健康

子どもを犠牲にしてまで運動会をする必要はない!

投稿日:25/05/2017 更新日:

こんなことしてまで運動会をする必要はない!
運動会だけじゃないで、普段の授業も音楽会、発表会、研究会、どれだけカッコだけの「形」のために無理してやってんの!

羽合小学校の飛び込み事故も、子どもの命より記録を重視する風潮が引き起こしたにも関わらず、プール環境はそのままで「例外」として飛び込み指導を継続することが決まった。
これに異義を唱えることができない教育現場は異常としか思えない。
教員もやらされ、子どもたちもやらされ、ギリギリまで無理を重ね、感動まで強要して、学校っていったい何のためにあるのか?
いったい何のために、誰のために行くのか?

個を犠牲にした「感動」なんか、何の価値もない!
まずは、それに気づくことができないと、これからも犠牲者を増やすだけだ!

文科省の考えていることは、意味不明。
現場の混乱を招くだけだ!

東谷裕昭 県教委の考えていることも意味不明。
どれだけ子どもたちを追い込むのか?

私は「学校には行かない!」という選択におおいに賛同します。
これからも「学校には行かない!」と決めた子どもや親御さんを、全力で応援していきます。

私たちは運動会の見方を変えた方が良い
~組体操で我が子が大怪我をした保護者のインタビュー~

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

うつや双極性障害などの精神障害がもたらすプラスの能力

うつや双極性障害などの精神障害がもたらすプラスの能力が見直されています。 うつや双極性障害などの精神障害はマイナス、ネガティブな状態としてとらえられがちですが、過去の偉人や著名人など、リーダーとして優 …

我慢して、無理やり教室で授業を受けさせるために薬を飲ませるんですか?

発達障害の根本治療はできない、薬は百害あって一利なしでもシェアしたのですが、良記事です。 ・授業中に歩き回る、教室に入るのは嫌、テストはやりたくない。 ・薬をのみ始めると落ち着いて授業を受けられる? …

元自衛隊メンタル教官が教える「心が折れてしまう」原因

不登校やひきこもりは、本人に原因があるのでも責任があるのでもありません。 ましてや、親の育て方や教育方法が原因なのでもありません。 なので、不登校やひきこもりになったからといって、本人や親を責めたりす …

医学不要論

「医学不要論」内海 聡 現代のニセ病気の大半は、それを治すという発想そのものが問題なのである。風邪の症状から胃腸の不良、体の痛み、頭痛、だるさ、めまいなどから、さまざまな精神症状など、さらにいえば生活 …

発達障害かも?と思ったときのチェックリストって信用できるのか?

このようなチェックリストが大ブームですが、あなたはどうですか? 当てはまる項目がありませんか? 「大人の発達障害」を疑ったら試したい20のチェックリスト 最初にやっていただいたチェックリストは、半分以 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク