教育

あなたは「性行為は早すぎるよ」と明確な理由がいえますか?

投稿日:28/02/2016 更新日:

今日は、倉吉未来中心で行われた「生きるためのこころ(性)の教育」という思春期保健対策講演会に参加しました。

講師は、東京医療保健大学医療保健学部 看護学科准教授の渡會睦子(わたらいむつこ)さん。

渡會さんは山形県出身で、過去数年間人工妊娠中絶率と性感染症の罹患率が上位だったそうですが、県単位での性教育を推進してきた結果、その数値はだんだん低くなっていったとのことです。

「体の性教育」というよりも思春期の「こころ性教育」ということを勉強したかったので参加したのですが、実は、鳥取県は人工妊娠中絶率が非常に高いということを初めて知りました。

鳥取県は平成12年は全国1位で、今でも高い状態が続いています。

性感染症の罹患率も他県を大きく上回り、ダントツに多いことを知りました。

人工妊娠中絶率が高いということは、何らかの地域的な背景もあるのではないかということで、山形県での性教育を推進してこられたのですが、その要因のひとつに男女間のコミュニケーションがうまくはかれないということもあるようです。

「体の性教育」だけでなく、人間関係作りや他者とのコミュニケーション能力も大きく関係しているのだということです。

統計的にも鳥取県は山形県に似ています。

山形県は人工妊娠中絶率が長年上位でしたが、性教育プログラムを取り入れて改善されています。

・自分を大切にし、他人も大切にしていくことが性教育のねらいである。

・性教育は「性行為教育」ではなく、性教育は「生きるための心を学ぶ教育」「命の教育」である。

・性教育で大切なことは、学校だけに任せるのではなく親や地域の協力を得ること。

・性教育は命の教育であるから、生徒が学習するだけでなく親にも性教育をしていかないといけない。

・今の中高生はキスしたり性行為をしたりしているのを聞いて、「私もしなければ遅れてしまう」という考え方をしているが、その考え方を変えていかないといけない。

・テレビや映画などでもキスシーンが放映されているが、キスでうつる性感染症もある。

・HIVに関するメディア情報を見聞きすることが少なくなっているが、その数は増加の一途をたどっている。

・正しい情報を正しく知ることで性に関する危険を予防することができる。

あなたは、「低年齢での性行為は早すぎるよ」と明確な理由がいえますか?
鳥取県でも学校や保健師さんなどが性教育を行っていますが、私たち大人が正しい情報を知って勉強をししていくことが大切だと感じました。

「人工妊娠中絶率 鳥取県は平成12年は全国1位」

http://todo-ran.com/t/kiji/14982

「性感染症が気になったら夫に伝える?」

http://mama.bibeaute.com/article/27830/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

鳥取県でも不登校の子どもたちを受け入れる体制や支援は不十分です

不登校は問題行動ではなく、それぞれの子どもにあった学び方が受け入れられる必要があります。 しかし、鳥取県の現状では学校か家の他に行くことのできる所は少ないです。 また、学校以外には行く場所が少ないため …

岐阜県教委の「教職員の働き方改革プラン2017」やらないと決めてすでに実行すること!

岐阜県教委は「教職員の働き方改革プラン2017」(以後「改革プラン」)を発表した。 時間外勤務をどうすれば減らす事ができるだろうか。各学校で縮減のための検討がなされたりすることが多くなってきた(グラフ …

学校へのITの導入だけでなく人材の育成が急務

学校へのITの導入は進んでいますが、ハード面を充実するだけでは何もなりません。 黒板やノートをタブレットに変えるだけでなく、その機能を活かしたカリキュラムの構築や授業展開を考えていく必要があります。 …

日本の国語・算数・数学教育の問題点をズバリ言います!

そもそも算数・数学って何なのか? 国語教育で身につけるべき力とは何なのか? なぜ、日本の学校では算数・数学・国語嫌いの子どもを産んでいるのか? 多くの学校では、そこまで考えてカリキュラムを作ってはいま …

学校現場にICTの導入が進まない理由は、つかうのが面倒だから

学校現場にICTの導入が進まない理由は、つかうのが面倒だから。 簡単で便利だというのは、面倒だと思っていない人の論理です。 だから面倒のない黒板、ノート、鉛筆が一番使いやすいんです。 さらに、個別とな …

スポンサーリンク

スポンサーリンク