健康

白まだら被害全化粧品メーカーに拡大 やっぱりか!

投稿日:21/08/2013 更新日:

カネボウだけじゃなかった 白まだら被害全化粧品メーカーに拡大
ついに化粧品業界全体に“飛び火”した。
美白化粧品を使って肌がまだらに白くなる健康被害が出ているのはカネボウだけではなかった。
全国の消費生活センターには「白斑症状が出た」という相談がすでに10件程度寄せられている。
「カネボウのような『白斑』の健康被害が他社製品で起きる可能性はゼロではない」(厚労省担当記者)と、いかにも役人口調なのが笑える。
「ゼロではない」のではなく、「100%あり得る」が正解なんじゃないの。
それにしてもテレビCMを真に受けて買っているんだから、自己責任じゃね?
どっちにしても化粧品には化学薬品が混じっているわけで、それを承知で使っているんだから文句言うんじゃないよっつうの!
そもそも、化粧品に依存してるという時点でもう負けてるんだよ。
いいもん食べて、すっきり出して、たっぷり寝てれば化粧品なんて必要ない。
化粧品メーカーにせっせと貢いで稼いでもらいましょう。はい。
タダで美肌ができるとうのに、それをしないのは完全にCMボケとしかいいようがないね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

朝調子が悪くて起きられない起立性調節障害の治療法は未確立

不登校の子どもたちは、学校に行く時間になると、本当に頭やお腹が痛くなったりします。本当に!です。 昨日の夜には、はりきって(無理しすぎて)明日の学校の用意をしていますが、当日の朝になって急に頭やお腹が …

斎藤環さん、外出自粛に「健やかにひきこもる」ために

斎藤環さんがコロナの感染拡大予防対策で外出自粛になった今、「健やかにひきこもる」ためのアドバイスをしています。 外出自粛で家にこもらざるをえず、気持ちがウツウツ、家族の関係もギスギスしそうななか、ひき …

適応障害も周囲の人が気長に回復を見守ること

適応障害もほかの精神科の疾患同様、周囲の人は気長に回復を見守ることが大切です。 適応障害は、その方が置かれた状況や出来事に対して非常につらいもの、耐え難いものを感じて、様々な情緒的、身体的な症状が現れ …

教員も独りで頑張らなくてもいい。絶対に無理してはいけない。

民間窓口の先駆的な存在が、04年9月から活動を続ける東大阪市の「先生の駆け込み寺」だ。主宰するのは大阪府立高校などで37年間教壇に立った下橋邦彦さん(77)=大阪市東淀川区。小中高の教員OB6人でほぼ …

孫さん「医療用マスク、消毒液を入手可能」だが日本の許認可手続きに一年くらいかかる

医療現場で多くの人たちの健康と命を守るために、懸命にコロナと闘っている医療従事者の方々、本当にありがとうございます。 ソフトバンクの孫正義さんもtwitterでコロナ対策へのマスクや医療機器の確保につ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク