暮らし

これ以上鳥取県にコンビニはいりません

投稿日:30/10/2015 更新日:

今日、米子にセブンイレブンが開店しますが、コンビニが増え続る本当の理由を知っていますか?

倉吉の上井地区もコンビニラッシュが続いていますが、店舗が増えれば増えるほど1店舗当たりの売り上げは下がります。

なのに、次々新店舗がすぐ近くにできるのか?

たったこれだけの消費者数だというのにまだ増殖を続けています。

さらにコンビニには大きな問題があります。

食品の大量廃棄です。

弁当やおにぎりなどのデイリー商品は、毎日数時間おきに大量の廃棄品が出るため大きな「食品ロス」になっているのです。

大量に生産して、まだ食べられるのに売れなかった分は廃棄されています。

世界どころか、日本国内にも毎日の食事が十分にとれない人たちが大勢いるというのに、このように過剰なほど生産して、売れ残った商品は捨てられています。

コンビニができればできるほど廃棄される食べ物が増えていっているのです。

非常にもったいないことです。
はっきりいって、コンビニはこんなに必要ありません。

これ以上、鳥取県にコンビニはいりません。

その収益は本部がどんどん吸い上げてしまっています。

大量生産して売れ残ったら捨てる。

コンビニにしてもスーパーにしても、大手ファッションショップにしても、作っては作っては捨てられています。

こんなバカみたいなことを繰り返しているのが、今の消費社会です。

結局はパイの食い合いで弱いところは消えていくだけです。

県外資本の大手スーパーもコーヒーチェーンも必要ありません。

なんだかんだで大手チェーンが進出してきていますが、地方創生というのであればもっと地元の商店が輝けるような施策を講じていくべきです。

古くから続いている小店舗や中小の会社を存続していくのが大きなプラスになるように応援していきましょう。

増え続けるコンビニに“限界”はあるのか?

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1510/29/news025.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

「ディスレクシア」という新しい肩書きができてからどう変わったか

先日「ザ!世界仰天ニュース」で放送された内容がアップされています。 南雲明彦さん(31)は、「ディスレクシア」という脳の障害のある一人です。 「字が読めない少年」として、誰にも理解されず苦しんみ、21 …

このどこがチャリティー番組なのでしょうか?

嵐5,000万円、森三中・大島1,000万円 24時間テレビの予算は総制作費が4億2000万円、CM収入合計が22億2750万円。 募金した人が、出演者のギャラを負担させられてる。 7月30日発売の「 …

今年も出演していた北斗の心情とは一体?

「今年は森三中の大島美幸が完走しましたが、昨年は北斗晶、それに夫・佐々木健介と2人の息子がランナーを務めました。 実は、北斗には表に出ていない裏話があるんです。 放送から約半年後、北斗がヒザの治療のた …

代替えテキスト

「都民ファースト」は都民に支持されたのではない!

「都民ファースト」は本当に圧倒的に支持されたのではない! みどりのおばちゃんは確かに風を読むのが上手く、選挙には強い。 しかし、政治家としての力量はどうなのか? 都民のことを第一に考えるのが都知事、都 …

高校生の「校則」による政治活動の制限は人権侵害する憲法違反

いったい何のための選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたのでしょうか? 「18歳選挙権」とは、「18歳以上になったら投票に行っていいよ」という「投票権」のことなのでしょうか。 それでは、全く意味があり …

スポンサーリンク

スポンサーリンク