教育

卒業式の練習は必要ない、無駄なことが子どもと教員の負担を増やしている

投稿日:29/03/2019 更新日:

卒業式練習も一回やれば十分です。練習しなくてもいいです。
運動会も音楽会も練習時間を使いすぎです。
普段の体育や音楽の時間で十分です。
今の学校には、この他にもやめたらいいことがたくさんあります。
誰のために何のためにやっているのでしょうね?
無意味な形だけの式や行事はすぐにやめたらいいです。

形だけの儀式や行事、学習内容など、学校から減らせることはたくさんあります。
しかも、それは学校単位で減らせます。教員の働き方改革は学校現場で可能です。
しかし右に習え、前年度通りというのでは何も変えられません。
与えられたことだけをこなすだけでは不可能です。
いっていることとやっていることが違う。
子どもたちはとっくに気づいています。そして「振り」をする。こうやって他人に合わせることで生き残る「術」を身に付けていくのでしょうね。

教員の働き方改革、長時間労働の削減でなんだかんだいっていますが、こういう意味のない無駄でしかないことをバッサリ切らないとやりがいのない負担はますます増えていきます。
ただでさえ学校行事は見せる感動作りのために加熱化、過剰化し続けています。その時だけの見せるためだけの普段はやっていない「お祭り研究会」だってそう。
本末転倒とはこういうことをいいます。

卒業式の練習 必要か? 子どもと教員の負担軽減に向けて 見えぬ実態に迫る

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

中学高校6年間の英語は何時間勉強しても話せるようにはなりません

6年間英語を勉強したのに話せない? それは当たり前です。 その方法も学習時間もペラペラしゃべるには程遠いです。 「中高の英語の勉強」は英話がペラペラしゃべることを目的としていません。 そもそも目的も勉 …

日本と真逆の「授業で話さない先生」が評価されるオランダの教育とは

海外では「先生が授業で話さないこと」が評価されます。「先生が教えない」学校が増えています。 課題は児童生徒が決めるので一人ひとりやっていることが違います。 それが主体的な学びです。 日本の学校はこれと …

no image

子どもの心を支える支援者スキルアップ研修会に参加

今日は、鳥大医学部で行われた「子どもの心を支える支援者スキルアップ研修会」に参加してきました。 講師は近畿大学附属病院心身診療科の村上佳津美医師です。 今回は、不登校児童生徒の現状と医療機関での対応、 …

授業はしない、教えない、自由な学びの場を作りたい

「不登校」ではなく「脱学校」で主体的な学び方を作るでも書きましたが、授業はしない、教えない、自由な塾(フリースクール)作ろうかなあ? 夢を実現する、なりたい自分になる方法とか仕事の作り方、起業の方法と …

やる気の出ない宿題なんかしなくたっていい

やる気の出ない宿題なんかしなくたっていいんです! やりたくなるような内容だったらやればいいですが、無理やりやらせるのは無茶苦茶です。 本来、勉強は学校でやるもの。 残業(居残りや宿題のこと)手当ももら …

スポンサーリンク

スポンサーリンク