教育

学校は通常通り、行くか行かないかは自分で決めるのがいい

投稿日:29/02/2020 更新日:

全国すべての公立小中高校を週明けの3月2日から休校とする
当面、春休みまでとするという首相表明がありました。

ですが、自治体によっては休校にしないところもあります。
学校は通常通り、行くか行かないかは自分で決めるのがいいです。
その選択権は子どもにあるのです。政府が一方的に決めることではありません。
茨城県つくば市は「授業はしないが登校可能、希望者に給食提供」「出席することに不安がある場合には、登校しなくても欠席扱いにはならない」だそうです。
「学校には来たい子が来たらいい」
「いつでも休んでもいい」
「給食だけ食べに来てもいい」
「好きな時間に来て帰ってもいい」
「好きな先生の教室で勉強したらいい」
これって、この1か月限定にしなくても、4月以降もこのスタイルにしたらいいです。
このスタイル、全国の学校でやったらいいと思います。
もっといろんなアイデアで学校を楽しいところに変えることは可能です。
そうしたら子どもが行きたい学校になります。
そうしたら「不登校」という概念はなくなります。
これを機に
学校とは?
学びとは?
働くとは?
生きるとは?
の議論が広がるといいと思います。
国民がそう考えるのにいいチャンスいだと思います。

休校でも給食は希望者へ提供するつくば市の英断 給食が命綱の子どもが日本全国にいる

つくば市の学校のたいおうについて

子どもの命と健康を守るために、あらゆることを考えて今できる最善の努力をする。
それが大人の務め、行政の役目ですね。
つくば市は子どもにも分かりやすい説明がしてあります。

日本の あべしゅしょうが すべての学校を おやすみに してくださいと おねがいを しました。
つくばしも どうするかを きめました。
3月5日までは、いつもとおなじ じゅぎょうが あります。
学校に いくことが ふあんな人は、学校に いかなくても おやすみには なりません。

3月6日から 3月24日までは、じゅぎょうは ありませんが、学校に いくことが できます。
学校には 先生がいます。 じしゅがくしゅうの じかんに なります。 
学校は、 ごぜん8時から ごご3時まで あいています。
ほうかごの がくどうは いつもとおなじ じかんで やります。
3月5日まで きゅうしょくは あります。
3月6日よりあとは、3月2日に 給食が ひつようか きぼうを とるので、給食が ひつような人は学校が よういします。
くわしいことは、3月2日にお知らせします。

こうりつの ほいくしょ、じどうかん、こうりつの ようちえん、がくどうは、いつもどおり いくことが できます。
ひつようなことは また おしらせします。
つくばしは みなさんが あんしんして すごせるように がんばっています。

【コロナウィルスの 学校の たいおうに ついて】

つくば市のホームページは通常版と「やさしい日本語版」など複数作っているんですね。
鳥取県の自治体のホームページは迷路のように迷ってしまいますが、これも素晴らしいと思います。

学校臨時休業について 保護者への通知(2020年3月2日)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

鳥取県内の親の会は私自身もとても居心地のいい居場所

昨日は、米子で不登校の親の会「つながろう会」に参加しました。 会に参加するたびに毎回、私の方が元気と勇気をいただいて帰っています。 このような場を作っておられることは本当にありがたいです。 話を聴いて …

三田ドラゴン桜×坪田ビリギャル対談「人は結局、自分で納得したことしか行動に移せない」

『ドラゴン桜』めっちゃ面白い。 コミックもドラマも一気見しました。 「いきなり大胆なことをしようなんて思わなくていい。今すぐできる、小さな挑戦を今日始めるんだ。」 “やめちまえ&#8221 …

能力評価の社会で生きることを選んだディスレクシアの少年を描く『ファンタジウム』

長見良というディスレクシアの少年を知っていますか? ディスレクシア(読字障害・読み書き障害)の良は文字を読んだり、書いたりすることができません。 これは、先天性のもので中枢神経に何らかの機能障害がある …

人間関係で悩んでいる、周りの社会環境を変えたいと思っているひとに

・あなたは今の自分に満足していますか? ・イヤな上司と毎日顔を会わせるは苦痛じゃないですか? ・嫌いな人との上手な付き合いかたを教えます。 ・子どもをついつい叱ってしまうあなた、あなたが変わればいい子 …

不登校の親の会、鳥取タンポポの会の5月例会のお知らせ

私は一人ひとりの生き方は異なるのが当たり前なので「不登校」という言葉をなくしたいと思っています。 学校へ行く行かないかは本人の自由であり、いろいろな場で学ぶことがいいと考えています。 「不登校の解決= …

スポンサーリンク

スポンサーリンク