暮らし

ユニバーサル社会セーフティネット政策には賛成

投稿日:27/11/2015 更新日:

「はじめから消費増税ありき」で進められているのは、政府の怠慢です。

というか、「社会保障費の確保のためには消費増税しか方法がない」という裏には、国民にはいえない圧力や事情が隠されているのでしょうが。

資本主義経済の中で生きていくと決めた以上、格差が起こるのは当然です。

しかし、それでは誰もが暮らしやすい社会が作れないかといえば違います。

アトキンソン氏のいう「ユニバーサル社会セーフティネット政策」には賛成です。

アトキンソンは、『21世紀の資本』が世界的なベストセラーとなった著者ピケティ氏の師です。

この政策を実現することで、社会保障と所得再分配制度の大幅拡充の財源となります。

・特に家族手当の大幅な増額
・資源の少ない人々のための退職手当や失業手当の増額
・特に大規模な遺産では累進性を高めること
など。

こうすれば、面倒な軽減税率など導入しなくても社会保障費は十分賄えます。

アトキンソン氏の著書『21世紀の不平等』も読んでみようと思います。

ピケティ絶賛!格差解消の切り札はこれだ

http://toyokeizai.net/articles/-/93619

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

高校生の「校則」による政治活動の制限は人権侵害する憲法違反

いったい何のための選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたのでしょうか? 「18歳選挙権」とは、「18歳以上になったら投票に行っていいよ」という「投票権」のことなのでしょうか。 それでは、全く意味があり …

市会議員候補者アンケートが薄すぎて、これでは有権者は何をやるか候補者の違いが分からない

今日の日本海新聞。 アンケートの設問が広すぎ、あいまい、抽象的で、候補者の回答も具体的でないので、有権者には誰が何をするのか分からない。 任期中に何をするか、その結果どうなったかが大事で、現職にはそれ …

つらければ、逃げればいいじゃない、やりたくなければやらなければいい。

やりたくなければやらなければいい。 やりたいことだけやったらいい。 イヤな人とはつき合わなければいい。 好きな人とだけつき合ったらいい。 やりたくないことをやってもちっとも楽しくない。 イヤな人と我慢 …

社会の偏見や無理解のために「ひきこもり」を隠さなければならない

社会の偏見と無理解によって「ひきこもり」だと打ち明けられない風土があります。 様々な支援機関ができていますが、相談窓口に行くことができないのはそのような世間の風土によることも大きな要因です。 不登校も …

スマートハンディスキャナーPUP Scanがとっても便利です

最近「OK Google」と言って、スマホでいろいろなことを調べるテレビCMをやってますよね。 GoogleドキュメントはWord に対応しているので、キーボード入力をしないで記事が書けちゃいます。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク