暮らし

自立とは、助けを求める依存先をたくさん見つけることです

投稿日:19/06/2017 更新日:

「自立」とは、たくさんの「依存先」を見つけること。他者に「依存」して生きること。
「自立」とは、「助けて!」って言える人とつながること。
ルフィ 
「俺は剣術も使えねェんだコノヤロー
 航海術も持ってねェし!
 料理もつくれねェし!
 ウソもつけねェ!
 おれは助けてもらわねェと
 生きていけねェ自信がある!」

ルフィ「おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある」

自立とは、たくさんの依存先を見つけることです。
学校だけが学びの場ではないし、就職だけが働き方ではありません。
だから、親のできることは、いろいろな人とつながりを作ることです。
それは相談機関や支援機関だけでなく、様々な人や場とのつながりです。
特に、それまでにまったく知らなかった人に会うことをおすすめします。
親はもちろん、子どもにもそのような出会いを作るといいです。
学校に行って就職するだけが生きる形ではないことを自分の目で見たり話を聞いたりしたら、その後の考え方や生き方が変わります。
親が変われば、子どもも変わります。
いや、「変わる」のではなく、「自分らしく」自立して生きていきます。
自立とは決して独りで頑張ることではありません。
お互いに助け合ってしか生きられませんから、「助けて!」って言える関係を作っていきたいです。

私も教員時代と比べると、生きている世界が大きく変わり、広がりました。
それまでいかに狭い世界で生きてきたかを痛感しましたね。
それはさまざまな人たちとの出会いがあったからです。
特に、異業種異年齢の人たちとの出会いの影響は大きかったですね。
退職理由のひとつが、時間と人とのつながりを作るためでした。
「規格外」の自分にとっては、今の生き方が一番似合っていると思っています。
龍雲丸の「おいら、がらじゃないから」という言葉にすごく共感しています。

子どもたちのSOSをできるだけ多くの人たちに届けていきたいです。
シェア大歓迎です。

息子だけではなく、自分のためにも。「助けを求める」という勇気

自分のやりたいことが見つからない。
何をしたらいのか分からない。
どこに行ったらいいのか分からない。
とりあえず話をしたい。
そんな人のために時間と自宅を提供しています。

どこにどんな人がいるの?
どんな人に会ったらいいの?
という方、ご相談に乗ります。スカイプ相談、メール相談もできます。

日時や内容については、個別に調整してお知らせいたしますので、お問い合わせは、こちらからお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

菊池まゆみさん 本気度違う藤里方式で引きこもりの若者支援

菊池まゆみさんの考え方と実践、素晴らしいです。 「支援する人・支援される人」というのは「強い・弱い」の関係ではなく、その場面での一時的な関係性に過ぎません。 どんな人であっても、場面によって「支援する …

消費税を増税しなければ日本は破たんするのか!?

消費税を増税しなければ日本は破たんするのか!? 増税気運に高橋洋一氏が警鐘を鳴らす 経済成長と財政再建の両立は簡単で、経済成長すれば、よほど無駄遣いをしない限り財政再建は後からついてくる。 何としてで …

競い合いから助け合い、敵視から共感の社会を目指して

「変わった人」「普通じゃない人」を避けたり排除しようとするのは一人ひとりの心の動き。 優劣や損得で人を決めるという潜在意識がそんな心を作っている。 その心の動きが社会性を構築している。 それが国のルー …

やりたいことが見つからないのは、好きなことをやらせてもらってないから

やりたいことが見つからないのは、好きなことをやらせてもらってないから。 人生をつまらなくさせているのは、自分の好きなことをしていないから。 自分で自分に「しない」「させない」言い訳ばかりしているから。 …

どうしてひきこもりになったの?こうして僕はひきこもりから抜け出した

当事者の声を聴くことがすべての始まりです。 どうしてひきこもりになったの。 まあ、ようするに、学校と地域社会だね。 ぼくはこの新しい環境で、「自分をゆずってまで彼らに適応するなんて、誰がしてやるもんか …

スポンサーリンク

スポンサーリンク