地域情報

日本中でいま「地方創生」が大失敗している根本的理由

投稿日:10/10/2019 更新日:

自治体で取り組まれている地方創生政策ってパイの取り合いになっている。
ふるさと納税の奪い合いで全国で競争しているのもその例で、国からの補助金をいかにしてめぐんでもらうかという発想がスタートになっていることが間違いの大きな要因だと思う。
制限のある中でやること自体がもう無理、もう飽和状態というか、どんずまりって感じ。
「私たちの地元をよくしたい」というスローガンでは、人を集めることはできない。
大切なのは、興味がないという人にもイベントに参加してもらう仕掛け作り、そして「ここに来れば何か学びがある」と感じた人がまた足を運んでくれるようにすること。

平成の大合併をしなかった智頭町と日南町。どちらも「限界集落」のある町だけどそれぞれ「町民が主体」となって意欲的に「独自の取り組み」にがんばっている。
一方で4市の中心市街地の現状はどうか?
大合併で大きくなったけど住民の声が届く仕組みはできているのだろうか?
大切なことは他町の真似をするのではなく、「その町らしさ」だと思う。

他の自治体の真似をしたり予算を使って冊子を作ることが地方創生ではないにも書きましたが、地元の戦略会議の傍聴にも行ったけど、まったく熱が感じられない。行政側からのありきたりの報告を聞いて終了。チャンチャン。
活気があるのは若い人たちや移住してきた人たちが自由勝手に始めたイベントやコミュニティー。それは行政に頼っていないので自由度もモチベーションも高いので、自然に興味のある人たちが集まって広がっていく。しかもほとんどお金をかけることなく、場作りも自分たちでやっている。
こんないい事例と実績があるのだから、自治体もそれを手本にしたらいいと思う。そんなアイデアや知恵にお金を出したらいい。
「地方創生っていったい何が目的なの?」
というところから再スタートする必要があるんじゃないかなあ。

地方創生交付金のばらまきでは全く意味がない

地方創生関連記事はこちら

日本中でいま「地方創生」が大失敗している根本的理由

「地方」と「地方銀行」はなぜ衰退するのか?

まったく同感です。
地方創生といいながら、低金利という愚作で地方を衰退に追い込み、いつまでもふるさと納税に頼り自立できない地方自治体。
あれもこれも「情けない大人たち」が「意欲ある若者」の邪魔をしなければ、もっともっと地方は繁栄し、自立できるのです。

「地方」と「地方銀行」はなぜ衰退するのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

鳥取県が花粉を出さないスギを開発 花粉症対策への効果期待

鳥取県林業試験場、スゴいじゃん! 長年花粉症で苦しんでいるので助かるなあって思います。 これもまた自分の身体との付き合い方なんですがね。 ただその杉と入れ代えるまでには何年かかるんだろ~? 3月~4月 …

不登校などにインターネットの自宅学習支援 鳥取県教委

鳥取県教育委員会はこのほど、不登校や引きこもりの子供らを対象に、インターネットを活用した自宅学習支援を始めることを決めた。6月補正予算案に盛り込み、今年度は9月から運用する方針。 対象者は、県内小中学 …

子どもには自分で決める自由も考える余地すらない。それで主体的に学ぶ力なんか育つはずはない

いかに学校も親たちも子どもの考える力、主体性を奪っているか、この度の休校騒ぎでも明らかになったと思います。 再開後も厳しい制限と管理された学校環境の中で、毎日毎日びっしりとぎゅうぎゅう詰めの勉強漬けの …

倉吉市未来いきいき総合戦略検討会議(第5回)人の活躍部会

倉吉市未来いきいき総合戦略検討会議(第5回)人の活躍部会の見学に行ってきました。 参加者は、委員会のメンバー4名と各課の代表、市の担当者です。 メンバーは市のHPにも載っていますので見たら分かります。 …

昭和30年~40年代の倉吉銀座商店街の街並みと倉吉駅のSL

上井駅から魚町までバスで10円だった時代。 クラウン模型店の展示プラモデルを眺め、タイヨーのエスカレーターで食堂に上がってオムライスとクリームソーダを食べたなあ。 帰りは倉吉駅から上井駅までSLに乗っ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク