社会問題

言葉が出ない! なんで「津久井やまゆり園」で採火式なのか?

投稿日:31/03/2021 更新日:

パラリンピックの聖火を採火する場所として、2016年7月に障害者と職員ら45人が殺傷される事件が起きた相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」が選ばれた。

言葉が出ない!
なんでここで採火式なのか?
ここがどんな場所か分かっていて決めたのか?
スポーツのお祭りであるパラリンピックにつなげる理由がまったく分からない。
聖火リレーってなんのためにするのか?
パラリンピックってなんのためにするのか?
「障害者」を排除し差別する社会構造を作り上げ、「共生社会を」という矛盾。
自分たちのプロタガンダのために都合よく「障害者」を利用する。
差別の構造を作り上げ、「差別はやめましょう」という形だけ上部だけのキャンペーンやパフォーマンスばかりして、それが差別をしないことにしている人たち。
この社会は腐りきっている。

当事者の想いは完全無視、国民、市民の声も完全無視。
排除、差別の構造を作り上げた張本人の行政が「差別をするな」なんて矛盾しかない。
ご都合主義ばかりです。
怒りしか出てきません!

やまゆり園で聖火を採火へ 遺族「想像もせず…驚き」

津久井やまゆり園で採火の方針 東京パラリンピック聖火

やまゆり園で聖火「当事者の声聞かず悼む場を利用か」

東京パラリンピック聖火 やまゆり園での採火中止を遺族ら要請

「津久井やまゆり園」で東京パラリンピックの聖火の採火をすることについて、事件の遺族や被害者家族が中止を求める意向であることが判明した。13日に神奈川県と同市に要請する。遺族らは「まだ心の傷が癒えていない。フェスティバルの一環としての採火に違和感を持つ」などと説明している。
19人が殺害された現場でパラリンピックという祭典の一環としての採火を実施することに「遺族、被害者家族はもちろん、多くの国民が違和感を持つ」と指摘している。
東京パラリンピック聖火 やまゆり園での採火中止を遺族ら要請へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

日本国憲法を無視するような者を議員として選出すべきではない!

言論の自由、表現の自由は憲法で認められています。 誰もが、自分の思想・信条・意見を公に発表できる自由が保障されています。 SNSはコミュニケーション手段のひとつで、表現の場です。 自分の思いを他者に伝 …

福島第一原発での事故は日本だけの問題じゃないよ

ネットで評判になった黒澤明の映画「夢」(1990年、120分)、8作品のうちの第6話「赤富士」。 今の福島原発災害を予知していたかのようだ。 黒澤明、映画『夢』で原発事故を20年前に糾弾「原発は安全だ …

よなごサポステの講演会「自分らしい生き方とは?」働くことに一歩をふみ出さなくてもいい

今日はサポステの講演会に行ってきました。 田中さんの話の中で勉強になったこと、ヒントになったこと、なるほどなと思ったことがたくさんありました。 ・対象者の状態から見るサポステの限界 ・学校へ行かなけれ …

「ひきこもりは犯罪率が低い集団」精神科医・斎藤環氏が過剰な報道に苦言

「家族内だけで何とかしようとせず、専門の相談機関を頼ってほしい」というが、安心して相談できるところがどこにあるのか? ちょっと探してみたけど、相談しようとは思わない。 「気軽に相談を」というが、それが …

ひきこもり女子会で共感し合えるだけで変化を起こす

今、全国の引きこもり状態の女性たちから開催を熱望されているのが、「ひきこもり女子会」だ。 引きこもっているのは、男性だけではない。男性恐怖症のため、これまでの男性参加者の多い自助会や居場所などには怖く …

スポンサーリンク

スポンサーリンク