健康

孫さん「医療用マスク、消毒液を入手可能」だが日本の許認可手続きに一年くらいかかる

投稿日:

医療現場で多くの人たちの健康と命を守るために、懸命にコロナと闘っている医療従事者の方々、本当にありがとうございます。
ソフトバンクの孫正義さんもtwitterでコロナ対策へのマスクや医療機器の確保について発信しています。

4月18日のツイート「医療用品が10万個単位で緊急入手出来るかもしれません。」

そのツイートに対して、大阪府の吉村洋文知事が買い取りのツイートをして、孫さんも対応について返信しました。
吉村洋文知事と孫さんは面識はないそうですが、このようなやりとりをしています。

福岡市の高島宗一郎市長も孫さんへ支援の要請をツイートしています。

愛知県の大村知事も

ところが・・・

4月19日「消毒液も大量に当方で入手可能なのですが日本の許認可手続きに一年くらいかかるそうで入荷出来ません。それらは全て米国やEUその他の国々に行きます。」とツイート。

さらに、マスクの国内生産について

これはtwitter上でのやり取りなので、真偽はどうか分かりませんが、日本の許認可手続きに一年くらいかかるとのことです。
今は緊急事態です。お国の一大事です。日本政府、厚労省は今なんのための仕事をしているのでしょうか?このような政府の対応を待っていたのでは、コロナの収束など程遠いと思います。まさに「お役所しごと」です。
ものはあっても、許認可手続きができないために手に入らない?
手に入っても認可ができないので使えない?
目の前に苦しんでいる人がいるのに、役所の手続きができるまで放置しなければならないのか?

こんなに認可に時間をかけるのは、他に言えない理由もあるのではないかと変な疑いまで持ってしまいます。
もちろん、その安全性とかも確かに大切ですが、今このときに優先すべきことは何か、それを考えて行動してほしいと思います。

ところで、大阪府知事の吉村さん、全国学力テストの学校長評価発言の時にはとんでもない人だと思っていましたが、今回のコロナ対策についてはしっかりリーダーシップを発揮していると思います。

福井県の杉本達治知事は4月19日、県内全世帯にマスク2箱(100枚分)の購入券を配布すると発表しています。購入券が印刷されたピンク色のはがきを、23日から郵送する。
そして、福井県内の医師や看護師ら医療従事者に対し、福井県が独自に特別手当の支給を検討し、支給の対象者や時期、金額などの詳細を早急に詰め、今週中にも補正予算を専決処分するといいます。

鳥取県の平井知事も積極的に行動していますが、コロナが収束したら、このような決断力、行動力のある人たちによって地方自治が加速していくといいと思います。
政治、行政においても、この間にどんどん前例を壊していってほしいと思います。

ご覧の通り、このようなtwitter上でのやりとり、これすべて見ることができます。
具体的な交渉は事務局を通じて行われているのでしょうが、このようにtwitter上で行われていることも時代なのでしょうか。
政治の透明性や情報公開が叫ばれている背景もあるのだと思いますが、裏があるのではと疑った目で見てしまうのは考えすぎでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

「風邪は万病のもと」「病は気から」コロナは風邪、シンプルに考えよう

コロナは風邪、シンプルに考えよう 私は新型コロナウイルス対策は過剰だと考えています。政府、自治体の対応やメディア報道によって、「コロナは怖い。だから行動自粛が正義」となってしまいました。その「正義」が …

PCR検査では何もわからないのに大騒ぎしているおかしさ

何もわからないPCR検査で大騒ぎ。 無症状で元気ピンピンでも陽性になったら大病、死に至る病だと判断される。 陽性者に接触したら2週間も隔離される。 PCR検査で、症状のない人の検査をすることは、まった …

新型コロナ以外の肺炎やインフルエンザの死亡数が大きく減少した理由

「新型コロナ」で大騒ぎした2020年の国内の死亡数は前年より約9千人減少したことが22日分かった。 その理由として「新型コロナウイルス対策で他の感染症が流行せず、コロナ以外の肺炎やインフルエンザの死亡 …

「発達障害の症状に薬は効果があるのか」児童精神科医・吉川徹

現在の医学の水準では、発達障害を薬で治療することはできません。 薬は具体的な個々の症状に対して「対症療法」として”症状を和らげるため”に投与されることはあっても、障害を治すため、根治をめざす投薬治療で …

そもそも薬には「副作用」でも「副反応」もない、影響があるだけ

これまでは一般的には薬の「副作用」と言われていたが、今回「新型コロナワクチン」については「副反応」という言葉が使われるようになった。 「副作用」でも「副反応」でもどちらでもいいが、本来薬には「副作用」 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク