仕事

好きなことを仕事にするのに必要なのは勇気じゃなくて「やり方を知る」こと、情報です

投稿日:14/11/2017 更新日:

「好きなことを仕事にするなんて無理」って言う人がいるけど、やってみないと分からないよ。
そう言っている人は永遠にやらないから絶対無理。
好きなことがあるなら、やってみたらいいだけ。
好きなことできたら楽しいよお!

「あなたは好きなことしてていいなあ」ってよく言われます。
いろんな会に顔を出していると、よく言われます。
それならあなたもやったらいいんじゃないの?って思います。
「あと、何をしている人ですか?」っていう質問もよく聞かれます。
何をしているか書いてある名刺を渡しているのですが、それが伝わっていないようです。
(名刺のうらもちゃんと読んでね。)

何かを選ぶということは別の何かを捨てるってことです。
そのどちらを選ぶかは自分で決めることです。
だったら、自分の好きなことを選んだほうがいいって思いませんか?
だから、子どもたちにも好きなことをさせたらいいんですよ。
でも、大人が嫌なことを我慢してて、子どもに「好きなことしていいよ」っていっても説得力がありません。
大人が楽しそうにしていたら、子どもも「あんな大人になりたい!」って思います。
大人がつまらなそうにしていたら、「大人になんかなりたくない、ずっと子どものままでいたい」って思います。
でも、大人って楽しいでしょ。いろんなことしちゃっていいから。(笑
すると、「そんな勇気ないですから」って言われます。
これ、勇気があるかないかの問題ではありません。やり方が分からないだけなんです。やり方が分かればできますよ。

「好きなことと仕事は別だから・・・」
「好きなことを仕事にしているのは特別な人だから・・・」
そうかなあ?
そう子どもにも言い聞かせるのですか?

好きな事を仕事にするって楽じゃないし、相当努力がいります。しかも、全てが自己責任ですから。
でも、それがやりたいことだから頑張れるんです。

今ではSNSの情報が最も早く拡散できますから、人をつなぐだけでなくビジネスにも有効です。
時と場所を超越して世界を相手に事業ができます。しかもコストがほとんどかかりません。
ですが、ネットを使えばいいのではなく、重要なのは商材やサービス内容そのもの、そしてそれを提供する「人」です。自分の信用度をいかに高めるかです。商材の価値はそれを発信している「人の信頼価値」です。
ユーザーは「人おしての信頼価値」にその対価としてお金を払ってくれます。
これはネットであろうが実店舗であろうが変わりありません。
好きな事、自分の強みにどれだけ価値があるかもユーザーが決めることですから。
チームでやっていく場合はどんな人と組むかも重要ですね。
ネットは介していますが、人と人との生のつながりですから。

いろんな人が「成功本」を書いていますが、必要なのは勇気、マインドじゃなくて「やり方を知る」こと、情報です。
それがわかれば、あとはやってみるだけです。
やりかたがわからなかったら、うちにおいでよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-仕事

執筆者:

関連記事

好きなことだけをして生きていきたい 好きなことを仕事にしよう

好きなことを仕事にしたい、情熱を注ぎ込むことを仕事にしたい、好きなことだけをして生きていきたいと思っていても、実際はそれがすごく難しい。 ・・・と思いこんでいるだけなんですが。 それは、自分が本当に好 …

無業の若者を支援してきた政策の対象年齢39歳を44歳にまで広げるとあるが

無業の若者がそのまま40代となる、いわゆる「高齢化」に対して、これまで多くの若者を支援してきた政策の対象年齢39歳を44歳にまで広げることになるようです。 そして、まずは地域若者サポートステーションの …

テクノロジーを活用した発達障害のある人の就労マニュアル

「テクノロジーを活用した発達障害のある人の就労マニュアル」が公開されています。完全保存版です。 このマニュアルは、企業に雇用されている発達障害のある方々の事例を収集しながら、わが国で工夫されてきた発達 …

障害者としての働き方 障害をオープンにするか?クローズにするか?

「どんな風に働きたいか?」「なぜ働こうと思うのか?」は自分次第です。 障害者雇用促進法という「障害者を雇うこと」と「障害者として働くこと」 について定めている法律も定められています。 このような法律や …

“障がいは武器になる”佐藤仙務さんTBS「夢の扉+」で放送

“障がいは武器になる” 生後10カ月で「脊髄性筋萎縮症」だと診断された佐藤仙務さんのことです。 彼の書いた文庫本が本屋さんでも売っていますよ。 カッコいい生き方をしています。 「十九歳で社長になった重 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク