教育

学校再開しても…しんどい、学校行きたくない行きたくない

投稿日:28/05/2020 更新日:

「学校再開しても…しんどい」
「学校行きたくない行きたくない」
「学校始まったらって考えるだけでも恐怖」
「教室に居たくない、想像しただけでも恐怖」
こんな子がたくさんいます。

そこで、「学校ではいつも以上に子どもの様子に目配りを」といわれています。
しかし、「不登校」の子どもにとっては「学校みたいな場じゃない」ことが大切なのです。
学校みたいな空間がイヤな子がたくさんいるのです。
それを理解することが大前提でなければいけません。

文科省は「学校へ戻すことだけがゴールではない」という方針を出しています。
そもそも「学校に行くこと」が義務教育ではありません。

「不登校」は問題行動ではない、学校復帰を前提にする必要はない

文科省が「学校復帰前提策」を廃止!全小中学校へ向けて通知

「不登校」児童生徒への対応について新学習指導要領ではどのように扱われているか

学校再開しても…しんどい子の負担感「目配りして」

学校教育の負の面がさらに表面化している

この度の休校によって、学校教育の負の面がさらに表面化したように思います。
学校再開後の方が休校前よりも息苦しくなっています。
勉強は好き、勉強はしたいけど、学校教育制度に合わない子は多いです。
授業時間数の確保を、入試をどうする、学力はどうなる・・・
大人は必死になってあれやこれや「やらせようやらせよう」としています。
しかし、子どもたちが望んでいるのはそこでしょうか?
一日中決められたカリキュラムでやらされることが増え、制限ガチガチの中で過ごすなんで無理でしょ。
マスクをしなくても、それだけで窒息死してしまう。
さらに、楽しみにしている夏休みまで奪われる。
今回もまた、「子ども無視」の対応ばかりが行われています。
いつまで過干渉を続けるつもりなのでしょうか。

学校が子どもに適応できていない。
だからこそそれを見直していくべきなのですが、今学校でやっていることは、一方的な勉強の詰め込みと規制強化、監視強化です。
今まさに、子どもを学校に合わせることを進めていますが、その結果はもう見えています。ますます学校に抵抗のある子どもが増えていきます。
こんな今だからこそ、空間的密以上に時間的密を作らないことが大事だと思います。

「不登校対策」には「学校、教員の方が子どもに合わせる」ことが必要

今必要なことは、学校に行かせることではなく、子どもたちが自由に学べる選択肢を増やすことです。
自分の学びたいことを学びたいところで学べるようにすることです。
すでに今でも、学校には行かないで、自分で学びの場を選んで学んでいる子どもたちがいます。
だから、学校を一斉一律な形に改革するのではなく、学びの自由化を促進して、多様な学びの場を増やしていくのがいいと考えています。
いつ、どこで、何を学ぼうと、それは「本人にとっての学び」なのです。

自ら学び考える力を育てるためにも「学びの自由化改革」が必要です

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

日本の学校は、一斉授業、一律評価によって子どもを序列化している

そもそも一斉授業を行うことは無理。 分かっている子は授業がつまらなくて退屈し、分からない子は授業を聞いているフリをして苦痛でしかない。 これは、日本の授業スタイルが持っている本質的な問題点なのですが、 …

子どもの心の診療と支援に関する医学講座に参加

昨日は、子どもの心の診療拠点病院推進室主催の「子どもの心の診療と支援に関する医学講座」に参加してきました。 「医学講座」というテーマですが、内容は発達障害や不登校・ひきこもりの子どもの理解と若者の就労 …

「不登校は不幸じゃない2018in鳥取県」を開催しました

8月19日に「不登校は不幸じゃないin鳥取県」を開催しました。 今回の琴浦町での開催は、高校生の男の子が「やりたい!」っていったことから実現しました。 彼のその一言がなかったら今日の出会いはありません …

人間関係で悩んでいる、周りの社会環境を変えたいと思っているひとに

・あなたは今の自分に満足していますか? ・イヤな上司と毎日顔を会わせるは苦痛じゃないですか? ・嫌いな人との上手な付き合いかたを教えます。 ・子どもをついつい叱ってしまうあなた、あなたが変わればいい子 …

学習障害の子どもの中学校選び、いろいろな選択肢があります

発達障害がある子の場合、小学校や中学校に入学する段階で悩んでいる保護者の方も少なくありません。 基本的には住んでいる住所によって行く学校が指定されますが、学校によって特性の理解や対応の仕方も異なるので …

スポンサーリンク

スポンサーリンク