健康

子どもを犠牲にしてまで運動会をする必要はない!

投稿日:25/05/2017 更新日:

こんなことしてまで運動会をする必要はない!
運動会だけじゃないで、普段の授業も音楽会、発表会、研究会、どれだけカッコだけの「形」のために無理してやってんの!

羽合小学校の飛び込み事故も、子どもの命より記録を重視する風潮が引き起こしたにも関わらず、プール環境はそのままで「例外」として飛び込み指導を継続することが決まった。
これに異義を唱えることができない教育現場は異常としか思えない。
教員もやらされ、子どもたちもやらされ、ギリギリまで無理を重ね、感動まで強要して、学校っていったい何のためにあるのか?
いったい何のために、誰のために行くのか?

個を犠牲にした「感動」なんか、何の価値もない!
まずは、それに気づくことができないと、これからも犠牲者を増やすだけだ!

文科省の考えていることは、意味不明。
現場の混乱を招くだけだ!

東谷裕昭 県教委の考えていることも意味不明。
どれだけ子どもたちを追い込むのか?

私は「学校には行かない!」という選択におおいに賛同します。
これからも「学校には行かない!」と決めた子どもや親御さんを、全力で応援していきます。

私たちは運動会の見方を変えた方が良い
~組体操で我が子が大怪我をした保護者のインタビュー~

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

孫さん「医療用マスク、消毒液を入手可能」だが日本の許認可手続きに一年くらいかかる

医療現場で多くの人たちの健康と命を守るために、懸命にコロナと闘っている医療従事者の方々、本当にありがとうございます。 ソフトバンクの孫正義さんもtwitterでコロナ対策へのマスクや医療機器の確保につ …

医学不要論

「医学不要論」内海 聡 現代のニセ病気の大半は、それを治すという発想そのものが問題なのである。風邪の症状から胃腸の不良、体の痛み、頭痛、だるさ、めまいなどから、さまざまな精神症状など、さらにいえば生活 …

「大人の発達障害」当事者会の国内初の調査報告で30~40代男性が突出

発達障害の二次障害によって学校に行けなくなる子が在るように、それが背景にあって引きこもり状態になっている人もいます。 中には50代や60代の引きこもりの人もあります。 さらに、多くのケースでそれを自己 …

朝調子が悪くて起きられない起立性調節障害の治療法は未確立

不登校の子どもたちは、学校に行く時間になると、本当に頭やお腹が痛くなったりします。本当に!です。 昨日の夜には、はりきって(無理しすぎて)明日の学校の用意をしていますが、当日の朝になって急に頭やお腹が …

うつ状態の人にガンバレと言ってはいけない理由

実体験をもとに「うつ状態の人にガンバレと言ってはいけない理由」を考察した漫画に共感する人が続出しています。イラストレーターの汐街コナさんが、自身がうつっぽい状態に陥った経験から描いたものです。 むかー …

スポンサーリンク

スポンサーリンク