鳥取県民のつどい

第2回鳥取県民のつどいありがとうございました。みいゆさんの感想も

投稿日:02/12/2019 更新日:

第2回鳥取県民のつどいに参加していただいたみなさん、長時間ありがとうございました。
今回は二部構成で分科会を行い、多くの方の思いや意見を出し合いたいと考え少人数グループで話し合いをしました。
どちらの分科会も積極的な発言や建設的な意見をいただくことができ、大変うれしく思っております。
「経験者と保護者の経験談や思いを直接聞くことができて良かった。感動しました。」
「不登校についての県教委の考え方や取り組みも昔と随分変わってきて、親の会と同じテーブルに着いている姿が嬉しかった。」
「親の会の人たちの長年の取り組みが生んだ成果ですね。」
など、うれしい感想もいただいています。
現実として課題は多いですが、今後も県民がいっしょになって取り組んでいくことができたらと思っています。
取り急ぎ、親の会の12月の例会とイベント案内をHPに載せましたので、お時間がありましたらおいでになってください。
なお、会場の写真はNGとしていましたが、チラシや資料等の写真は使っていただいてOKです。
感想などをSNSに投稿していただけると嬉しいです。
基調提案や討論資料についてもアップしますので参加できなかった方の参考になりましたら幸いです。

実行委員スタッフのみいゆさんの感想

第2回鳥取県民のつどいについて実行委員スタッフのみいゆさんが感想をまとめてくださっています。
「不登校」って一言でいってもみんな違う、一人ひとりの想いがあり一人ひとりの学び方、生き方がある。あなたはあなたのままでいいんだし、ボクもボクのままでいいんだよ。
私が伝えたかったことを一言でいったらまさにこれです。
母として人として素敵なメッセージも送ってもらいました。
参加された方も参加できなかった方もぜひ読んでみてください。

第二回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい@全体会

続いてみいゆさんの分科会の報告と感想です。
これ、めっちゃわかる~。同感だよね~。
「 自分ではわからんけど、それを感じたくて、体験したくて、その現実が起きていて、やはり、そこには、自分にとってなにが大切かを気づかせてもらえる何かがあって、すべてが必然」
当事者分科会でも一応話し合いの柱を用意していたのですが、それぞれのグループで話がどんどん進み、進行役がいらないほどでした。
「何回でもパスはOK」と言っていたのですがみなさんが積極的に発言され話し手の想いをしっかり受け止めてくださったと思いました。
第3回はフリートークの時間も作るといいかな。

第二回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい@分科会

さらにみいゆさんの全体を通しての想いです。
みいゆさんの息子さんも不登校でしたが、「今では、自分のことを信じることが出きるようになった。だからこそ、息子のことも信じられている。」
「こんな私なんてって思っていたけど、今では、どんな自分もオールオッケー。ラビューわたし(笑)なんです。」
「なんせ、お母さんが生きることを楽しまないとどうにもならん!からね(笑)」

まさにこれです。これ。
私が親の会や個別の相談に来られる親御さんに一番伝えたいことがこれです。
お母さんが自分の人生を楽しむことです。そうしたら子どもにもものスゴくいい影響があります。
それは「子どもが学校に行くこと」ではなく、子どもが自己決定をして「自分らしく生きる」ようになることです。経験者として発表した彼のような生き方です。
「今回この会に参加させてもらって私が思ったのは、やっぱり『わかる~』『だよね~』って言い合える場所って必要だなぁ~ってこと」
これもまったく私も同じです。
というか、これ、私が分科会報告で使った言葉でした。
自己肯定力を育てるのに最も大切なことは「受容」と「共感」です。そして子どもに何かあったときに親のできることは、子どもを「見守り、信じて、待つ」。そして子どもが自己決定したら「いっしょによろこぶ」ことです。
今日本でいろんな事件や問題が起きていますが、その要因のひとつが「居場所がない」ことです。
ということで、来年は『わかる~』『だよね~』って言い合える居場所を広げていきます。
みいゆさんありがとう。

わかるー!だよねー!と言い合える居場所を。鳥取県民のつどい、まとめ~♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-鳥取県民のつどい

執筆者:

関連記事

学校の先生方も堂々と「学校には無理して来なくていい」と言っていい

私は教員をしていたときから「不登校の親の会」に参加していました。 今から17~18年くらい前にあるお母さんから言われたことがあります。 「先生にもこんな考えの人がいるんですね。」 そのときに私はこう言 …

第2回子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどいの第3回実行委員会を行います

今年も12月1日(日)に「子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい」を開催します。 「鳥取県民のつどい」としていますが、行政主催ではなく親の会を中心とした有志で企画しているものです。 それに向けて …

学校に行かないことは問題だ。学校に行かない子はダメな子?

不登校の何が問題なのか? 学校に行かないことが問題なのではありません。 「学校に行かないことは問題だ。学校に行かない子はダメな子」という考え方が問題なのです。 さらに、不登校の子どもは教育行政から放置 …

第2回鳥取県民のつどいの基調提案と討論資料

12月1日に開催した第2回鳥取県民のつどいの基調提案と討論資料をPDFでホームページにアップしました。 現在の鳥取県での不登校の状況とその対応について、今年の10月に文科省から出された最新の通知や「不 …

12月5日の日本海新聞に「当事者の声を聞くことから」第2回鳥取県民のつどい掲載

12月5日の日本海新聞に「当事者の声を聞くことから」と題して鳥取県民のつどいの記事を載せてもらいました。 虹の会の遠藤さんからは「情報共有の大切さと当事者の声から始めること」について、私からは「学校に …

スポンサーリンク

スポンサーリンク