教育

発達障害と不登校体験のお父さんの物語

投稿日:06/02/2016 更新日:

発達障害の理解のなさから、「問題行動」「怠けてる」とレッテルを貼られ、「努力が足りない」と努力しても成果が出ない絶望の中で苦しむ子どもたちに、今私たち大人ができることはなにか?
そんな問いかけや気づきを与えてくれる本です。

『読めなくても、書けなくても、勉強したい―ディスレクシアのオレなりの読み書き』の井上智さんは伯耆町にお住いの方で、43歳のとき、ディスレクシアだったことを知った成人当事者です。

小中学校のころは、読み書きの困難を隠しながら暮らし、高校1年のときに、学校も家もとび出した経験もあります。

その後、生きるためにさまざな仕事をされたのですが、現在は、大工として働いておられます。

今は、「アイビー就労支援の会」を友人と始め、福祉用具木工製品の開発・制作・販売をしておられます。

奥さんの賞子さんは松江の小学校の教員で、障がいのある子供達がICTを日常生活で活用していく研究をしている「魔法のプロジェクト」のメンバーです。

ホームページも作っておられますので、ご覧ください。

『不登校物語』著者の岡田健二さんは琴浦町の方です。

子どもさんは東伯町の学校にも行っておられましたが、担任の心無い対応や友だち関係で学校が合わなくて県内の学校をいろいろ転校。

鳥取県内の学校でのわが子への酷い対応についても書かれています。

なんと、二男さんは私の大学の後輩で高校教員をしておられます。

今は3人とも成人され仕事をしておられます。

「不登校」といっても、個々様々なケースがありますし、いろいろな考え方があります。

岡田さんも当時は随分悩まれ、戸惑いもあったと思います。

「自分が何とかしなければ」「学校に行かせなけばならない」と必死になって学校探しをし、父親としての接し方を反省しておられるようにも感じます。

団塊世代のお父さんにとっては、学歴偏重主義の中で育ってきて、子どもへの対応も葛藤されていたと思います。

お父さんなりに、意味づけというか納得したかったのではないでしょうか。

発達障害についても不登校についても、周りの人の理解が十分でないために、自分を追い詰め、生き辛さを感じておられる人は多いです。

家族も責任を感じ、当事者の方を責めてしまう場合もあります。

しかし、適切な対応をして環境を変えることによって、その人らしい生き方ができるようになります。

発達障害も不登校も決して本人のせいではなく、努力が足りないのでも怠けているのでもありません。

就学中の子どもだけでなく、社会に出てからも偏見や間違った慣習によって悩んでいる人もあります。

家族や周りの人たちだけでなく、教員や医者の理解もまだまだ十分ではありませんし、個々への支援となるとまだまだ課題も多いです。

その解決のためには、もっともっと理解の支援の輪を広げていき、誰もが気軽に相談のできる環境を整備していくことが必要です。

私たちももっといろいろな人の声を聞き、勉強をしていく必要があります。

2月14日(日)13:00から岡田健二さんの講演が倉吉未来中心セミナールーム4で行われます。
当日参加もできますので、ぜひおいでください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「不登校」ではなく「ホームスクール」という学び方に賛成です

「不登校」ではなく、「ホームスクール」 これでいいんです。 「不登校」とは「登校」ありきの言葉です。 さらに、「登校」「下校」は上から「支配」された言葉であり、「登校」「下校」ではなく「通学」が正しい …

「学習障害は他の様々な手段を使って補完できる」本田秀夫先生

スゴイ先生がいます。 スゴイ実践をしている学校があります。 安部博志先生「子どもの行動には必ず意味があり、そこに気づくと道が開ける」 本田秀夫先生「思春期までに”自尊心の貯金”を」 なるほど!と、納得 …

米子市のホームページ 「ご存じですか?発達障がいのこと」

米子市のホームページに「ご存じですか?発達障がいのこと」が載っています。 発達障害は周囲の人の理解、適切な対応と環境調整で特性を活かして強みを伸ばすことができます。 鳥取市、倉吉市のホームページでは障 …

SNSに増殖している「勉強垢」で答案用紙や自筆ノートを晒す

学習管理SNSなんてものまであるのですね。 ネットやSNSでのつがなりが増えているのは便利さだけでなく、現実でのつながりにくさや人間関係の薄さが原因です。 現実の社会で人間関係が作りにくかったり、居場 …

鳥取県内の小学校で平成30年度から英語授業の強行実施の問題点

いよいよ鳥取県内の小学校では、課題が山積みのまま英語の授業を強行実施することが決定しています。 はい、これは決定事項です。 「教科化」ということは、「教科書」が作られて担任が「評価基準」をもとに点数、 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク