教育

精神障害や発達障害の人数が増えた本当の理由

投稿日:24/10/2015 更新日:

国家や統制する側からすれば、枠にはめ込んで一律に指導、命令したほうが面倒はありません。

そのためには、「上の者」に対して「下の者」が何も言わずに従う体制を作るのが手っ取り速いのです。

「違い」に気づいたとしても、気づかないふりをしていれば「違い」はないことになります。

その「違い」に「特別な配慮」を施したり、個々に対応するのはとても面倒なことなのです。

なので、「違い」はないことにして一律に統制、管理したほうが楽なのです。

差別される側、被害者、痛みを感じている側が何の訴えも起こさない限り、その「違い」はないまま過ごされます。

統制する側からすれば、「ないことにした」方が管理が楽になるからです。

統制する側だけでなく、周囲のものからしてもないものとしておいたほうが「自分にとって」は「損」を感じることはありません。

「精神障害、発達障害が増えた」という分析がされ始めのも、それに気づいた人、「違い」を訴えた人が出てきたからです。

精神障害や発達障害は、本人に原因があるのではなく、周りの環境との壁によって生じるものです。

生き辛さ、過ごしにくさ、やりにくさの「現象」として「障害」が発生しているだけのことなんです。

これは、国家や統制する側からすれば、「問題」となります。

それらに対応する環境作りや社会体制を整えていく必要が出てきますので、それはとても面倒なことになるのです。

だから、「ないことにする」のが一番楽なのです。

さらに、それを「封じ込めようとする圧力」がかかってきますが、それに「抵抗」しようとする勇気のある人が徐々に増えてきたために、ようやく認知されはじめたのです。

しかし、いまだに「ないもの」「なかったこと」として片付けようとする勢力も多く存在しています。

自分も圧力に巻き込まれたくない、自分には関係ないという考え方の人が多く存在しているのも事実です。

そのような考え方があって、「逆差別」だとか「不公平」だとか言っています。

「発達障害は本当に増えたと言えるのか?」

http://www.mammo.tv/interview/archives/no318.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

いじめをなくすためにできることはたったひとつしかありません

さかなクンがこんな話をしています。 「広い海へ出てみよう」  中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視さ …

「反抗期」も「小一プロブレム」も「中二病」も大人の都合による決めつけ

「反抗期」っていう言葉があります。 これって「大人に反抗する」から反抗期っていっているわけで、子どもからしたらごくごく順調に成長しています。 子どもが反抗したくなる態度や対応を大人の側がするからそうい …

中学を卒業するまでに教科書を読めるようにすることが義務教育の課題

「中学を卒業するまでに中学校の教科書を読めるようにすることが義務教育の課題」? えっ、今さらこれって?? じゃあ、これまでにやってきた国語の授業は何だったの? 何のために学校の授業を受けて、学校で何を …

ウワサの保護者会「シリーズ不登校 学校に行かない学び方」

「学校に行かない学び方」 今回の番組内容はとてもよかったです。 自分のやりたいこと学びたいことは自分で決める。 必要を感じたら自分で学び始める。 それは、学校の教科の勉強である必要はない。 「知りたい …

みんいく(睡眠教育)で子どもの不登校が減った!?

木田さんによると、「学校に来るようになる子どもは、スマホやゲームを制限できる子ども」で、子どもにスマホやゲームの睡眠への影響をきちんと理解させることが、不登校を減らすポイントになるといえる。また、「み …

スポンサーリンク

スポンサーリンク