教育

「至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり」松陰先生の言葉

投稿日:30/05/2017 更新日:

今日はまた新たな出会いがあり、松陰先生の言葉を確信しました。
「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。」

「心を良い状態に保ちたいならば、自分にいま不足に感じていることを探してこれを満たそう補おうと望むよりも、報酬や見返りを求めることなく誰かのために気持ちをこめて働くべきです。」

家を飛び出し、長州藩を脱藩、放浪の後投獄、処刑、草莽崛起、立志尚特異の松陰先生。
名主である実家を逃げ出し、修業したお寺をやめて放浪の良寛の精神。
この二人のように常に自然体で何事にも動じない、組織に縛られない生き方、自分の夢や理想に近づくための「行動」を続けていきたいと思っています。

私が勝手に師匠といっている松陰先生や竜馬兄貴は自分の意志を通すために脱藩。尊敬する良寛さんは名主を捨てて出家し、ありのままの自己を貫きました。そして、社会と距離を置きながらも多くの人たちに影響を与えています。
彼らは肩書や立場を嫌い、どこにも所属しないで「個」として自由に生き抜きました。
彼らと同じ時代に生きていたら、どんなにワクワクしただろうと思います。
私も「自分でこうありたい」と思い、そんな道を選びました。
自由に発言して自由に動き回れる今の自分が一番合っていると思っています。

「草莽崛起」
「至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり。誠ならずして未だ能く動かす者はあらざるなり」
「立志尚特異
俗流與議難
不思身後業
且偸目前安
百年一瞬耳
君子勿素餐」

松陰先生の言葉を読み返しています。
わが人生に悔いなし。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

鳥取県教委「令和元年度いじめ・不登校対策本部会議について」

鳥取県教委「令和元年度いじめ・不登校対策本部会議について」の報告から ・これまで「不登校が生じない学校づくり」「学校復帰」を目的とした対策を講じてきた結果として、毎年学校に行かない子は増えている事実を …

「はだしのゲン」こんな営業のしかたもありなん??

「はだしのゲン」がバカ売れ、仕掛けたのは誰か? 松江市教育委員会が、『はだしのゲン』の閲覧制限を撤回した。 発行元の汐文社によると、2013年7月と8月は前年同時期の3倍に当たる約7000部を発行し、 …

子どもが学校に行きたくない本当の理由

「宿題ができていないと、みんなの前ですっごい怒られるんだ」 「給食を見に行くと、え? 軍隊なの?と思うような雰囲気でした。」 学校教育の評価のしかた、教員の対応のまずさも不登校の要因になっています。 …

学校の外にも学びの機会を作り、中学卒業までに教科書が読めることが最重要課題だ

人工知能(AI)技術による失業が取り沙汰され、教育の再定義が進んでいる。定型業務や特別な知識の要らない仕事はコンピューターに代替され、人間は創造性や協調性が求められる仕事への労働移動が起こるとされてい …

精神障害や発達障害の人数が増えた本当の理由

国家や統制する側からすれば、枠にはめ込んで一律に指導、命令したほうが面倒はありません。 そのためには、「上の者」に対して「下の者」が何も言わずに従う体制を作るのが手っ取り速いのです。 「違い」に気づい …

スポンサーリンク

スポンサーリンク