スポーツ

スポーツは好きだけど、学校体育の授業によってスポーツ嫌いを増やしている

投稿日:03/06/2017 更新日:

なんでもかんでも、「みんなを一斉になにかさせよう」なんてこと自体が無理、無茶苦茶なんですよ。
いかにも「日本的な」やり方です。
楽しいと感じたら、自分でやり始めますよ。
個々でやりたければやればいいし、やりたくない人にまで強制して欲しくないよ。

「強制しないでほしい」
「余計嫌いになる」
「嫌いで何が悪い」

確かにその通り。
強制されて好きになることはほとんどありませんよ。
国語、数学、英語の授業を減らして体育の授業を増やしてほしいと思っている生徒もいるでしょうが、スポーツは好きだけど、学校の体育は嫌い、放課後練習もいやだと思っている子どもも少なくありません。
スポーツ庁や文科省は、「体育の授業によってスポーツ嫌いを増やしている」ことも知ったうえでやり方を考えるべきだと思いますけどね。

スポーツ基本計画

スポーツ嫌いダメ?国の目標波紋 「体育の恨み」影響も

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-スポーツ

執筆者:

関連記事

夏の高校野球を「耐えて励む」美談に終わらせてはいけない

日本国ではアマチュア、プロも含めて圧倒的に注目度の高い高校野球。 学校の部活という位置付けからは大きくかけ離れた「感動を生む国民的興行」として定着し、「耐えて励む」姿が讃えられる美談の象徴になっている …

サッカー日本代表の年俸ランキング

サッカー日本代表の年俸ランキング 1 香川真司(23) 9.2億円 英マンU 2 長友佑都(26) 5.2億円 伊インテル 2 長谷部誠(29) 5.2億円 独ヴォルフスク http://www.ms …

江本さん、「ベンチがあほやから野球でけへん」は正解です

江本さんは「ベンチがアホやから…」発言について、「ちょっと後悔して、我慢しておけばよかったかな」といっていますが、あの発言があったからこそ、今の江本さんがあるのだと思います。 「ベンチがアホだった」た …

阪神タイガースが低迷している“元凶”は誰か

阪神タイガースは大好きです。 しかし、特に今シーズンはワクワク感が感じられません。それは今の順位や勝ち負けが理由ではないのです。なんだかもやもやしたなんともいえない感じ(これが言葉で表現できないのです …

松坂大輔がどんなに落ちぶれても「メジャー」にこだわる3つの理由

メッツから松坂に支払われるサラリーは、わずか10万1748ドル63セント(約1000万円)。 オリックスやDeNAは2年契約、年俸1億円を基本線に交渉を進めようとしているだけに、もし日本球界復帰を選べ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク