仕事

鳥取のHaRuから就労支援施設と消費者を繋ぐ新たな取り組みを発信します

投稿日:20/11/2016 更新日:

いよいよ今日になりました。
ワクワクする話をワクワクさせてくれる人と話します。
どんな話をするのかはその場で考えますので、自分も楽しみです。
今日も素敵な出会いが待っていることが楽しみでしょうがありません。

「そんなことムリだ」「お前にはできない」と否定的なことをいう人々に囲まれて過ごすか、「あなたらしさ」を認めて可能性を信じさせてくれる、ワクワクさせてくれる人と共に時間を過ごすかによって、人生の行方は大きく違ってきます。
そんな人たちとつながることによって、あなたの可能性はどんどん広がっていきますよ。
事前予約は必要ありませんので、会場にふらっとお立ち寄りください。

いよいよ始まりました

「価値観を変える会」にパネリストとして参加したのですが、アプローズの光枝茉莉子さんによる「花を通じたウエルフェアトレード 障害者福祉×花の可能性」という講演を聞きました。
光枝さんは都庁を退職して「今までにないような、就労支援施設のモデル事業を作りたい」と本格的なフラワーアレンジメントショップを起業。
就労継続支援事業には、最低賃金以上での雇用契約が結ばれるA型と、生産活動を目指し工賃をもらいながら利用するB型とがあり、アプローズはB型にあたります。
光枝さんは都庁時代からずっとB型の「工賃アップのための取り組み」を行っていたんですが、実際はなかなか難しく、「だったらモデル事業となるようなB型施設を自分で作ろう!」と考えて自ら作られたそうです。

立ち上げからいろいろな事業を展開して、今では多くの人たちにクオリティの高い商品を届けて、みんなを幸せにする取り組みをされています。
そして、アプローズを経て他の事業所に就職された方たちの離職が0というのも素晴らしいと思いました。
公務員を早期退職し起業した数か月は収入がなかったという点が自分と共通していたのでとても共感できました。

今、鳥取でもHaRuの兒嶋さんが同じような取り組みをスタートされています。
昨日の会では参加者の方々のとても意欲的な意見も聞くことができましたので、今回のつながりを通じて鳥取県でもいろいろな取り組みができそうだと感じました。
この会に兒嶋さんから誘われた時には自分なんかが行っていいのかなと思いましたが、参加させていただき本当にうれしかったです。
光枝さん、HaRuの兒嶋さん、鳥取家守社の高藤さん、参加者のみなさん、素敵な時間を共有することができ、ありがとうございました。
参加したみなさんが、次の一歩へつながるきっかけになったことは間違いないと思います。

「福祉作業所に革命を起こす 元東京都職員が職を投げ打ってのチャレンジ」

アプローズHP

Flower & Bakery「HaRu」(ハル)

HaRuの兒嶋さんを応援したい方はこちら

価値観を変える会での新しいつながりに感謝

今日は本当に楽しい時間をありがとうございました。
あっというまに予定時間が来てしまいましたので、ぜひ2回目の開催をしたいです。
会場の参加者の方たちからもいろいろな思いや意見を聞くことができましたし、このつながりから新たなことができると感じました。
みなさんの思いを聞いて、「やりたい!」と思った時点でもう半分は進んでいるのだと感じ、今日参加された方たちが未来を創っていく一人ひとりになると思いました。
人と人をつなげることによって、今までになかったことに気づき、一人ひとりの良さを活かしていくことでみんなが幸せになれます。
これからもそんなつながり作りのために、ワクワクできることをしていきたいです。

同じ思い、同じ志、共通の価値観を持っている人との出会いは人を大きくします。
私自身も、一番大切な「人と人との繋がり」をたくさんいただくことができたことが何よりも嬉しかったです。
「思いがあれば実現できる!」
「情報は発信するところに集まる」
「自分が行動すれば周りも変わる。環境までも変えられる」

さらに新たな一歩を踏み出す勇気をいただけた会となりました。
みなさん、HaRuさんの応援をよろしくお願いします。
ただ、陽子さん、褒めすぎです。^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-仕事

執筆者:

関連記事

“障がいは武器になる”佐藤仙務さんTBS「夢の扉+」で放送

“障がいは武器になる” 生後10カ月で「脊髄性筋萎縮症」だと診断された佐藤仙務さんのことです。 彼の書いた文庫本が本屋さんでも売っていますよ。 カッコいい生き方をしています。 「十九歳で社長になった重 …

知的障害の琴音さんは「自分の好き」を使って「自力で」就職

特別支援学校卒業後の進路はかなり難しい現実があります。 そんな中で、知的障害のある琴音さんは「自分の好き」を使って「自力で」はたらくきっかけを作ったそうです。 琴音さんは音楽が大好き、そして人も大好き …

テクノロジーを活用した発達障害のある人の就労マニュアル

「テクノロジーを活用した発達障害のある人の就労マニュアル」が公開されています。完全保存版です。 このマニュアルは、企業に雇用されている発達障害のある方々の事例を収集しながら、わが国で工夫されてきた発達 …

障害者雇用のゴールは社会の一員として活躍し私たちみんながハッピーになること

「学校も社会も我慢をする場ではない」と書きましたが、働き方にも同じことが言えます。 世の中はすでに競争主義の社会から共生社会へ変わりつつあります。 私自身もそうなのですが、そのような「自分に合った働き …

起業するなら上司も部下もいない仕事にすべき理由

部下が最もやる気になって才能を発揮しようとするのは、「上司が強みを活かそう」とするとき。 部下がやる気を最も削がれるのは、「上司が部下に対して無関心である場合」なのです。 私は上司も部下もいない仕事を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク