メディア

「SNSって何だろう?これからのコミュニケーションを考えよう!」研修会に参加しました

投稿日:

昨日は、鳥取県ケータイ・インターネット教育推進員の公開研修会に参加しました。
「SNSって何だろう?これからのコミュニケーションを考えよう!」というテーマでロジカルキット代表の下田太一さんの話を聞きました。

・メディアは情報全てを伝えることはできない。
・ネット利用時には「魔法」がかかっているような状態になり、常識が通用しない場合がある。
 さらに、本人がそれに気づいていないことが問題。(例:ポケモンGO現象))
・基本は人と人との関係、メディアはコミュニケーション手段のひとつ。
・SNSが自立の妨げになる恐れがある。
・SNSを入口として人とつながるようになると、リアルな関係を構築するのが難しくなる。
・SNSは実社会の活動するツールのひとつにすぎない。
・大切なことは実社会で何がやりたいのか、なぜSNSを使うのか、やりたいことを実現する手段としてSNSを考える。
・PCやスマホは人間が目的のために活用する道具、その道具に使われているようなことがないか注意が必要。

など、ネットやSNSはあくまでもコミュニケーションのための手段であり、それを使うことが目的になってはいけないこと、ネットでトラブルが発生しているのは、現実の中での課題が現れているだけのこと。だから、「人として」どう関わるかが大切である、ネット上での解決ではなく人間関係の修復をしていく必要があるということを学びました。

そういえば、昨日の「おんな城主直虎」でも「口コミ」というメディアを上手く使っていましたね。
下田太一さんが独立してNPO法人を立ち上げた動機、理由についてもすごく共感できました。

研修会の資料は、こちらのページからダウンロードできます。
NPO法人青少年メディア研究協会

子どものケータイ・インターネット利用問題対策講習会

第一回八王子市中学生ミーティング(2015年1月)

子どものスマホ利用問題は「○○な使い方」が原因?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-メディア

執筆者:

関連記事

「自粛疲れ」「気の緩み」?これが専門家である尾身会長の発言なのか?

この人は、政府の分科会の会長でしょ。 「自粛疲れ」? 「気の緩み」? これが専門家である尾身会長の発言なのか? こんな発言が出てくることが本当に残念です。会長として専門家として、もっと具体的な解決策を …

NHK山形の気象予報士岡田みはるさんが心配です

職場での人間関係、嫌がらせ、ディレクターから暴言を吐かれたからなど様々な憶測が飛んでいますが、よっぽどのことがあったことは間違いないです。 番組スタッフも混乱していたとは思いますが、岡田さんがそのまま …

コロナ騒ぎで統計を理解できる人とまったく出来ない人の差が明確らになった

コロナ禍では統計を理解できる人とまったく出来ない人の差が明確らになった。 「テレビに出ている専門家」は、データを見ないで無難な発言しかしない。 人の動きと感染拡大は、収束期にはまったく相関関係がない。 …

クレヨンしんちゃんから大人の事情で「下品な表現」が消えた

クレヨンしんちゃんは、子どもに見せたい名作のひとつです。 特に映画は親子で見てほしい、感動大作です。 クレヨンしんちゃんは大哲学者だと思いますので、私は前から弟子入りしたいと思っていました。 下手な道 …

前川喜平前文部科学事務次官の発言とマスメディア

まず確認しておきたいことは、メディアから流されるすべての情報は「各々の都合」によるフィルターを通して流されていること。 政府にとって不都合なニュースを流すと大手メディアも不利益を被ることも知っておくべ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク