暮らし

ユニバーサル社会セーフティネット政策には賛成

投稿日:27/11/2015 更新日:

「はじめから消費増税ありき」で進められているのは、政府の怠慢です。

というか、「社会保障費の確保のためには消費増税しか方法がない」という裏には、国民にはいえない圧力や事情が隠されているのでしょうが。

資本主義経済の中で生きていくと決めた以上、格差が起こるのは当然です。

しかし、それでは誰もが暮らしやすい社会が作れないかといえば違います。

アトキンソン氏のいう「ユニバーサル社会セーフティネット政策」には賛成です。

アトキンソンは、『21世紀の資本』が世界的なベストセラーとなった著者ピケティ氏の師です。

この政策を実現することで、社会保障と所得再分配制度の大幅拡充の財源となります。

・特に家族手当の大幅な増額
・資源の少ない人々のための退職手当や失業手当の増額
・特に大規模な遺産では累進性を高めること
など。

こうすれば、面倒な軽減税率など導入しなくても社会保障費は十分賄えます。

アトキンソン氏の著書『21世紀の不平等』も読んでみようと思います。

ピケティ絶賛!格差解消の切り札はこれだ

http://toyokeizai.net/articles/-/93619

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

地方創生交付金のばらまきでは全く意味がない

「地方創生」交付金のばらまきが始まりました。 一時的なばらまきで、抜本的な改革には程遠い政策です。 倉吉市は交付金が上限でプラマイ200万円分け前があるようですが、これが何に使われるのか注目しています …

どうしてひきこもりになったの?こうして僕はひきこもりから抜け出した

当事者の声を聴くことがすべての始まりです。 どうしてひきこもりになったの。 まあ、ようするに、学校と地域社会だね。 ぼくはこの新しい環境で、「自分をゆずってまで彼らに適応するなんて、誰がしてやるもんか …

認知症になる前より今の方が積極的になった

NHKテレビで認知症についての特集がはじまっています。 あなたは、認知症と聞くとマイナスイメージでとらえていませんか? 「認知症になったら何も分からなくなる、できなくなる」と恐怖を感じていませんか? …

立場や肩書き、名誉、お金などは、本来の自己には何の役にもたたない 良寛の生き方

人の心は皆それぞれ違うものだ 顔の相には違いがあるように ところが誰もが同じものだと見なしてしまう どこでもお互いに相手の是非を決めつける 自分に似ていれば、相手の非をも是とする 自分と違うところは、 …

この世に障害者という人種も健常者という人種もいない ただ個があるだけ

「ここでは障害者は特別扱いされません。給与形態も同じですし、自分のことは自分でやるのが基本。助けを求められないかぎり、障害者だからといって手を貸すことはまず、ないですね」 「この世に『障害者』という人 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク