第1回子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい(ご案内)

●子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい概要
文部科学省は平成28年7月に「不登校に関する調査研究協力者会議」による「不登校児童生徒への支援に関する最終報告」において「不登校状態を問題行動と判断してはならない」「学校に登校するという結果のみを目標にするのではない」という通知を出しています。また、平成28年12月には「教育の機会の確保等に関する法律の公布について」という通知の中で「学校以外の場での多様で適切な学習活動の重要性」をいっています。
このように「不登校は問題行動ではない」「多様な学び方を認め、子ども個々に寄り添った支援が必要」とされてきています。しかし、実際には不登校の児童生徒に対する社会的な目は厳しく、「子どもは学校に行くのが当たり前」であり「不登校は問題」だという見方が強いです。学校へ行かないことも選択肢のひとつであり、様々な学び方があるという認識が必要なのですが、無理解のために子ども本人も親御さんも不登校であることに罪悪感を感じて自分で自分を責めてしまい自己肯定感を下げてしまうというケースも少なくありません。

これまでに様々な団体が長年対策に取り組んでいるにも関わらず、学校へ行かない子どもは増え続けています。鳥取県でも不登校の子どもが減ることはありません。
私たちは子どもたちの声を真摯に聴くことができているでしょうか?
これまで、子どもがまん中にいたでしょうか?

また、個々の子どものニーズに応える学校環境の整備や教育相談支援体制作りが進められ、フリースクールなどの学校以外の学びの場も増えてきました。しかし、まだまだ十分とはいえない状況です。

そこで、このような間違った理解や考え方を変えていくためにも、様々な立場の県民がいっしょになって子どもの学びと不登校について考える場の設定が必要だと考え鳥取県でも集いをやりたいと思い、このたび倉吉で開催する運びとなりました。立場や肩書きを超えたさまざまな人たちと語り合う集いを開きます。
不登校の親の会、フリースクール、教育カウンセラー、子どもの学び場など子どもに関わる活動をされている方など教育関係者をシンポジスト(パネリスト)として話し合いを進め、参加者のみなさんと意見交換するような形で行おうと思っています。この集いはいわゆる「講師」や「助言者」は置きません。参加者みんなが主体者です。
子どもたちを「まん中」にして子どもたちの「生の声」を聴き、みんなで学びと不登校について語り合います。「不登校の正しい理解と対応」について、「学校外の場での学び方」についても参加者のみなさんといっしょに考えたいと思います。
今不登校で悩んでいる子どもたち、ご家族の方、学校教育関係者や子どもの教育に関わっている方だけでなく、一般の方どなたでもご参加できますので多くの方のご来場をお待ちしています。

●開催日時
日時:平成30年12月1日(土)13:00~17:00 (12:30受付開始)

●討論テーマ
「子どもと保護者の声が届いていますか?」」

「当事者抜きの不登校対策や対応が行われてはいませんか?

「不登校は問題行動ではない-鳥取県での不登校対応の課題」
「子どもの多様な学び方とその対応、居場所について」

●内容
いわゆる講演会や研修会という形ではなく、講師は招きません。参加者みんなが主体者で、みんなで討論を進めていきます。
テーマに沿ってパネリストの方々の話の中に参加者の方も加わっていただき、グループトークと全体トークを交えながら対話形式で進めていきます。
自分の体験や日ごろの取り組みや思いを話したり、子どもの学びについての考えを語ったり、日ごろの悩みを共有したりして参加者の方と意見交換をする「手作りの」シンポジウムです。また、この機会に様々な機関や人たちとつながり、今後の連携を深めていけたらと考えています。
なお、話をしないで聞くだけの参加もできるように、見学席も設ける予定です。

●タイムスケジュール
12:30 受け付け開始
13:00~13:30 開会 趣旨説明と基調提案 パネリスト紹介
「文科省の不登校対応に関する通知について」
「普通教育機会確保法について」
「鳥取県での不登校対応の課題について」
13:30~15:00 第一部 若者シンポジウム(不登校体験者による体験談とメッセージ)
15:00~15:10 休憩
15:10~16:40 第二部 大人のシンポジウム(保護者の体験談と思い、学校以外の学びの場について)
16:45 閉会挨拶
17:00 閉会

「不登校は不幸じゃないin鳥取県」で体験談を話してくれた人や保護者からの発表もあります。
県内にあるフリースクールなど、学校以外の学びの場の代表の方にも来ていただき、そこでの子どもたちの生き生きとして学び、遊ぶ様子も紹介していただきます。

 

●パネリスト(予定)
不登校経験者、親の会(保護者)代表、フリースクール代表、学びの場代表、教育相談員、不登校対応支援員、その他

※当日のスケジュールとパネリストは変更になる場合がございます。

●会場
鳥取県立倉吉体育文化会館 研修室(倉吉市山根529-2)

●参加対象
鳥取県民一般 (鳥取県外の方の席も若干数設けます)
※「鳥取県民のつどい」としていますが、県外の方の席も若干数用意いたします。
席の数が限られていますので、ご希望の方はお早めに申し込んでください。

※シンポジウム形式で行いますが、話をしないで聞くだけの参加もできるように「見学席」も設けます。

●参加費 入場無料(定員100名)

●申し込み
事前申し込みが必要で、先着順に受付して定員になり次第締め切らせていただきます。
空席がある場合は当日参加も可能ですが、立ち見になったり入場ができない場合もございますのでご了承ください。

※申し込み方法についてはこちらのページ「参加予定」「興味あり」の方に優先してお知らせいたします。

Facebookをやっていない人は、こちらから申し込んでください。

参加申し込みはこちら

●主催
鳥取県不登校の親の会ネットワーク
子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい実行委員会

●後援(予定)
鳥取県、鳥取県教育委員会、県内各市町、各市町教育委員会

●お問い合わせ先
鳥取県不登校の親の会ネットワーク事務局
本つどいにつきましては、県民のつどいホームページのお問い合わせフォームにて対応いたします。

投稿日:03/04/2018 更新日:

執筆者:

スポンサーリンク

スポンサーリンク