教育

本田秀夫教授 学習障害は他の様々な手段を使って補完できます

投稿日:

「学習障害の方の将来は学校の勉強の出来では決まらない」
「学習障害だから仕事ができないということはない」
という本田秀夫先生の話はとても納得ができます。

私の考えている結論は
・好きなことからはじめる
・興味のあることを自由にさせる
・できたことを認める
・絶対にさせようとしてはダメ!

これで、子どもはやる気になっていきます。

なので、大切なことはその子に合った学習内容と学習方法なのです。
しかし、いまだに多くの学校ではそれとは真逆のことをしています。
子どもの苦手なことを無理に強要したり、無駄な努力で頑張らせようとしたり、できないことを追い詰めたり、叱責したり、さらには反省文まで書かせたり・・・

書字では「他の子どもの何倍も大量に書き取りの練習をすれば書けるようになる」、計算では「繰り返し練習をすればできるようになる」という一体いつの時代の学習方法なのかと思うようなことが今でもまかり通っています。
こんなのまるで、勉強が嫌いになるように指導しているとしか思えません。

一律的・一方的な学習方法は効果がないと感じながら指導に当たっている教員も苦痛でしかないはずなのですが、それを脱することができていないのが、今の日本の学校の現状です。
他の有効な学習方法を知らない教員に当たったのは、子どもが不幸としかいいようがありません。

夏休みの宿題の膨大な量にはあきれるばかりです。
そんなもん、してもしなくても何も変わらないんだから、好きなことだけやっとけば大丈夫ですからね。^^

まずは、国語や算数の勉強って面白いと感じること。
それができれば、子どもは自分で勝手に勉強しはじめます。

子どもが勉強しないのは、やりたくもない面白くもない内容をやらされているからです。
やらせる教員の方が楽しいと思っていないのに、やらされている子どもが楽しいと思うはずがありません。

学習障害は、他の様々な手段を使って補完できます。
教室の中でできることは、学習障害の子どもを他のこと同じような学習をさせることではなく、それを補う方法を使ってその子の学習課題を少しずつクリアしていくことなのです。
今ではそのような補完できるツールもいろいろとありますが、その使用を認めない学校があることも事実です。

成果があった事例報告もたくさんありますが、それを導入できない理由があるとは思えません。
学習環境の改善のためには、これからも保護者と学校との丁寧な対話が必要です。

この他の関連する記事も大変勉強になります。
教育関係者だけでなく、親も企業担当者もすべての大人が知っておきたいことがコンパクトにまとめられています。
永久保存版です。

「特性」としての学習障害―学習障害の人が勉強や仕事をするとき本人と周囲が意識すること

信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部 診療教授 本田 秀夫

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

アドラー心理学でほめることも否定する理由とは?

子育てで、叱ることだけでなく、ほめることも否定するのはなぜか? アドラー心理学に基づく岸見さんの話は、すべてに納得です。 「縦の関係」は支配のために優劣を生むが、「横の関係」は共生社会につながる。 今 …

不登校になったときの家庭と学校の協力体制について

親がとりたい対応と学校側がとりたい対応が食い違っていることも解決から遠ざかっている要因となっているケースが少なくありません。 親が学校側へ不満を持つことが多い理由は、おそらくこれでしょう。 子どもの状 …

NHKおはよう日本で「不登校は不幸じゃない」が放映されました

8月23日にNHKのおはよう日本で「子どもの自殺」についての放送がありました。 不登校を経験した子どもたちを取材した内容で、8月19日に全国で開催された「#不登校は不幸じゃない」の発起人の小幡和輝くん …

倉吉こども未来フォーラムでいじめはなくせるのか疑問あり

倉吉こども未来フォーラムですが、今回のようなイベントは、これはこれで意味のあることだとは思います。 参加者がそれぞれの地域でその取り組みを行っていくことも意味があります。 生徒や保護者からは、自分たち …

いい加減に学校信仰から目を覚ましたらどうですか

学校に行く行かないで評価するのは間違い。 行くのが良くて行かないのが悪いのでもなく、その反対でもない。 どっちだっていい。 大切なことは、「自分をどう生きるか」。 自分を生きるためにやりたいことをした …

スポンサーリンク

スポンサーリンク