教育

精神障害や発達障害の人数が増えた本当の理由

投稿日:24/10/2015 更新日:

国家や統制する側からすれば、枠にはめ込んで一律に指導、命令したほうが面倒はありません。

そのためには、「上の者」に対して「下の者」が何も言わずに従う体制を作るのが手っ取り速いのです。

「違い」に気づいたとしても、気づかないふりをしていれば「違い」はないことになります。

その「違い」に「特別な配慮」を施したり、個々に対応するのはとても面倒なことなのです。

なので、「違い」はないことにして一律に統制、管理したほうが楽なのです。

差別される側、被害者、痛みを感じている側が何の訴えも起こさない限り、その「違い」はないまま過ごされます。

統制する側からすれば、「ないことにした」方が管理が楽になるからです。

統制する側だけでなく、周囲のものからしてもないものとしておいたほうが「自分にとって」は「損」を感じることはありません。

「精神障害、発達障害が増えた」という分析がされ始めのも、それに気づいた人、「違い」を訴えた人が出てきたからです。

精神障害や発達障害は、本人に原因があるのではなく、周りの環境との壁によって生じるものです。

生き辛さ、過ごしにくさ、やりにくさの「現象」として「障害」が発生しているだけのことなんです。

これは、国家や統制する側からすれば、「問題」となります。

それらに対応する環境作りや社会体制を整えていく必要が出てきますので、それはとても面倒なことになるのです。

だから、「ないことにする」のが一番楽なのです。

さらに、それを「封じ込めようとする圧力」がかかってきますが、それに「抵抗」しようとする勇気のある人が徐々に増えてきたために、ようやく認知されはじめたのです。

しかし、いまだに「ないもの」「なかったこと」として片付けようとする勢力も多く存在しています。

自分も圧力に巻き込まれたくない、自分には関係ないという考え方の人が多く存在しているのも事実です。

そのような考え方があって、「逆差別」だとか「不公平」だとか言っています。

「発達障害は本当に増えたと言えるのか?」

http://www.mammo.tv/interview/archives/no318.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

障害児を地域で育てる うちの子が入れる学校がない?

4月、新学期が始まります。 子どもにとって一番いい環境ってなんでしょう? 親が子どもに期待することもさまざまです。学校に求めることもさまざまです。 学校長や担任が異動すると、校内の様子や対応が大きく変 …

文科省「高校の水泳授業の飛び込みスタート禁止に」する方針を発表

2月14日、高校の水泳授業でプールの飛び込みスタートを原則禁止とする学習指導要領の案が文部科学省より発表されました。 世論の高まりが国の教育指導方針を変えました。 鳥取県でも羽合小学校の飛び込み事故か …

「学校に行かせてない親は法律違反している」というのは間違いです!

今日の子どもの学びを考える勉強会vol.3でも学校に行く目的についても話し合いをしましたが、「学校に行かせてない親は法律違反している」というのは間違いです! 理不尽極まりないです。 確かに、保護者には …

トエックを卒業した子たちが12年間も実証し続けている!

小学6年間、まったく授業を受けなくても、 中学校の初期段階で学力はほとんど追いついてしまう! 「本当の学び」とは何か? 子どもの主体性を伸ばすとは何か? 私たちが目指すべき「学校」がここにあります。 …

オランダの学校視察と子どもの未来を拓く日本の学校教育の可能性

日本の公教育は子どもの可能性をつぶし、教員のやる気を失わせているように見えます。 各学校、各学級にはそれぞれの学校教育目標、学級目標があります。 しかし、実際にはそれに向けた真逆の実践がされているよう …

スポンサーリンク

スポンサーリンク