教育

あなたは「性行為は早すぎるよ」と明確な理由がいえますか?

投稿日:28/02/2016 更新日:

今日は、倉吉未来中心で行われた「生きるためのこころ(性)の教育」という思春期保健対策講演会に参加しました。

講師は、東京医療保健大学医療保健学部 看護学科准教授の渡會睦子(わたらいむつこ)さん。

渡會さんは山形県出身で、過去数年間人工妊娠中絶率と性感染症の罹患率が上位だったそうですが、県単位での性教育を推進してきた結果、その数値はだんだん低くなっていったとのことです。

「体の性教育」というよりも思春期の「こころ性教育」ということを勉強したかったので参加したのですが、実は、鳥取県は人工妊娠中絶率が非常に高いということを初めて知りました。

鳥取県は平成12年は全国1位で、今でも高い状態が続いています。

性感染症の罹患率も他県を大きく上回り、ダントツに多いことを知りました。

人工妊娠中絶率が高いということは、何らかの地域的な背景もあるのではないかということで、山形県での性教育を推進してこられたのですが、その要因のひとつに男女間のコミュニケーションがうまくはかれないということもあるようです。

「体の性教育」だけでなく、人間関係作りや他者とのコミュニケーション能力も大きく関係しているのだということです。

統計的にも鳥取県は山形県に似ています。

山形県は人工妊娠中絶率が長年上位でしたが、性教育プログラムを取り入れて改善されています。

・自分を大切にし、他人も大切にしていくことが性教育のねらいである。

・性教育は「性行為教育」ではなく、性教育は「生きるための心を学ぶ教育」「命の教育」である。

・性教育で大切なことは、学校だけに任せるのではなく親や地域の協力を得ること。

・性教育は命の教育であるから、生徒が学習するだけでなく親にも性教育をしていかないといけない。

・今の中高生はキスしたり性行為をしたりしているのを聞いて、「私もしなければ遅れてしまう」という考え方をしているが、その考え方を変えていかないといけない。

・テレビや映画などでもキスシーンが放映されているが、キスでうつる性感染症もある。

・HIVに関するメディア情報を見聞きすることが少なくなっているが、その数は増加の一途をたどっている。

・正しい情報を正しく知ることで性に関する危険を予防することができる。

あなたは、「低年齢での性行為は早すぎるよ」と明確な理由がいえますか?
鳥取県でも学校や保健師さんなどが性教育を行っていますが、私たち大人が正しい情報を知って勉強をししていくことが大切だと感じました。

「人工妊娠中絶率 鳥取県は平成12年は全国1位」

http://todo-ran.com/t/kiji/14982

「性感染症が気になったら夫に伝える?」

http://mama.bibeaute.com/article/27830/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

感情のコントロールができない子供の怒りのコントロール法

発達障害の子どもの特性がわかってくると、激しい感情や行動に対処するためにクールダウン、タイムアウトという方法があります。 これは、親子関係での対処方法としてはよく知られていることですが、学級にいる感情 …

とある支援学校による上肢不自由生徒への「神宿題」、これでいいの?

学校というところは「できない理由」を言うのが得意です。 だからこんな「神宿題」を平気で出せるのです。 一人だけ特別扱いはできない、「みんなと同じようにすること」が平等だからね。 そもそも宿題なんか要ら …

学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由 “8つの知能”に応じた学び方が必要

日本の学校ではこのような理論研究に基づいた学習はほとんど行われてきませんでした。 何十年もの間学習スタイルは変わっていません。 授業研究にしても一律的な一斉指導ばかりで児童生徒の学習能力を伸ばすことは …

「置き勉禁止」が別に自由化されなくても持って帰らなくてもいい

最近「ブラック校則」として注目度が上がっている「置き勉禁止」。岐阜市立岐阜小学校の保護者が、校則を変えるため荷物の重量調査をしてほしいと学校に掛け合ったところ、校長が調査を待たずに「置き勉自由化」を即 …

入学式や入社式が「一斉」であるのは良いことなのか?

ほんとめんどくさいなあ! こういう儀式や形が日本人を不自由にしている気がします。 窮屈な原因がわかった。 こういうことってすべて支配する側の都合で決めたことです。 何歳だって、どこにいたっていいじゃな …

スポンサーリンク

スポンサーリンク