暮らし

「これがやりたいなあ」と思ったら、今すぐにやってみたらいい

投稿日:23/12/2018 更新日:

誰かがやってくれるのを待っていても実現できるかわからない。
でも、自分でやり始めたら今すぐ実現できる。
やり始めたらなんとかなるものだ。
やると決めること、決めたらやり始めること。
そうしたら思いが形になる。
気づいたら実現しているものだ。
やらなければ何も始まらない、何も実現しない。
思い立ったが吉日。
レッツトライ!
レッツゴー!

コロナだから、自粛しなければで、動くのをやめたら何もできない。
待っていても何も変わらない。
そんなこと関係なしに、動いたらいい。
自分が動いたら周りも変えられる。
他者の判断ではなく、大事なことは自分で判断して動くことだから。

思いは実現するから今すぐやったらいい!

あったらいいなでは、手に入れられない。
できたらいいなでは、いつまでたってもできない。
他者依存では何も実現できない。
自分で決めて自分が動くことで実現できる。
「これがやりたいなあ」と思ったら、やってみたらいい。
「あそこに行きたいなあ」と思ったら、行ったらいい。
「誰かに会いたいなあ」と思ったら、会いに行ったらいい。
「こうなったらいいなあ」と思ったら、してみたらいい。
やってない、行ってない、していないのは、本気でそう思っていないから。だから何もしないでいるのです。
行かない、やらない言い訳を探しているだけだ。
「思ったことが実現できる」のは、それをやった人だけにしかできないんだよ。
「思いは実現する」ってそういうことなんだよ。

生きていくということは日々瞬間瞬間が選択の連続です。
「やる、やらない」のどちらかの二者選択の連続ですから「やらない」と決めることも行動のひとつです。
そして、「やりたい!」という思いがすべての出発点です。
そう思ったらまずやってみることです。
「やらない」という決定は「やらなくてもいいこと」だからです。
そのためには準備や計画も必要ですが、それをやることで「やりたい!」ことが実現できます。

親がやりたいことをしていたら、子どももやりたいことが増えていきます。
やりたいことがあると明日が来るのが楽しみになります。
生きることが楽しくなります。やりたいことができたら自信が持てます。
それが自己肯定感を高めます。
だから、「あれがやりたい!」「あれが欲しい!」って言える子はスゴイ才能の持ち主なんですよ。

これは「親」だけに言えることではなく、「教員」にも言えることですよね。
子どもは家より学校で過ごす時間が多いので、子どもの世界は学校の占める割合が多いです。いい意味でも悪い意味でも、子どもの世界は学校なのです。だから、教員の影響力も大きいです。
教員が楽しく学校生活を送ることができたら子どもも楽しく過ごすことができます。
教員が楽しくない学校なら子どもが楽しく過ごせるはずがありません。
子どもは親や教員の「言う」ようには育ちません。親や教員の「していること」を見て育ちます。
だから、親も教員も「自分がやりたい!」と思ったことを楽しんでやったらいいです。
学校が楽しかったら「明日もまた学校に行きたい!」「明日も先生に会いたい!」「明日も子どもたちに会いたい!」ってなりますよね。

「やらない」と決めることも必要です

教員を退職するときに、自分で好きなことをやっていくと決めました。それは私は学校という世界で気力も体力も使い果たしたからです。自分の命と健康を守るためです。
「○○はやらない!」と決めました。
後悔しない生き方をしたい。
だから、やりたいことをやって、言いたいことを言いたい。
自分の感じたままを伝えていきたい。
だから、やりたいことは今すぐにやりたいし、言いたいことは今すぐ言いたいのです。
これからも「何かをやりたい!」という人は全力で応援したいし、いっしょにやっていきたいです。

なんといっても好きなことを思いっきり楽しむのが一番。
この土日は県内をあちこち動き回り、ワクワク感で終日とても充実しまくっていました。
楽しみなことで埋まっているスケジュール表は見ているだけでウキウキしますね。
日の出が早くなったこともありますが、朝になるのが楽しみで自然に早起きしてしまいます。
やりたいこと、行きたいところがある、会いたい人がいる。これが大事なんですよね。

みんな好きなこと、ワクワクすることをして楽しく生きたほうがいいでしょ

「やらない」と決めることもとっても大事。イヤなことを我慢してやることはない。
だから、「あれはイヤだ!」「これはやりたくない!」「あそこへは行きたくない!」って言える子はスゴイ才能の持ち主なんだ。
何かを選択することは別の何かを捨てることです。
何かをやるって決めることは何かをやらないって決めることです。
一度にはひとつのことしかできません。
当たり前のことだけど、あれもこれも全部やりたいって思ってませんか?
それは絶対に不可能です。
なんといっても好きなことを思いっきり楽しむのが一番。
楽しみなことで埋まっているスケジュール表は見ているだけでウキウキするよね。
みなさんにとって今週もポジティブに明るく楽しい週になるといいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

コミュニケーションの基本は、今も昔も何も変わってはいない

街中でも車や電車の中でも常に携帯画面を見ている人って、ほんとうに多くなりました。 どれだけ暇で無駄な時間を過ごしていると感じていないのでしょうか? メールを使うときに「すぐに返信できないことに焦りや後 …

自分と相手の思いはイコールではない、だから共有できる部分だけでいい

「自分の思いを伝えたい」という思いが強すぎると相手にとっては押し付けられたように感じることがあります。 一生懸命であればあるほどそれに気づかないことがあります。 私も勝手に「相手のためになるだろう」と …

夏休み明け増える自殺、文科相呼びかけ「誰かが助けてくれる」って?

はあ? なんという無責任な発言なんだ! 子どもの自殺の原因を作っている文科相のまったく無責任な発言だ。 あんたたちがこんな考えだから子どもたちが苦しんでいるんだよ。 「誰かが助けてくれる」って?はあ? …

「3010運動」日本人って「みんなで~しよう運動」が好きだなあ

「3010運動」って意味がわからん? それにしても、日本人って「みんなで~しよう運動」が好きだなあ。それを決めることで終わった感がある。 なんで宴会での食べ方まで決められないといけないんだ? まるで軍 …

れいわ2議員の介護負担を巡って 社会の側にある障害と「合理的配慮」

重度の障害があり、先日の参議院選挙で当選した舩後靖彦氏と木村英子氏の議員活動中に、公費による介護サービスを受けられなくなってしまう問題を受け、参議院議院運営委員会の理事会は、当面、参議院が費用を負担し …

スポンサーリンク

スポンサーリンク