暮らし

これ以上鳥取県にコンビニはいりません

投稿日:30/10/2015 更新日:

今日、米子にセブンイレブンが開店しますが、コンビニが増え続る本当の理由を知っていますか?

倉吉の上井地区もコンビニラッシュが続いていますが、店舗が増えれば増えるほど1店舗当たりの売り上げは下がります。

なのに、次々新店舗がすぐ近くにできるのか?

たったこれだけの消費者数だというのにまだ増殖を続けています。

さらにコンビニには大きな問題があります。

食品の大量廃棄です。

弁当やおにぎりなどのデイリー商品は、毎日数時間おきに大量の廃棄品が出るため大きな「食品ロス」になっているのです。

大量に生産して、まだ食べられるのに売れなかった分は廃棄されています。

世界どころか、日本国内にも毎日の食事が十分にとれない人たちが大勢いるというのに、このように過剰なほど生産して、売れ残った商品は捨てられています。

コンビニができればできるほど廃棄される食べ物が増えていっているのです。

非常にもったいないことです。
はっきりいって、コンビニはこんなに必要ありません。

これ以上、鳥取県にコンビニはいりません。

その収益は本部がどんどん吸い上げてしまっています。

大量生産して売れ残ったら捨てる。

コンビニにしてもスーパーにしても、大手ファッションショップにしても、作っては作っては捨てられています。

こんなバカみたいなことを繰り返しているのが、今の消費社会です。

結局はパイの食い合いで弱いところは消えていくだけです。

県外資本の大手スーパーもコーヒーチェーンも必要ありません。

なんだかんだで大手チェーンが進出してきていますが、地方創生というのであればもっと地元の商店が輝けるような施策を講じていくべきです。

古くから続いている小店舗や中小の会社を存続していくのが大きなプラスになるように応援していきましょう。

増え続けるコンビニに“限界”はあるのか?

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1510/29/news025.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

親の正論はいらない 家を子どもの安全基地にする

昨日は親の会でとっても素敵なことがありました。 子どもさんが夢に向かって歩んでいる、自分の目標に向かってがんばっている。そしてお母さんがそれを楽しそうに語り、楽しそうに応援している姿。 その姿を見て「 …

「ディスレクシア」という新しい肩書きができてからどう変わったか

先日「ザ!世界仰天ニュース」で放送された内容がアップされています。 南雲明彦さん(31)は、「ディスレクシア」という脳の障害のある一人です。 「字が読めない少年」として、誰にも理解されず苦しんみ、21 …

2016年5月25日に成立した「発達障害支援法」改正のポイント

「発達障害特別措置」の申請について、「個別の指導計画」や「個別の教育支援計画」の有無についても書くことといいましたが、2016年5月25日、発達障害者支援法の改正案が参院本会議において全会一致で可決、 …

藤井聡太二冠が卒業間近の高校中退「将棋に専念したい」

藤井聡太二冠が卒業間近の高校を中退しました。 彼にとっては「卒業認定」などどうでもいいことなのです。 彼にとっての学びは学校にはない。「出席日数をカウントするため」に学校に行くこと、ただ1日5時間6時 …

今ここにいるだけで100点満点、みんなが生きることに十分頑張っている

一年の終わりに近づくと、今年は「何に頑張った」とか「これができた」とか振り返りますよね。 「今年は○○にがんばったなあ。」 「がんばって○○ができるようになった。」 「できなかったことができるようにな …

スポンサーリンク

スポンサーリンク