地域情報

保護者ピアサポートの会で「ストレスマネジメント」の勉強

投稿日:20/11/2015 更新日:

昨日は、保護者ピアサポートの会の定例会に参加してきました。

イライラと怒りのコントロールについての第一回目「ストレスマネジメント」について学んだのですが、日ごろストレスだらけの生活を送っているので、参考になることが多くてとても勉強になりました。

特に、「魔法のことば」を口に出して言うこと、物事や事象を感情や主観で見るのではなく「事実」を見るように心がけることの大切さを痛感しました。

思っていることを内部に留めておくのではなく口に出して発声すること、日ごろいかに感情や主観で物事を決めつけて見ているかということに気づくことができました。

日ごろ、自分の考えと違う人に対して感情的になってイライラすることも少なくないのですが、自分の受け止め方を変えることで気持ちの落ち着きにつながること、相手に対する期待値を下げる、いい意味での「諦め」も必要だと感じました。

これがなかなか難しいことなんですが、意識するだけでもいいと思います。

相手を変えることはできませんが、自分を変えることは自分でできますから。

その後は、参加者同士でのおしゃべりタイム。

子どもさんの今の状況についての情報交換、来年4月から施行される「障害者差別解消法」について、学校教職員の子どもへの対応、接し方についての要望、各専門機関との連携など、いろいろな話し合いをしてあっという間に時間が過ぎていきました。

発達の気になる子、不登校生徒への対応など課題はありますが、この場で話をしたり聞いたりすることで、それぞれが元気をもらって帰ることができたと思います。

夜遅くまで付き合ってくださった講師先生、保護者のみなさん、ありがとうございました。

来月の課題はアンガーマネジメントです。

さらに深い学びができることを期待しています。

保護者のピアサポートの会さんの写真

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

「限界集落」?人口が減ってもなんの心配もいらない!

人口が減ってもなんの心配もいらない むしろそのほうが人間関係はよくなる 日本海新聞が、「幸せとは―人口減少社会の生き方 第5部」を連載しています。 鳥取県内には、このように生き生きとした暮らし方をして …

鳥取中部地震 もっとローカルな情報が欲しい 個人メディアの方がタイムリーな情報がキャッチ

昨日の地震から一夜明け、少しは落ち着きました。 ですが、なんとか居場所は確保できましたが、寝ていても余震の度に目が覚めてしまいます。 今までは他人事のように考えていましたが、本当に体験してみないと分か …

横断歩道でこんなことが 子どもの笑顔って最高のプレゼントだなあ。

保育士さんに連れられた20人くらいの園児たちが横断歩道の前で待っていました。 そこで止まる車は1台もありませんでしたが、私が乗っている車を止めました。すると対向車も止まりました。 すると、園児たちは行 …

「市民から意見を聞いた形にしよう」というのが狙い?

何もしないよりはマシかもしれませんが・・・難ありですね。 私のグループも私以外は各地区の公民館長5人でしたが、それぞれの意見を聞くことができたという意味では参加してよかったです。 しかし、時間も発言も …

倉吉市未来いきいき総合戦略検討会議(第5回)人の活躍部会

倉吉市未来いきいき総合戦略検討会議(第5回)人の活躍部会の見学に行ってきました。 参加者は、委員会のメンバー4名と各課の代表、市の担当者です。 メンバーは市のHPにも載っていますので見たら分かります。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク