教育

精神障害や発達障害の人数が増えた本当の理由

投稿日:24/10/2015 更新日:

国家や統制する側からすれば、枠にはめ込んで一律に指導、命令したほうが面倒はありません。

そのためには、「上の者」に対して「下の者」が何も言わずに従う体制を作るのが手っ取り速いのです。

「違い」に気づいたとしても、気づかないふりをしていれば「違い」はないことになります。

その「違い」に「特別な配慮」を施したり、個々に対応するのはとても面倒なことなのです。

なので、「違い」はないことにして一律に統制、管理したほうが楽なのです。

差別される側、被害者、痛みを感じている側が何の訴えも起こさない限り、その「違い」はないまま過ごされます。

統制する側からすれば、「ないことにした」方が管理が楽になるからです。

統制する側だけでなく、周囲のものからしてもないものとしておいたほうが「自分にとって」は「損」を感じることはありません。

「精神障害、発達障害が増えた」という分析がされ始めのも、それに気づいた人、「違い」を訴えた人が出てきたからです。

精神障害や発達障害は、本人に原因があるのではなく、周りの環境との壁によって生じるものです。

生き辛さ、過ごしにくさ、やりにくさの「現象」として「障害」が発生しているだけのことなんです。

これは、国家や統制する側からすれば、「問題」となります。

それらに対応する環境作りや社会体制を整えていく必要が出てきますので、それはとても面倒なことになるのです。

だから、「ないことにする」のが一番楽なのです。

さらに、それを「封じ込めようとする圧力」がかかってきますが、それに「抵抗」しようとする勇気のある人が徐々に増えてきたために、ようやく認知されはじめたのです。

しかし、いまだに「ないもの」「なかったこと」として片付けようとする勢力も多く存在しています。

自分も圧力に巻き込まれたくない、自分には関係ないという考え方の人が多く存在しているのも事実です。

そのような考え方があって、「逆差別」だとか「不公平」だとか言っています。

「発達障害は本当に増えたと言えるのか?」

http://www.mammo.tv/interview/archives/no318.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「アダプティブ・ラーニング」で不登校の児童生徒を支援する自宅学習 鳥取

この取り組みは悪くないと思います。 鳥取県教委のいう「不登校問題の改善」って何? 「不登校はいつでも、どこでも、誰にでも起こりうる『問題』」という表現は間違い。 結局「学校に通う」ようになることが目的 …

自分を計る「ものさし」に気づくことで自己肯定感を高められる

自分の価値は自分で決めることなのですが、多くの人は常に他者評価を気にしながら生きています。 他者からの「できたか できなかったか」という評価によって、自己肯定感を下げてしまう人が少なくありません。 親 …

発達障害の大学生についての体制づくりが課題

子どもの発達障害は少しずつ認知されるようになってきましたが、大人の発達障害の理解や配慮はまだまだ十分とはいえません。 職場の中で発達障害の理解がないままひどい対応をされている人たちもいます。 また、発 …

なぜ小学校の先生を退職してまでこのような活動をしているのか?

下村さん、全く同感です。 私のめざすところも同じです。 全国にはすでに、下村さんの向かおうとしている場を作っている人たちもいます。 彼らと全国的なネットワークを構築して、さらに発展させ、全国に広げてい …

階級組織の世界だけしか知らない教員に限界アリ

学校教育の中だけで評価され、階級組織の世界だけしか知らない教員が対応できる範囲は本当に狭いです。 評価の観点も限定され、きまりを守ることだけが目的でがんじがらめですから、その尺度から外れる子どもがおお …

スポンサーリンク

スポンサーリンク