暮らし

ユニバーサル社会セーフティネット政策には賛成

投稿日:27/11/2015 更新日:

「はじめから消費増税ありき」で進められているのは、政府の怠慢です。

というか、「社会保障費の確保のためには消費増税しか方法がない」という裏には、国民にはいえない圧力や事情が隠されているのでしょうが。

資本主義経済の中で生きていくと決めた以上、格差が起こるのは当然です。

しかし、それでは誰もが暮らしやすい社会が作れないかといえば違います。

アトキンソン氏のいう「ユニバーサル社会セーフティネット政策」には賛成です。

アトキンソンは、『21世紀の資本』が世界的なベストセラーとなった著者ピケティ氏の師です。

この政策を実現することで、社会保障と所得再分配制度の大幅拡充の財源となります。

・特に家族手当の大幅な増額
・資源の少ない人々のための退職手当や失業手当の増額
・特に大規模な遺産では累進性を高めること
など。

こうすれば、面倒な軽減税率など導入しなくても社会保障費は十分賄えます。

アトキンソン氏の著書『21世紀の不平等』も読んでみようと思います。

ピケティ絶賛!格差解消の切り札はこれだ

http://toyokeizai.net/articles/-/93619

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

2015年に支払った税金を取り戻す方法

毎年新年の仕事始めは確定申告の準備からスタートしています。 1年分の帳簿の整理から申告書の作成までがその仕事で、最も1年の区切りを感じることです。 国や行政はなにもしてくれないことの方が多いのですが、 …

菊池桃子さんの1億総活躍国民会議での発言が素晴らしい

菊池桃子さん、頑張ってますね。 彼女がどういういきさつで「1億総活躍国民会議」の民間議員に選ばれたのかはわかりませんが、長女が乳児期に脳梗塞になり、障害のある子どもの母親として頑張っています。 実は彼 …

米子で傾聴コミュニケーション勉強講座が開催されます

答えは本人がすでに持っています。 だから、他者に吐き出すこと話すことが大切で、そのために聴いてもらえる相手との関係性が重要なんですよ。 話を聴くことそのものが解決になることだってあります。 聴くことに …

ザ!世界仰天ニュース『字が読めない子どもたちの苦悩』南雲明彦

2月3日(水)のザ!世界仰天ニュースを見ました。 『字が読めない子どもたちの苦悩』誰にも理解されない孤独な苦しみ 明彦と母は自宅から車で40分の場所にある病院の精神科を訪ねた。 医師の前で自分の今の気 …

アベノミスク 正確にはアベノリスク です

アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪 あなたの身の回りで豊かになった人っていますか? 依然として過労死や自殺は増えるばかりで、将来もらえる年金は減る、減るならまだましで多分消えるんじゃなにの。 全 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク