教育

みんな社会に溢れる「ひとつの正解」を求め、すべての子どもを「普通」にしようとしている

投稿日:14/09/2017 更新日:

進学して、就職して、結婚して、出産して、子育てして、出世して。
これが生きるってこと?
これが人としての「正解」?

みんなみんなこの「ひとつの正解」を求め、たった一本の道を走りたくもないのに走らされている。
ちょっとでも「正解」から外れると、負け組だのがんばりが足りないのだの揶揄される。それが怖くて必死になってたった一本の道から外れないように毎日無理してがんばっている。
みんなが違って当たり前なのに、100人いれば100通りの価値観や生き方があるのが当たり前なのに、道はいくらでもあるのに、ひとつの正解を通ることに安心感を求めている。

だから、子どもにも大人にもいろんなところで歪みが出てきている。
やりたくないのにやらされて、 走りたくもないのに走らされている。それってあなたの人生なの?自分を生きるってことなの?

他人に合わせなくたっていいんだよ。
集団に入らなくてもいいんだよ。
無理して走らなくてもいいんだよ。
あなたの行く道はひとつじゃないんだよ。
あなたの行く道はあなたが決めたらいいんだよ。
それが「正解」、あなたが決めたことが「正解」。
だから、もっと自分中心でいいんだよ。
がんばらなくていいんだよ。
自分の道をゆっくりと寄り道しながら歩いていけばいいんだよ。

みんなと同じであることを「教え込まれる」学校教育を受けたものは自己主張できません。
教員の授業研究会ですら自分の考えや意見を言えない教員が多いです。
いかにして逃げるかの方が優先しています。
その他の会合でも講師の話を聞くだけ、いや動員で会場に行くだけで完結し、そこからの議論はなし。
これならわざわざ会場に行く必要はなく、高い金払って講師を呼ばなくてもネットで配信したらいいんですよ。

社会に溢れる「ひとつの正解」が、子どもたちを自殺に追い込む

すべての子どもを「普通」にしようとしていませんか。パターンに当てはめようとしていませんか。
それがすべての間違いのはじまりなんです。
まずはそれに気づくことからスタートする必要があります。

「世間一般で言われる『普通でいること』が、障害特性のある子にとってどれだけ大変なのか。実際に学校に通わせてわかったことがたくさんあります」
発達障害のある児童が増える背景には、「早期発見」が加速化し、小学校の低学年までに診断されたり、何らかの支援を受けたりしている子どもが急速に増えているという側面がある。だが、学校の対応は追いついていない。
発達障害を抱える子どもたちは、小学校入学でまた壁にぶつかる。診断を受ける割合が増える一方、学校の支援態勢は不十分なケースも多い。教育現場、医療、親たちの手探りの状況が続いている。

「発達障害」は医療的な「障害名」の診断があるので「障害」と表現していますが、「発達特性」といったほうがピンときます。
しかも、その特性がその人の全人格を決めているのではなく、ごく一部の状態を指しているだけで、プラスでもマイナスでもありません。
「障害者の○○さん」ではなく、「○○さんはこういう特性がある」というのが正しい表現です。
さらにその「障害」「特性」を「みんなとおなじように普通にする」必要はなく、治療して治るものでもないし治す必要もありません。
特性はそのままでいいし、その特性とうまくつきあって自分らしく過ごしていくことが一番大切です。
だから、障害者だからその仕事を当てはめたり支援学級に押し込んだりするのではなく、その人の特性を活かすためにこんな学び方やこんな仕事が向いているという環境作りが必要です。
他人と比べて優劣をつけて見るからマイナスイメージやプラスイメージを持ってしまうのですが、他人は他人、自分は自分なのですから、自分らしさを発揮できればそれでいいんですよ。

支援学級・学校へ押し出される発達障害の子たち

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

8月29日(水)NHK『いろドリ』で不登校体験者と保護者のインタビューを放送

NHKの夕方のニュースの中で、8月19日に琴浦町で行った「不登校は不幸じゃない」の様子、不登校体験者と保護者のインタビューが放送されました。 放送では「無理して学校に行かなくてもいい」というメッセージ …

倉吉市の小学校適正配置の目的は「子どもたちにとってより良い教育環境を作る」こと

今月初めに市報といっしょに「倉吉市の小学校適正配置推進の現状と課題」という資料が各戸に配布されました。 小学校を減らすことは、子どもにとってもデメリットしかありませんや「倉吉市立小・中学校の適正配置」 …

不登校児童生徒への支援の在り方を「通知」で終わらせないために

・児童生徒が不登校になってからの事後的な取組だけでなく,児童生徒が不登校にならない,魅力ある学校づくりを目指すことが重要である ・不登校とは、多様な要因・背景により、結果として不登校状態になっていると …

プログラミング学習を「学び」と考えるか「遊び」と見るかで取り組み方は大きく違う

2020年の小学校でのプログラミング必修化に向けて、教員がプログラミング学習をすそのときにることは可能なのかということがよく取り上げられるようになった。 さらに、どんなツールをどのように使えば良いのか …

いじめ撲滅プロジェクト「BE A HERO」を知っていますか

子どもの発達科学研究所がいじめ撲滅プロジェクト「BE A HERO」、いじめ予防プログラム「TRIPLE-CHANGE」というのをやっています。 対話型のデジタル教材「すらら」など、いろいろな取り組み …

スポンサーリンク

スポンサーリンク