教育

学校再開しても…しんどい、学校行きたくない行きたくない

投稿日:28/05/2020 更新日:

「学校再開しても…しんどい」
「学校行きたくない行きたくない」
「学校始まったらって考えるだけでも恐怖」
「教室に居たくない、想像しただけでも恐怖」
こんな子がたくさんいます。

そこで、「学校ではいつも以上に子どもの様子に目配りを」といわれています。
しかし、「不登校」の子どもにとっては「学校みたいな場じゃない」ことが大切なのです。
学校みたいな空間がイヤな子がたくさんいるのです。
それを理解することが大前提でなければいけません。

文科省は「学校へ戻すことだけがゴールではない」という方針を出しています。
そもそも「学校に行くこと」が義務教育ではありません。

「不登校」は問題行動ではない、学校復帰を前提にする必要はない

文科省が「学校復帰前提策」を廃止!全小中学校へ向けて通知

「不登校」児童生徒への対応について新学習指導要領ではどのように扱われているか

学校再開しても…しんどい子の負担感「目配りして」

学校教育の負の面がさらに表面化している

この度の休校によって、学校教育の負の面がさらに表面化したように思います。
学校再開後の方が休校前よりも息苦しくなっています。
勉強は好き、勉強はしたいけど、学校教育制度に合わない子は多いです。
授業時間数の確保を、入試をどうする、学力はどうなる・・・
大人は必死になってあれやこれや「やらせようやらせよう」としています。
しかし、子どもたちが望んでいるのはそこでしょうか?
一日中決められたカリキュラムでやらされることが増え、制限ガチガチの中で過ごすなんで無理でしょ。
マスクをしなくても、それだけで窒息死してしまう。
さらに、楽しみにしている夏休みまで奪われる。
今回もまた、「子ども無視」の対応ばかりが行われています。
いつまで過干渉を続けるつもりなのでしょうか。

学校が子どもに適応できていない。
だからこそそれを見直していくべきなのですが、今学校でやっていることは、一方的な勉強の詰め込みと規制強化、監視強化です。
今まさに、子どもを学校に合わせることを進めていますが、その結果はもう見えています。ますます学校に抵抗のある子どもが増えていきます。
こんな今だからこそ、空間的密以上に時間的密を作らないことが大事だと思います。

「不登校対策」には「学校、教員の方が子どもに合わせる」ことが必要

今必要なことは、学校に行かせることではなく、子どもたちが自由に学べる選択肢を増やすことです。
自分の学びたいことを学びたいところで学べるようにすることです。
すでに今でも、学校には行かないで、自分で学びの場を選んで学んでいる子どもたちがいます。
だから、学校を一斉一律な形に改革するのではなく、学びの自由化を促進して、多様な学びの場を増やしていくのがいいと考えています。
いつ、どこで、何を学ぼうと、それは「本人にとっての学び」なのです。

自ら学び考える力を育てるためにも「学びの自由化改革」が必要です

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

小中学校で教員の数が足りないから誰でも臨時採用する理由

鳥取県も同じで、まったく教員の数が足りません。 これでは子どもたちに目が届くはずがありません。 あと1週間で2学期が始まりますが、教員の負担は増える一方で、自分で仕事を減らすしかありません。 元社会教 …

子どもが不登校になったときの家庭と学校の協力体制について

親がとりたい対応と学校側がとりたい対応が食い違っていることも解決から遠ざかっている要因となっているケースが少なくありません。 親が学校側へ不満を持つことが多い理由は、おそらくこれでしょう。 子どもの状 …

公立学校の中のフリースクールという発想が素晴らしい

「公立学校の中のフリースクール」という発想が素晴らしいです。 不登校の問題は適切な場所と人が提供できれば解決できます。 そもそも、「不登校問題」とは学校に行っていないことや行かない子どもが問題なのでは …

松江市で「多様な教育機会確保法案」についてのフォーラム開催

不登校に関心のある方はもちろん、教職員、保護者だけでなく、子どもの教育に関わる全ての人に参加していただきたいです。 学校や教育に関する国の方針の現状を正しく知ること、当事者の声を聞くことから始めなけれ …

鳥取県のいじめ・不登校対策本部会議は前に進んでいるのか?

鳥取県の本年度第2回目のいじめ不登校対策本部会議が明日開催されます。 しかし、これまでの概要を読んでも、なんか形だけやっているという印象しかないなあ。 ここで見られるのは概要だけなので具体的なことは何 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク