を受け入れてくれて、安心して過ごせる居場所と環境を用意すること。

また、親が一人だけで悩まないことです。

自分の悩みを吐き出して、同じ悩みを持った人達に受け入れられるのは誰にとっても嬉しい事です。

子どもにとっての居場所づくりももちろん大切ですが、親にとっての居場所づくりも大切です。

不登校の親の会の目的は、大きく分けると3つあると思っています。

・同じ境遇で同じ悩みを持った人達の連帯と共感
・不登校の解決や克服に向けた経験者たちを含めた情報共有
・いろいろな事例や情報を聞くことで、次のステップへの道を見つける
親の会で経験者の話を聞くことで、不登校解決に向けた道筋やそこまでの過程を知ることで、親の不安も軽くなり、子どもへの負担も軽減することができます。

「つながろう会」でも、先輩のお母さん方が自分の経験から話をしてくださるのがとてもいいと思います。

現在悩んでおられるお母さんにとっては、一番身近に感じられたのではないでしょうか。

昨日の会で話を聴いていて、子どもにも親御さんにも長期的なサポートが必要だなと感じました。

道は1本ではないこと、子どもの成長を長い目で見ながらいろいろな人とのつながりを作っていくことが大事だと思っています。

つながろう会には、自主的に来てくださる方が増えていますので、みんなでいっしょに、こんなことができるよ、こんな道もあるよと、情報を共有することができれば、参加者みんなが成長できます。

当事者家族だけで抱え込むとどうしても狭い範囲の中でしか考えられなくなりますが、いろいろな人たちの輪が広がっていくことで進路の選択肢も広がり、就労支援までつなげていくことができると思います。

鳥取県内の親の会は、私自身もとても居心地のいい居場所になっています。

昨日は、いろいろな方と話ができて本当によかったです。

スタッフの皆さま、参加された皆さまありがとうございました。

私も自分自身の勉強にもなりますので、これからも長くお付き合いさせていただきたいと思っています。

つながろう会(鳥取県米子市)

http://www.geocities.jp/tunagaroukai/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

教員が「低賃金」「非正規」で買い叩かれるのは教育行政の怠慢が原因

熱心な教員ほど、自分の命を削って子どもたちのために懸命に頑張っています。 これまでも長い間「講師待ち」の教員志望者は「無職無収入状態」で、いつ電話が鳴るかわからないため自宅待機していました。私にも経験 …

「つながろう会」の月例会で高校2年の時に不登校を経験した話

今日は、「つながろう会」の月例会で高校2年の時に不登校を経験した25歳の女性の方から話を聞きました。 保護者の方を前に、自分の考えをしっかり持って自分の言葉で話をされ、「自分らしく」生きていることが伝 …

2017年12月10日(日)に「こども未来フォーラム~STOPいじめ」開催

鳥取県ではいじめをなくすための取り組みとして、毎年「こども未来フォーラム~STOPいじめ」を開いています。 今年は12月10日(日)13時30分から鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館)で行われ …

6歳の女の子が考えた「(公の)学校ってこうすればいいのに」案

6歳の女の子が考えた「(公の)学校ってこうすればいいのに」という案が素晴らしいです。 算数の部屋に入るには算数を学びたいことが必要条件。 算数の教室はなんこかあって、各教室には先生がいてる。算数を学び …

不登校の子どもが主人公の小説『かがみの孤城』の作者辻村深月に不登校当事者が取材

『かがみの孤城』の作者・辻村深月さんのインタビュー記事です。 「『いじめ』や『不登校』から連想できる典型的なパターンに彼らを絶対にハメない」 「大人に対して私は『私の選択を信じて待ってほしかった』と今 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク