21世紀の松下村塾

自分で新しいものを生み出すには教えないこと、覚えないこと、常識に縛られないこと

投稿日:10/11/2017 更新日:


人生に定年はありません。だから定年のある仕事を選ぶことがリスクになるって思いませんか?
大切なことはどんな仕事をするかではなく、自分が何をやりたいか。やりたいことかどうかはやってみないとわかりません。
小学生が大人になるころには今ある仕事がなくなって誰も想像していない仕事がたくさん生まれています。それは学校では教えてくれません。
そのために必要なことが自分の頭で考える力、問題解決に向けて自分で考える力、自分で新しいものを生み出す力です。考える力を身につけるには教えないこと、覚えないこと、常識に縛られないことです。
競争が起きるのは少ないものを多数の者が奪い合うから。だったら自分だけの舞台を作ったらいい。競争しなくていい場を作ったらいい。

やりたいことがあるならやってみたらいい。
それをやらないのは、やりたいと思っていないから、本気でやりたいと思っていないからです。
でもね、ちょっとでもやりたいと思っているならちょっとやってみたらいいです。ちょっとやってみたら面白くなってもうちょっとやってみたくなるよ。
そしたら、やらない言い訳なんか大したことではなくなるから。
思いつきでもなんでもいいから、ちょっとやってみたらいいです。

そんな考え方ができるのは、若い者(若い脳ミソ)に与えられた特権です。
そんな未来を見てみたいと思いませんか?
21世紀の松下村塾は、そんな力を育てていきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

10歳でもわかる問題解決の授業 [ 苅野進 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/11/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/11/16時点)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-21世紀の松下村塾

執筆者:

関連記事

21世紀の松下村塾でやってみたいことをいっしょに学びませんか

あなたのことを必要としている場や人は必ずある。 そう考えてこれまでいろいろな方たちと出会ってきました。 学校に合わない子、社会と上手くいかなくて困っている人、それを世間では「不登校」だとか「ひきこもり …

子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合う場を作りたい

教師は、課題設定と環境整備と評価に徹し、従来教師の仕事の中心だと思われてきた「教授」の部分は、従来のように教師が主導する一斉指導ではなく、子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合うというスタイ …

9月28日に子どもの学びを考える勉強会vol.1「子どもはなぜ学校に行くのか?」開催

9月28日(土)に21世紀の松下村塾主催で第1回子どもの学びを考える勉強会を開きます。 21世紀の松下村塾というのは、私が代表をしている自由な学びの場です。 あなたは、そもそも子どもはなぜ学校に行くの …

子どもの学びを考える勉強会vol.3「SCHOOL CRYSIS CATALOGをつくる」のご案内

今の時代は子どもたちからいろんなものを奪っています。 自分の頭で考える力、学ぶ力、最も罪なことが子どもたちから自由な時間と遊ぶ場所を奪っていることです。 今は学校に行くだけでなく塾に行くことが当たり前 …

21世紀の松下村塾で身に付く力、自分の才能をいっしょに探しませんか?

子どもたち一人一人は、それぞれ目指すことが違います。 子どもたち一人一人は、それぞれ自分の課題を持つことから始まります。 子どもたち一人一人には、それぞれ最適な課題解決方法があります。 子どもたち一人 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク