社会問題

障害者の社会参加の一番障害となっているのが「障害の理解」

投稿日:26/02/2016 更新日:

厚生労働省の研究グループの調査で「障害や身体機能の低下などで、手助けや見守りが必要」と答えた人の約4分の1の障害者が貧困に苦しんでいる。「賃金も安いほか、就労の場が少ない」という結果が出ています。

就労したとしても肉体的・精神的に厳しい仕事でありながら、賃金は安い。

収入の低い障害者の貧困対策として最低限の生活を保障するための仕組みが必要です。

さらに、その場が設けられたとしても、彼らをサポートする人材も必要になります。

現状では、サポーターの人材が足りていないことが大きな問題で、サポーターを養成する場も作っていく必要があります。

それにはお金も必要なのですが、お金の提供だけでなく「今自分のできることでサポート」することは可能だと思います。

障害者自身の能力も含めて、それぞれの強みをつなげることで「その人らしく」お金儲けもできます。

障害者本人への社会参加や就労に向けてのトレーニングなどの支援をしていくと同時に、周りの人の理解や環境改善をしていく必要があります。

私は、障害者の社会参加において一番障害となっているのが「障害の理解」だと思っています。

障害の理解が十分でないため、就労の場の確保や環境改善が進んでいないのです。

これは介護職や看護職にもいえることなのですが、待遇や給与以外にサポーターにとっての「メリットが感じられない」ということがサポーターが育たない要因となっていると思います。

障害があろうがなかろうが、「その人の強み」を開拓し社会に活かすことができれば、すべての人にメリットがあります。

もちろん、サポーターにもメリットは生まれます。

それに気づくことができれば、条件のいい就労の場や環境改善はどんどんすすんでいきます。

なので、お互いのメリットを享受できるという学習を行っていくことで社会は変えることができます。

社会的障害によって障害者の働く場が限られていることもありますが、「自分は障害があるからできない」と、障害者自らが諦めていることもひとつの要因だと思います。

「働く」というのはどこかの会社などに就職するだけが道ではありません。

自分の強みを活かして誰かと組むことで仕事を作っている人たちもいます。

これは、障害があろうがなかろうが「自分のできること」を仕事にする生き方です。

そのためには、障害者自らが「自分には能力がある」と気づくことからがスタートなのではないでしょうか。

「遅れている障害者支援 ー 発達障害者支援法改正へ」

http://blogos.com/outline/162736/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

障害者を支援する事業で今、不正が相次いで発覚

ただ障害者を雇用すればいいというものではありません。 実質の利用日数、10日だったものを14日にしてとか、利用したことにしてとか、指示を受けていた。 午前中だけ全員来て、12時に帰るという感じ。 働い …

なぜアミメアリは働かないアリを許容するのか? 人間の社会はどうでしょうか?

「最初は圧倒的多数であるはずの『働きアリ』は、やがて巣を崩壊に追い込む危険な『働かないアリ』が誕生した時に、それらを『駆逐することなく、自分たちがより多く働いて彼らを養う』ことで問題をクリアしようとす …

【震災5年インタビュー】漫画「いちえふ」作者・竜田一人氏 ありのままの姿認識

東京電力福島第1原発の現場にはモチベーションが高い作業員が多い。 賃金が高いから来る人もいるが、役に立ちたいという人もいる。 現場の状況を”ありのままの姿で認識”し、”全体像をみながら”前に進んでいく …

日野 公三さんのいう「引きこもれる力」にまったく同感です

日野公三さんの考えにまったく同感です。 ひきこもったっていいじゃない。 ひきこもりからの回復とか脱出とか、本人が求めていないのに、勝手に踏み込んでほしくない人だっているんです。 ほっといてほしい場合だ …

よなごサポステの講演会「自分らしい生き方とは?」働くことに一歩をふみ出さなくてもいい

今日はサポステの講演会に行ってきました。 田中さんの話の中で勉強になったこと、ヒントになったこと、なるほどなと思ったことがたくさんありました。 ・対象者の状態から見るサポステの限界 ・学校へ行かなけれ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク