教育

米子で不登校児童ひきこもり青年を支援する会に参加

投稿日:13/09/2015 更新日:

昨日は、米子の福生西公民館で行われたつながろう会に参加してきました。
つながろう会というのは、鳥取県西部の不登校児童生徒、ひきこもり青年の家族を支援する有志の会です。
今ではいろいろな専門機関とも連携をとっておられ、シンポジウムや講演会も積極的に行っておられます。
スタッフの方も参加者の方も自分の意志で参加し、お互いの悩みを話したり、先輩の保護者の方の体験談を聞いたり、教育関係者の方の助言を聞いたりしています。
昨日の会の雰囲気もとても居心地がよく、私もたくさん話を聞いていただきました。
時間をオーバーしてしまいましたが、みなさんがしっかり聞いてくださいました。
私も小学校の教員をしていたときに、学級で何人かの不登校児童と関わりをもっていましたし、学校卒業後に努力して働いている青年とも関係が続いていますので、そのことについても話をしました。
参加者の皆さんがお互いの悩みを共有して、今できること、子どもの将来に向けてできることなど、ざっくばらんにうちとけた話し合いができました。
このように、鳥取県内でも多くの悩みを抱えている子どもたちや親御さんがおられます。
日々どうしたらいいのか悩み、子どもさんにどう接したらいいのか分からず、それを誰にも話せない方も多いです。
不登校やひきこもりしていることに罪悪感を感じて、子どもさんの将来を不安に思ったり、親御さん自身も責任を感じている方も多いです。
「今の状況をなんとかしたい、でもどうしたらいいのか、誰にも話すことができない。」
そんな辛い思いの人も少なくありません。
世間では、「不登校やひきこもり=いけないこと」と見られていますが、決してそうではないのです。
それは個人の責任でもなく、1人ひとりにそうなった理由はきちんとあります。
また、そのようになった要因は学校の体制や社会の環境にもあることを知ってください。
あなたは気づいていないかもしれませんが、社会の不理解も大きな要因のひとつなのです。
親子関係や環境、学校のフォロー体制を変えることによって、今の状態を少しでも楽にすることができます。
そのためにも、もっともっと社会的なサポート体制を整えていく必要があります。
それだけでなく、今以上に社会的な理解を深めていく必要もあります。
県内には教育関係の行政サービスとしての窓口も設けられていますし、つながろう会のような自主的な集まりをしているところもあります。
鳥取にはたんぽぽの会、倉吉にはトトロの会という不登校やひきこもりで悩んでおられる親の会があります。
これらの会には、私も参加させていただいています。
そこでなによりいいのは、かつて不登校やひきこもりだった子の親御さんから直接話が聞けることです。
不登校を体験したお母さん方の過去と今の話を聞くことで、今のつらい状態をどのように対処していけばいいのか、具体的な方向を見つけるヒントを得ることができます。
私も継続して参加していきますし、このようなネットワークを県内でつないで、子どもも大人も自分らしく過ごせる居場所を作りたいと思っています。
どこに相談にいったらいいか迷っている方がありましたら、お近くの会に問い合わしてみてはいかがでしょうか。
http://www.geocities.jp/tunagaroukai/tunagarou1.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

年間5000人の教員が心の病で休職 その裏に改革できない“働き方”

学校の仕事をして教員が死ぬ。 学校の先生が死ぬのを児童生徒が見ている。 学校というのは本当に異常な世界だ。 すでに学校システムが崩壊している状態で、個の教員の努力と奉仕でかろうじて成り立たっている。 …

広がるブラック部活 これはもはや「教育」とはいえません

もうこれは「指導」とはいえません。 今の学校の部活って、教育の一環の場ではなくなっている。 指導力のない教員が子どもの個人攻撃で追い込む部活。 部活を辞めるのは、続けるよりも怖い。 これは、中高だけで …

不登校の子どもとその親、学校に伝えたいこと

早期の学校復帰を前提とした働きかけによって、子どもたちは追い詰められています。 親もますます追い込まれていきます。 しかし、学校復帰だけを前提とすること自体が間違いです。 人には人の数だけ生き方があり …

植松努さんの「そんな僕だから、見えたもの」が素晴らしい

植松努さん、そんな僕だから、見えたものが素晴らしいです。 「みんながやってるから」「力を合わせてがんばった感」って、そんなことどうだっていいんですよね。 というか、そんなことに振り回されてるから、世の …

どこの学校にも僕ら以上に辛い思いをしてる子がいる

「こんな普通の事も出来ないなんて、もう自分なんかダメだ」 そう思っていた。 学校に行けなかった小学校6年生から中学校3年生までの間、ずっとつらかった。 今、こんなに人生を楽しんで生きていることを知った …

スポンサーリンク

スポンサーリンク