暮らし

日本国民の多くが「自発的に奴隷として従う」ことを選択している 竹端寛

投稿日:04/07/2017 更新日:

竹端寛さんの考えに全く同感です。
まさに、今の日本の姿そのものだといえます。
日本国民の多くが「仕方がない」と思い込まされ「諦める」ことを選択している。
「自発的に奴隷として従う」隷従するシステムの中に身を置いて、長いものに巻かれ、流される安定感の方を求めている。
個の尊厳、魂を抜かれて生かされることを選択している。

・日本社会の抑圧的システムそのものが、人々の自由を奪い、人々が「戦う勇気」を捨て、「卑屈で無気力」になるように、「ますます情弱にするための助力」をしている。
・一人で始めても、簡単には社会は変わらない。だからといって隷属していては、そのシステムが強化されるだけ。
・まずは「もう隷従しないと決意」することが大切。
・失われた「自由」を求め、まずは自分の快楽や好み、望み、意志を取り戻すことこそ、必要不可欠。

組織や「枠」の中にいることで安心感があるのも確かだと思います。
「その方が楽」なのであればそれはそれでいいと思います。
でも、私はそれは「自由の放棄」だと考えています。
自由を売って束縛を買っている状態です。
でも、そのどれを選ぶかも自由です。人は人、自分は自分ですからね。

自分一人であっても声を挙げたら社会も変えられる。
そう信じてこれからも発信と行動を続けていきます。

自発的に奴隷として従う

これも必読。
「しゃあない」「どうせ」「しかたない」という「諦め」に支配された暮らしは、人間的ではない。
人間誰もが持つ成長や変容可能性に蓋をするだけでなく、「諦め」の中で歪められた認知枠組みによって、魂が窒息してしまう。
では、どうすればその窒息しそうな現状、「諦め」に支配された暮らしを乗り越えることができるのか?
大人が「しゃあない」と諦めてつまらない人生を送っているから、子どもも「しゃあない」人間になってしまう。
ちょっとの可能性でもあるのなら、それを追い求める人間であり続けたい

『枠組み外しの旅』 一部公開

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

緊急事態宣言の発令、コロナ禍が国民の健康と生命に甚大な脅威とは思えない

今の日本で、コロナ禍が国民の健康と生命に甚大な脅威なのか? 「緊急事態宣言の発令」に関して、私も長谷川さんと同じ考えです。 これでは感染拡大は止められないし、小売店、飲食店、中小企業の倒産は増え、生活 …

みんなが幸せになる経済と社会のしくみを考えよう

私たちは皆、資本主義思想に洗脳されているので、膨大な量の無駄な仕事をさせられている。 資本主義やお金の奴隷となって苦役をさせられている。 生体社会となれば、私たちは無駄で非効率で嫌な労働から解放され、 …

障害者と関わる場合に「失敗してはいけない」という遠慮もまた「障害」のひとつです

NHK発達障害プロジェクトの表題にある「誤解」という表現はちょっと違うと思います。 「誤解」ではなく「無理解」と言った方が近いと思います。 最近は障害の中でも特に発達障害がクローズアップされていますが …

小説「ペスト」がまさに今起きている世界の状況と酷似している

新型コロナウイルスの影響でいまだ十分な供給の目処が立たないマスク、SNS上の誤った情報をもとに買い占めが発生したトイレットペーパー、一斉臨時休校によって勉強をしなくなるのではと不安になった親が買ってい …

世間に根付く認知症のネガティブなイメージはメディアにも責任がある

昨日の22時からNHKで認知症キャンペーン特番 第6弾「わたしが伝えたいこと ~認知症の人からのメッセージ~」という番組を見ました。 このキャンペーン番組は継続して見ていますが、これまで伝えられている …

スポンサーリンク

スポンサーリンク