暮らし

これ以上鳥取県にコンビニはいりません

投稿日:30/10/2015 更新日:

今日、米子にセブンイレブンが開店しますが、コンビニが増え続る本当の理由を知っていますか?

倉吉の上井地区もコンビニラッシュが続いていますが、店舗が増えれば増えるほど1店舗当たりの売り上げは下がります。

なのに、次々新店舗がすぐ近くにできるのか?

たったこれだけの消費者数だというのにまだ増殖を続けています。

さらにコンビニには大きな問題があります。

食品の大量廃棄です。

弁当やおにぎりなどのデイリー商品は、毎日数時間おきに大量の廃棄品が出るため大きな「食品ロス」になっているのです。

大量に生産して、まだ食べられるのに売れなかった分は廃棄されています。

世界どころか、日本国内にも毎日の食事が十分にとれない人たちが大勢いるというのに、このように過剰なほど生産して、売れ残った商品は捨てられています。

コンビニができればできるほど廃棄される食べ物が増えていっているのです。

非常にもったいないことです。
はっきりいって、コンビニはこんなに必要ありません。

これ以上、鳥取県にコンビニはいりません。

その収益は本部がどんどん吸い上げてしまっています。

大量生産して売れ残ったら捨てる。

コンビニにしてもスーパーにしても、大手ファッションショップにしても、作っては作っては捨てられています。

こんなバカみたいなことを繰り返しているのが、今の消費社会です。

結局はパイの食い合いで弱いところは消えていくだけです。

県外資本の大手スーパーもコーヒーチェーンも必要ありません。

なんだかんだで大手チェーンが進出してきていますが、地方創生というのであればもっと地元の商店が輝けるような施策を講じていくべきです。

古くから続いている小店舗や中小の会社を存続していくのが大きなプラスになるように応援していきましょう。

増え続けるコンビニに“限界”はあるのか?

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1510/29/news025.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

「一流大学を出て一流企業に入れば安心」という洗脳をされやすい理由とは?

「幸せは一流大学に行って、一部上場企業に努めてこそ得られる」「頭のいい人は、田舎にいるよりは都会に出るべき」「第一次産業よりは、第二次産業や第三次産業の会社でサラリーマンをすべき」などの日本人の価値観 …

認知症になる前より今の方が積極的になった

NHKテレビで認知症についての特集がはじまっています。 あなたは、認知症と聞くとマイナスイメージでとらえていませんか? 「認知症になったら何も分からなくなる、できなくなる」と恐怖を感じていませんか? …

発達障害の人がコロナによる影響、新しい生活様式をどう感じているか

発達障害情報・支援センターが「発達障害の人がコロナによる影響、新しい生活様式をどう感じているか」のアンケート調査をしています。 行政や報道ではコロナの恐怖と新しい生活様式をアピールしていますが、私には …

4月1日からの「障害者差別解消法」が形骸化されないためにすべきこと

4月1日に「障害者差別解消法」が施行されます。 この法律が形骸化されないためには、私たち一人ひとりが声を出し、行政や事業所の対応をしっかり見ていく必要があります。 職員に対する研修も実施するとあります …

ドイツのメルケル首相の「コロナウイルス対策についての演説」を教材にして

ドイツのメルケル首相のコロナウイルス対策についての演説を改めて読んでみました。 国民に対するお願いからはじまります。 「市民の皆さんがこの課題を自分の課題として理解すれば、私たちはこれを乗り越えられる …

スポンサーリンク

スポンサーリンク