教育

「至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり」松陰先生の言葉

投稿日:30/05/2017 更新日:

今日はまた新たな出会いがあり、松陰先生の言葉を確信しました。
「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。」

「心を良い状態に保ちたいならば、自分にいま不足に感じていることを探してこれを満たそう補おうと望むよりも、報酬や見返りを求めることなく誰かのために気持ちをこめて働くべきです。」

家を飛び出し、長州藩を脱藩、放浪の後投獄、処刑、草莽崛起、立志尚特異の松陰先生。
名主である実家を逃げ出し、修業したお寺をやめて放浪の良寛の精神。
この二人のように常に自然体で何事にも動じない、組織に縛られない生き方、自分の夢や理想に近づくための「行動」を続けていきたいと思っています。

私が勝手に師匠といっている松陰先生や竜馬兄貴は自分の意志を通すために脱藩。尊敬する良寛さんは名主を捨てて出家し、ありのままの自己を貫きました。そして、社会と距離を置きながらも多くの人たちに影響を与えています。
彼らは肩書や立場を嫌い、どこにも所属しないで「個」として自由に生き抜きました。
彼らと同じ時代に生きていたら、どんなにワクワクしただろうと思います。
私も「自分でこうありたい」と思い、そんな道を選びました。
自由に発言して自由に動き回れる今の自分が一番合っていると思っています。

「草莽崛起」
「至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり。誠ならずして未だ能く動かす者はあらざるなり」
「立志尚特異
俗流與議難
不思身後業
且偸目前安
百年一瞬耳
君子勿素餐」

松陰先生の言葉を読み返しています。
わが人生に悔いなし。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

オランダ・イエナプラン教育「明日の学校に向かって」

日本の学校教育は時代錯誤そのものです。 それは子どもの事実、今の日本社会の状態が見せています。証明しています。 それに気づいている人たちはすでに変え始めています。 だから今、新しい学びの形がもとめられ …

「不登校は不幸じゃない2019in鳥取県」朝日新聞に掲載

8月27日の朝日新聞に親の会のイベント「不登校は不幸じゃない2019in鳥取県」の記事と親の会の情報を載せてもらいました。 私も鳥取県不登校の親の会ネットワーク代表として「支援センターなど学校以外の居 …

学級担任より「協調性がない」という視点で問題視されたって?

私自身も協調性のない子どもでした。(今でもそうですが。。。) 保育園に入園したとたん、「なんで同じ時間にみんなと同じことをしなくちゃいけないの?」っていつも思っていました。 園や学校の教員の関わり方に …

小中学校ですべての児童や生徒らに対し「フェイスシールド」を着用せよ

とうとうこんなことまでやるのか? ただでさえ息苦しい教室なのに、異様だとしか思えない。 それを素直に従っている生徒も教員も恐ろしい。 学校とは「こういうところ」なんだと改めて感じる。 臨時休校が続いて …

長期不登校、フリースクールと教育委員会の中身のある連携を求めます

不登校をめぐる問題について、文科省は別に「不登校に関する調査研究協力者会議」を設けて、不登校全般の対策を審議していますが、同検討会議では、長期間の不登校に陥っている義務教育段階の児童生徒に対する、学校 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク