暮らし

ユニバーサル社会セーフティネット政策には賛成

投稿日:27/11/2015 更新日:

「はじめから消費増税ありき」で進められているのは、政府の怠慢です。

というか、「社会保障費の確保のためには消費増税しか方法がない」という裏には、国民にはいえない圧力や事情が隠されているのでしょうが。

資本主義経済の中で生きていくと決めた以上、格差が起こるのは当然です。

しかし、それでは誰もが暮らしやすい社会が作れないかといえば違います。

アトキンソン氏のいう「ユニバーサル社会セーフティネット政策」には賛成です。

アトキンソンは、『21世紀の資本』が世界的なベストセラーとなった著者ピケティ氏の師です。

この政策を実現することで、社会保障と所得再分配制度の大幅拡充の財源となります。

・特に家族手当の大幅な増額
・資源の少ない人々のための退職手当や失業手当の増額
・特に大規模な遺産では累進性を高めること
など。

こうすれば、面倒な軽減税率など導入しなくても社会保障費は十分賄えます。

アトキンソン氏の著書『21世紀の不平等』も読んでみようと思います。

ピケティ絶賛!格差解消の切り札はこれだ

http://toyokeizai.net/articles/-/93619

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

外遊び強要、熱中症軽視する小学校の過酷な夏ルール

「学校の決まりだから、先生がいっているから」で命まで落としている事実があります。 間違っていること、危険なことに対してはっきりと「No!」と言える子どもを育てる必要があります。 決して先生のいうことを …

リニア新幹線よりも全国の鉄道網を高速化が先

リニア新幹線は必要ない。 その費用で全国の鉄道網を高速化したほうが地方のためになる。 企業進出も増えていく。 地方創生で最も即効性と効果のある方法が、地方の法人税を下げること。 都市部の法人税の半分に …

鳥取県が精神・発達障がい者対応例示集「こんなときどうする?ガイドブック」を作成

鳥取県が精神・発達障がい者対応例示集「こんなときどうする?ガイドブック」を作成、公開しました。 【掲載内容】 (1)精神・発達障がい者雇用の現状 (2)精神障がいとは (3)発達障がいとは (4)精神 …

『不登校新聞』で政策アンケート 各党の不登校・ひきこもり政策

国政でも地方政治でも、選挙の時にほしいのはこういう情報です。 『不登校新聞』には、毎回の選挙で政策アンケートを実施しています。 今回も10月15日号に合わせて、不登校などに関する最新の「認識」を載せて …

困っている人がいれば助ける、助けたいと思うのは当たり前のこと

マスコミの報道は、本当に無責任だと感じています。 「違い」が差別を産むのではなく、社会的な関係性が障害による差別を作っています。 「障害者」が本当に理解してもらいたいことは何かということを考えて関係性 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク