教育

「できないこと」を頑張らなくても自分の「好きなこと」を楽しんだらいい

投稿日:26/10/2018 更新日:

「親と教師が才能の芽を摘む。
それで平均的な人間になるよう受験勉強させる。
いい大学に入ることには何の意味もない。
子供の教育に関しては、やりたいことを邪魔しないで放っておくのが一番。」

堀江貴文氏と落合陽一氏が対談「親と教師が才能の芽を摘む」

「できないこと」を頑張らなくてもいい、「できること」「好きなこと」を楽しんだらいい。
「自分が楽しい、嬉しい!」ということが一番大切です。

みんな好きなこと、ワクワクすることをして楽しく生きたほうがいいでしょ

今のような日本の学校は必要ない

高校は大学入試のため、中学校は高校入試のため、小学校は中学校に進学するため、保育園は小学校で集団生活をするためにあります。すべてのステップは次のステップに進むためだけのトレーニングの場となっています。「やらされることばかり」だから面白くないのです。
だから入試制度を廃止したら学校が変わります。少なくとも全国一律のセンター試験だけでもなくして学校独自の選抜方法を考えたらいいです。
そうしたら学校にも個性が出てくるので、そこに行きたい子はそれに向かって「楽しんで」努力します。
「教科」というカテゴリーがなくなれば、自分の興味のあること「だけ」をすればいいので自然とやる気が出ます。
親や教員は支持も命令も何も言わなくてもよくなるので、楽になります。親や教員も自分のやりたいことをやればいいです。
集団生活に適応することを目的にしなければ、もっと子どもたちは生き生きと遊び、学びます。
「やらされること」ではなく自分のやりたいことをしたら主体的、独創的な人間に育ちます。出る杭がどんどん伸びていきます。

だからそんな21世紀の松下村塾を作りました。
ここでは自分のやりたいこと、好きなこと「だけ」をしたらいい塾で、何を持ってきてもいいし何をするのも自由に決められます。
塾生みんなが先生であり生徒です。みんながいっしょに学び合います。
「やらされること」は一切ありません。ルールもありません。

こんな学校だったらいじめも不登校もなくなります

とにかく自分の好きなことを飽きるまでやったらいいです。
それが主体的に学ぶということです。
まあ絶対に無理だろうけど、とりあえずセンター試験をなくしてみたらいいです。
そうしたら大学はもっと面白くなるし高校でも自分のやりたいことに熱中する生徒がもっと出てきて面白くなります。
それができないなら、学校に行かないで自分のやりたいことをやったらいいです。
とにかく、受験目的の勉強はやめたらいいです。
好きなこと、夢中になれるなにかがあると、毎日がワクワクでいっぱいになります。明日が来るのが楽しみになります。
「もっと知りたい、もっと勉強したい!」と探究心がどんどん湧いてきます。学校もそうなったらいじめも不登校もなくなります。

せわあない。
そうせえ。

ホリエモン(堀江貴文)×成毛眞「これからの『教育』の話をしよう」

この本ほんとうにおすすめです

これも一気読み。
とにかく面白い、とても刺激的。
読みながらワクワクしている自分がうれしい。
「戦略」というワードは、「自分がやってる感」に満ちている。
日本をアップデートする。
自分をアップデートする。
・自分ができることから始める。
・「将来こうなるから、こうだ」と予測して動くことにはあまり意味がない。
・とにかく「今動け!」
・ポジションを取って、手を動かすことで、人生の時間に対するコミットが異常に高くなる。だからまずはやれ!
・どんなポジションを取り、どんな価値を生み出すか?それはやってみないとわからない。

五味太郎さん「ガキたち、これはチャンスだぞ」初等教育って「大きなお世話」

休校は五味太郎さんのいう「じょうぶな頭とかしこい体」になるチャンス!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

ディスレクシアのある井上智さんからのメッセージ

ディスレクシアのある成人のからのメッセージ 「隠して学校生活を送っている子供を1日も早く見つけて、その子に合った学習方法を!その機会を与えて下さい。」 読み書きに困難がある井上智さんがFacebook …

階級組織の世界だけしか知らない教員に限界アリ

学校教育の中だけで評価され、階級組織の世界だけしか知らない教員が対応できる範囲は本当に狭いです。 評価の観点も限定され、きまりを守ることだけが目的でがんじがらめですから、その尺度から外れる子どもがおお …

東大生の1日を50円で買ってくれませんか?って素晴らしい

素晴らしいですね。 何かを教えるとか、何か仕事をするとかではなくて、「自分の時間を売る」という方法があったとは、新しい発見です。 4月からの取り組みのヒントになりました。 東大生の小谷さんはもともとは …

学習障害の子どもの中学校選び、いろいろな選択肢があります

発達障害がある子の場合、小学校や中学校に入学する段階で悩んでいる保護者の方も少なくありません。 基本的には住んでいる住所によって行く学校が指定されますが、学校によって特性の理解や対応の仕方も異なるので …

鳥取県立鳥取養護学校の常勤看護師の配置が難しい理由

昨年、鳥取市の特別支援学校「鳥取県立鳥取養護学校」で児童生徒の医療的ケアを担う看護師6人全員が辞職し、一部の児童生徒が登校できない異常事態が起きました。 鳥取県教委は今年1月、鳥取養護学校には常勤看護 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク