21世紀の松下村塾

一番おすすめな学習教材は「天才脳ドリル」です

投稿日:

21世紀の松下村塾は受験目的の学習塾ではありませんが、親御さんと話をしていると「やっぱり学校の勉強がね・・・」という方がほとんどです。
私は子ども本人のやりたいことをやるのが一番だと思っていますが、親が子どもにしてほしいことの優先順位の上位に学校の勉強があることが分かります。

そんなときはページ数の少ない問題集や参考書をおすすめしていますが、なかなかいいものがありません。というか、私自身がやってみたいと思うものに出会いません。
その中でも私がよさそうだなと思ったのが「天才脳ドリル」です。

別にこれをやったら天才になれるわけではありませんが、ものの考え方や論理的な思考を鍛えるにはいいかなと思います。
ですが、一番いいのは本人の実態に合わせて課題設定や練習方法を工夫することです。
手書きのノートを作ってあげると、やったことを振り返ることができるので、自分のやったことが見えて自信がつきます。
既成の問題集や練習帳を元にして、その子に合ったものを作るのが一番いいと思います。その時に大事なことは、本人のやりやすさです。
作るのはめんどうですけど、個々の状態に合わせて興味のあることからスモールステップで進めていけば、またやりたいと思って向かってくるはずです。
ただし、これもやってみないと分かりません。
要は、本人のニーズにどれだけ応えられるかということです。

遊びながら国語や算数が好きになるおすすめの本はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天才脳ドリル空間把握 初級 [ 山下善徳ほか ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/11/2時点)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-21世紀の松下村塾

執筆者:

関連記事

21世紀の松下村塾でWordPressの勉強会

21世紀の松下村塾の特徴は、型にはまらないことです。 自由学習、自由トークが柱ですが、今日も参加者の求めに応じていろいろなことを話しました。 そこで、来週はTRPG(テーブルトークRPG)を実際にやっ …

21世紀の松下村塾で身に付く力、自分の才能をいっしょに探しませんか?

子どもたち一人一人は、それぞれ目指すことが違います。 子どもたち一人一人は、それぞれ自分の課題を持つことから始まります。 子どもたち一人一人には、それぞれ最適な課題解決方法があります。 子どもたち一人 …

自分で新しいものを生み出すには教えないこと、覚えないこと、常識に縛られないこと

人生に定年はありません。だから定年のある仕事を選ぶことがリスクになるって思いませんか? 大切なことはどんな仕事をするかではなく、自分が何をやりたいか。やりたいことかどうかはやってみないとわかりません。 …

子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合う場を作りたい

教師は、課題設定と環境整備と評価に徹し、従来教師の仕事の中心だと思われてきた「教授」の部分は、従来のように教師が主導する一斉指導ではなく、子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合うというスタイ …

21世紀の松下村塾で前半はTRPGテーブルトークゲーム開催

21世紀の松下村塾で前半はTRPG(テーブルトークゲーム)、後半は事業所で使える経理管理ツールの事業展開についての戦略会議を行いました。 TRPGとは、既成のボードを使ったゲームではなく、ルールや場面 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク