教育

みんな社会に溢れる「ひとつの正解」を求め、すべての子どもを「普通」にしようとしている

投稿日:14/09/2017 更新日:

進学して、就職して、結婚して、出産して、子育てして、出世して。
これが生きるってこと?
これが人としての「正解」?

みんなみんなこの「ひとつの正解」を求め、たった一本の道を走りたくもないのに走らされている。
ちょっとでも「正解」から外れると、負け組だのがんばりが足りないのだの揶揄される。それが怖くて必死になってたった一本の道から外れないように毎日無理してがんばっている。
みんなが違って当たり前なのに、100人いれば100通りの価値観や生き方があるのが当たり前なのに、道はいくらでもあるのに、ひとつの正解を通ることに安心感を求めている。

だから、子どもにも大人にもいろんなところで歪みが出てきている。
やりたくないのにやらされて、 走りたくもないのに走らされている。それってあなたの人生なの?自分を生きるってことなの?

他人に合わせなくたっていいんだよ。
集団に入らなくてもいいんだよ。
無理して走らなくてもいいんだよ。
あなたの行く道はひとつじゃないんだよ。
あなたの行く道はあなたが決めたらいいんだよ。
それが「正解」、あなたが決めたことが「正解」。
だから、もっと自分中心でいいんだよ。
がんばらなくていいんだよ。
自分の道をゆっくりと寄り道しながら歩いていけばいいんだよ。

みんなと同じであることを「教え込まれる」学校教育を受けたものは自己主張できません。
教員の授業研究会ですら自分の考えや意見を言えない教員が多いです。
いかにして逃げるかの方が優先しています。
その他の会合でも講師の話を聞くだけ、いや動員で会場に行くだけで完結し、そこからの議論はなし。
これならわざわざ会場に行く必要はなく、高い金払って講師を呼ばなくてもネットで配信したらいいんですよ。

社会に溢れる「ひとつの正解」が、子どもたちを自殺に追い込む

すべての子どもを「普通」にしようとしていませんか。パターンに当てはめようとしていませんか。
それがすべての間違いのはじまりなんです。
まずはそれに気づくことからスタートする必要があります。

「世間一般で言われる『普通でいること』が、障害特性のある子にとってどれだけ大変なのか。実際に学校に通わせてわかったことがたくさんあります」
発達障害のある児童が増える背景には、「早期発見」が加速化し、小学校の低学年までに診断されたり、何らかの支援を受けたりしている子どもが急速に増えているという側面がある。だが、学校の対応は追いついていない。
発達障害を抱える子どもたちは、小学校入学でまた壁にぶつかる。診断を受ける割合が増える一方、学校の支援態勢は不十分なケースも多い。教育現場、医療、親たちの手探りの状況が続いている。

「発達障害」は医療的な「障害名」の診断があるので「障害」と表現していますが、「発達特性」といったほうがピンときます。
しかも、その特性がその人の全人格を決めているのではなく、ごく一部の状態を指しているだけで、プラスでもマイナスでもありません。
「障害者の○○さん」ではなく、「○○さんはこういう特性がある」というのが正しい表現です。
さらにその「障害」「特性」を「みんなとおなじように普通にする」必要はなく、治療して治るものでもないし治す必要もありません。
特性はそのままでいいし、その特性とうまくつきあって自分らしく過ごしていくことが一番大切です。
だから、障害者だからその仕事を当てはめたり支援学級に押し込んだりするのではなく、その人の特性を活かすためにこんな学び方やこんな仕事が向いているという環境作りが必要です。
他人と比べて優劣をつけて見るからマイナスイメージやプラスイメージを持ってしまうのですが、他人は他人、自分は自分なのですから、自分らしさを発揮できればそれでいいんですよ。

支援学級・学校へ押し出される発達障害の子たち

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

全国の自治体で教員の 奪い合いによってますます教育格差が拡大か

これも公教育の制度疲労が現実となって表れたことのひとつです。 学校の仕事は増え続ける一方で、正規教員の数は減り続け、正式な教員免許を持たない非常勤教員を確保しています。 働き方改革で長時間勤務を減らす …

明日の始業式に担任がいないクラスがあるのですが

「明日の始業式に担任がいないクラスがあるのですが・・・」 このような事態は全国的に発生しています。 鳥取県でも同じようなことが起きていて中学校や高校の免許状しかない者に「小学校の臨時免許状」を与えたり …

教育現場でICTを活用しないほうがリスクになる

文部科学省が推進しようとしているICT教育とは、インターネットを使って情報活用能力を育成し、協働型・双方向型の授業革新を進めるものです。 教育現場でICTを活用しないほうがリスクになる時代になっていき …

不登校を生まない組織的対応のシステム作りが全県的にどこまで進んでいるのでしょうか?

平成29年度第2回いじめ・不登校対策本部会議概要には「新規不登校を生まない取り組み」について、2つ目の項目に「支援会議を核にした組織的対応のシステム作りについて」 ・子どもの実態把握と支援の方向性の共 …

不登校に苦しむお母さんと子どもたちへ

子ども自身の希望、親御さんの願いと学校の教育目標にずれがあるとは思いません。 みんなが子どもの未来を考えて動いているのですが、両者には溝が生じているのも事実です。 親と学校、教委が対立すればするほど子 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク