仕事

スティーブ・ジョブズのカッコいい生き方にほれてまうやろ~

投稿日:01/02/2016 更新日:

さすがスティーブ・ジョブズ、カッコいい生き方をしています。

スティーブ・ジョブズは、気むずかしく、強情頑固で協調性に乏しく、周りに理解されにくかったといわれます。

彼独りでは、今のアップルは無かった。

アップルのエンジニアは給料のために働いているのではなく、「世間を驚かせるすごいものを作りたい」という夢のために働いていた。

お金で働いてるうちは本当の仕事ではない。

PCやスマホの誕生によって、生活は便利になりましたが、人間の生き方は豊かさを失っているような気がします。

人間関係は直接会って作っていくものなのです。

社会は人と人のつながり、支え合いで作っていくものです。

人や道具に使われているのでは、奴隷と同じです。

人や道具は自分決めて、自分で使うものです。

・毎晩スティーブは家族で書籍や歴史など様々なことについて議論をしていた。

その席で、iPadやコンピューターを取り出す者はいなかった。

・スクリーンの中でなく、直接会って「本当のコミュニケーション」を取ろう。

・人生はスクリーンの中で起こっているわけじゃない。

・コンテンツを「消費するだけの人」になると、そこから抜け出すのは簡単ではない。

・最初からそこに気づいていた人が、IT業界で成功した。

・「安くて早い」はこの時代の手抜き作業。

・重要なのは完成を急がないこと。

・金融の時代は終わった。農業をやろう。

全くその通りです。

ジョブズ「子供たちにはテクノロジーの使用を制限すべきだ。うちの子供にはまだiPadを与えていない。」
http://lrandcom.com/jobs_not_tech_parents

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-仕事

執筆者:

関連記事

テクノロジーを活用した発達障害のある人の就労マニュアル

「テクノロジーを活用した発達障害のある人の就労マニュアル」が公開されています。完全保存版です。 このマニュアルは、企業に雇用されている発達障害のある方々の事例を収集しながら、わが国で工夫されてきた発達 …

人工知能の発達を気にするより自分はどう生きていくのかが問題

近い将来、私たちの仕事は人工知能に奪われてしまうのか? 「日本の労働人口の49%が人工知能などによって代替できるようになる可能性が高い」といわれています。 これは、恣意的な情報操作といえなくもないと思 …

自分のやりたいことを仕事にすれば何歳でも起業できる

自分のやりたいことを仕事にしちゃえば、何歳からでもどこでも起業できます。 好きなこと、得意なこと、やる気さえあったら、そう宣言して始めれば今すぐ起業できます。 とにかくやっちゃえばいいんです。 好きな …

個人メディアでの発信や組織に所属しない一人起業という働き方

ICT活用が拡大していく中で、個人メディアでの発信や組織に所属しない一人起業という働き方も可能になりました。 企業でも在宅勤務が浸透しつつあります。 自分の専門性を活かした自分らしい働き方ができるよう …

好きなことを仕事にするのに必要なのは勇気じゃなくて「やり方を知る」こと、情報です

「好きなことを仕事にするなんて無理」って言う人がいるけど、やってみないと分からないよ。 そう言っている人は永遠にやらないから絶対無理。 好きなことがあるなら、やってみたらいいだけ。 好きなことできたら …

スポンサーリンク

スポンサーリンク