教育

精神障害や発達障害の人数が増えた本当の理由

投稿日:24/10/2015 更新日:

国家や統制する側からすれば、枠にはめ込んで一律に指導、命令したほうが面倒はありません。

そのためには、「上の者」に対して「下の者」が何も言わずに従う体制を作るのが手っ取り速いのです。

「違い」に気づいたとしても、気づかないふりをしていれば「違い」はないことになります。

その「違い」に「特別な配慮」を施したり、個々に対応するのはとても面倒なことなのです。

なので、「違い」はないことにして一律に統制、管理したほうが楽なのです。

差別される側、被害者、痛みを感じている側が何の訴えも起こさない限り、その「違い」はないまま過ごされます。

統制する側からすれば、「ないことにした」方が管理が楽になるからです。

統制する側だけでなく、周囲のものからしてもないものとしておいたほうが「自分にとって」は「損」を感じることはありません。

「精神障害、発達障害が増えた」という分析がされ始めのも、それに気づいた人、「違い」を訴えた人が出てきたからです。

精神障害や発達障害は、本人に原因があるのではなく、周りの環境との壁によって生じるものです。

生き辛さ、過ごしにくさ、やりにくさの「現象」として「障害」が発生しているだけのことなんです。

これは、国家や統制する側からすれば、「問題」となります。

それらに対応する環境作りや社会体制を整えていく必要が出てきますので、それはとても面倒なことになるのです。

だから、「ないことにする」のが一番楽なのです。

さらに、それを「封じ込めようとする圧力」がかかってきますが、それに「抵抗」しようとする勇気のある人が徐々に増えてきたために、ようやく認知されはじめたのです。

しかし、いまだに「ないもの」「なかったこと」として片付けようとする勢力も多く存在しています。

自分も圧力に巻き込まれたくない、自分には関係ないという考え方の人が多く存在しているのも事実です。

そのような考え方があって、「逆差別」だとか「不公平」だとか言っています。

「発達障害は本当に増えたと言えるのか?」

http://www.mammo.tv/interview/archives/no318.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「みんながやっているから」「みんなと同じだから」って、結構説得力がある理由かもしれない

わかる、わかる。 「くだらない校則」で辛い思いをした「私なりの反抗」をしたのも、すごくよくわかる。 「ルールなんだから」って意味がわかりませんね。 一方的に「規則だから」っていわれると、余計に守りたく …

広がるブラック部活 これはもはや「教育」とはいえません

もうこれは「指導」とはいえません。 今の学校の部活って、教育の一環の場ではなくなっている。 指導力のない教員が子どもの個人攻撃で追い込む部活。 部活を辞めるのは、続けるよりも怖い。 これは、中高だけで …

子どもが学校で死んでもまったく教訓が活かされない

子どもが学校で死んでもまったく教訓が活かされない。ほとんど何も変わらない学校。 「エアコン設置議論」が盛んに行われていますが、要は何に重きをおいているか、何が重要かなのです。 学校教育で何を大切にする …

起業家教育には大賛成 学年イベントでお金儲けのすすめ

起業家教育には大賛成です。 子どもたちは本来生きる力を持っているのですが自己肯定感を持てないのは、周りの大人がよってたかっていろいろなことを強制していること、勉強の成果を優先して大人が評価していること …

108画の漢字の読み方が分かりますか?なるほどそうか!

今日の倉吉トトロの会で「100画の漢字がある」と聞いてさっそく調べてみました。 世界一難しい漢字一文字は、漢字14文字を組み合わせ108画あります。 「108」といったら、何か思いだしませんか? この …

スポンサーリンク

スポンサーリンク