教育

成績をつけない数値で評価しない教育こそに学力を伸ばす秘密がある

投稿日:18/01/2018 更新日:

成績表をつけない学校がニューヨークにあります。
この学校は成績表をつけず、生徒一人一人の長所を伸ばすことだけに注力すること50年。
その結果、卒業生の3割以上がアイビーリーグに、ほぼ半数がスタンフォードやタフツなどを含む“名門校”に進学する不思議な学校なのです。
不思議といいましたが、むしろ成績をつける方がおかしいのであって、数値で評価しない教育こそに学力を伸ばす秘密があるといってもいいです。
「10をつけた瞬間に成長が止まる」というのもうなずけます。

Saint Ann’s Schoolは、マンハッタンから20分ほどのブルックリンの街中にあり、1965年に創設されて以来、一度も生徒たちの成績表に数値で評価をつけたことがなく、学期中のアセスメント(小テスト)にも決して点数をつけることがないそうです。
それなのに、卒業生の多くが全米の著名大学へ進学。さらには、入学してからも積極的に教授達のオフィスアワーを活用するなど、知的探究心を持つ人間に育つともっぱらの評判となっています。

「生徒は一人一人個性があり、仮にテストの出来が違ったとしても、それは必ずしも能力の差ではない。学び方や表現力の違いだったり、情報の処理の仕方の違いだったりする。数値化することで彼らを直線上に並べて比べることには意味がない」

学力テストしかり、内申点しかりで、子どもたちは常に教員からの目を気にして学校に行っています。
そもそも狭い評価基準で人間を評価することに無理があるのに、多くの人はそれに向けて虚しい努力をしたりさせたりしている。さらに、それに矛盾を感じながらもそれに従っている。
ペーパーテストの点数で子どもを序列化して優劣をつけることが教育だと思っている日本が世界から遅れるのは当たり前です。
評価という序列化によって子どもたちがどんどん追い込まれているのに、それを変えようともしないどころかさらに過酷な競争の世界に追いやる大人たち、いい加減に目を覚ましたらどうだい!

成績表をつけない学校があれば子どもは行きたいけど、親は成績表をしっかりつける学校に行かせると思う。
宿題を望んでいるのも子どもではなく親の方だし。
勉強しない子どもよりも自由遊びができないことを心配した方がいい。
他人との比較ではなく、個の成長を観るべきですね。
どっちが本当の学ぶ力、生きる力がつくかは明らかですけどね。

また、いじめ対策、子どもの自殺予防、長年取り組んで(いるように)見えますが、全く当てはまっていません。
日本に生まれた子どもたちは、有無を言わせずに競争の中に引っ張り込まれます。他者と比較され序列化され、優劣をつけられる。それは一生続いていきます。
「受験戦争」と言われるようになって長いですが、学校で勉強するということは「戦争」することが当たり前になっています。そして「戦争に勝つ」ことが求められ、勝てる兵隊を育てる教育が当たり前だと思い込まされています。「戦争」とは「他者を殺すこと」、つまり他人を蹴落として優位に立つことです。
その根本的な改革を抜きにしていじめ対策、子どもの自殺もなくすことは不可能です。
肩書や立場ではなく「人としてどうなのか?」です。
特に今「教育のプロ」と呼ばれている人の人間性が問われています。「何のために、誰のために、どこに向かってそこにいるのか」
だからこそ、発信していきましょう。
みんながつながっていきましょう。

成績表をつけない「超進学校」の秘密

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

広島の中学校で自殺した生徒「どうせ言っても先生は聞いてくれない」

自殺した生徒は、「どうせ言っても先生は聞いてくれない」と保護者に話していたそうです。 この生徒は、長い間どんなに苦しんでいたかと思うと、ほんとうに心が痛みます。 生徒が専願での高校進学を望んでいたのに …

公立小学校に花まる方式導入で朝の時間が変わる?!

「花まる学習会」が公立小学校と一緒に取り組みを始めるということで、話題になっています。 4月にスタートする「官民一体校」ではどんなことをするのかというと・・・ 公立小学校のカリキュラムの中に、花まる学 …

禁じられている体育の時間での水泳の飛び込み指導がなぜ行われているのか?

羽合小学校で6年生の女児がプールに飛び込み頸髄損傷した事故で、調査委員会の方針決定について新聞の報道がありました。 「事故が起きた原因が教員の指導にあったと結論づけることを決めた。」 「初歩的な指導の …

子どもへの「支援」のフリ「配慮」のフリで教員の自己満足で終わっていませんか?

本当に必要な「支援」や「配慮」ってなんだろう? その先生が担任になってから息子の態度はガラリと変わりました。 「僕は出来ない子だ」と癇癪ばかり起こしていた息子が、行事のたびに「こんなことができるように …

鳥取県西部地区の親の会「つながろう会」の12月例会のお知らせ

鳥取県西部地区の不登校児童生徒、ひきこもり青年の親の会「つながろう会」の12月例会のお知らせです。 先日大山町で講演をしていただいた村本和孝さんも参加される予定です。 子どもさんが不登校になったとき、 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク