教育

鳥取県内の親の会は私自身もとても居心地のいい居場所

投稿日:13/12/2015 更新日:

昨日は、米子で不登校の親の会「つながろう会」に参加しました。

会に参加するたびに毎回、私の方が元気と勇気をいただいて帰っています。

このような場を作っておられることは本当にありがたいです。

話を聴いてくださる方がおられるのは本当に大切だと思います。

子どもが不登校になったら、まず子どもが家庭内で自分を受け入れてくれて、安心して過ごせる居場所と環境を用意すること。

また、親が一人だけで悩まないことです。

自分の悩みを吐き出して、同じ悩みを持った人達に受け入れられるのは誰にとっても嬉しい事です。

子どもにとっての居場所づくりももちろん大切ですが、親にとっての居場所づくりも大切です。

不登校の親の会の目的は、大きく分けると3つあると思っています。

・同じ境遇で同じ悩みを持った人達の連帯と共感
・不登校の解決や克服に向けた経験者たちを含めた情報共有
・いろいろな事例や情報を聞くことで、次のステップへの道を見つける
親の会で経験者の話を聞くことで、不登校解決に向けた道筋やそこまでの過程を知ることで、親の不安も軽くなり、子どもへの負担も軽減することができます。

「つながろう会」でも、先輩のお母さん方が自分の経験から話をしてくださるのがとてもいいと思います。

現在悩んでおられるお母さんにとっては、一番身近に感じられたのではないでしょうか。

昨日の会で話を聴いていて、子どもにも親御さんにも長期的なサポートが必要だなと感じました。

道は1本ではないこと、子どもの成長を長い目で見ながらいろいろな人とのつながりを作っていくことが大事だと思っています。

つながろう会には、自主的に来てくださる方が増えていますので、みんなでいっしょに、こんなことができるよ、こんな道もあるよと、情報を共有することができれば、参加者みんなが成長できます。

当事者家族だけで抱え込むとどうしても狭い範囲の中でしか考えられなくなりますが、いろいろな人たちの輪が広がっていくことで進路の選択肢も広がり、就労支援までつなげていくことができると思います。

鳥取県内の親の会は、私自身もとても居心地のいい居場所になっています。

昨日は、いろいろな方と話ができて本当によかったです。

スタッフの皆さま、参加された皆さまありがとうございました。

私も自分自身の勉強にもなりますので、これからも長くお付き合いさせていただきたいと思っています。

つながろう会(鳥取県米子市)

http://www.geocities.jp/tunagaroukai/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

発達障害のある息子が1年間支援いらずだったA先生の話

『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸びる120の子育て法』著者・楽々かあさんこと、大場美鈴さんが、毎日当たり前のように、どんな子にも自然に行っていたA先生のスゴ腕の職人技を …

公立小学校に花まる方式導入で朝の時間が変わる?!

「花まる学習会」が公立小学校と一緒に取り組みを始めるということで、話題になっています。 4月にスタートする「官民一体校」ではどんなことをするのかというと・・・ 公立小学校のカリキュラムの中に、花まる学 …

ひきこもり脱出の「方程式」で現状把握と先の見通しをもつ

この全体像は「心のエネルギー曲線」と同じような過程を示した図になっています。 子どもと親が今どの階段にいるのかが分かれば、現状把握と先の見通しも立てやすくなります。 不登校やひきこもりのメッセージを周 …

「助けて」って子どもに「教える」んじゃなくて、大人がやったらいい

知らないことは「知りません」「知らないので教えて」 わからないことは「わかりません」「やり方を教えて」「わからないから勉強します」 できないことは「できません」「できる人は代わりにやって」「できるよう …

フリースクール認可法案は家庭への教育委員会からの監視が強まる危険性も

不登校の子どもたちがフリースクールなど小中学校以外で教育を受けた場合でも、義務教育の修了を認める議員立法を自民党の議員連盟がまとめた。 野党も大筋で同意しており、超党派で来年の通常国会に提出する。 法 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク