教育 暮らし

鳥取市でも新型コロナウイルスの感染者が発生したが学校は継続

投稿日:12/04/2020 更新日:

鳥取市でコロナウイルス感染者が発生したために鳥取県内、鳥取市内の学校開放施設の利用は中止になっていますが、現段階では学校は休校にはしないようですね。
鳥取市で発生したコロナウイルス感染症患者の濃厚接触者の検査結果が「陰性だった」ということですが、それまでの行動の経緯やその後の経過状況も知りたいです。
安心したという声もありますが、「陰性だった」ということは「感染ルートが不明」であるということで、私は余計に怖いと感じました。今後の調査で分かってくることもあると思いますが、いつだれが感染してもおかしくない、感染させてもおかしくない状態であると考えています。
他県の例では感染症患者が出た場合、検査人数が急増し、陽性の人が次々増えています。
市長のいう「感染がまん延している状況ではない」、だから安心だとは誰も考えていないと思いますが、その根拠も詳しく知りたいです。
知事から「コロナ疎開に苦言」という発言がありましたが、その点も徹底して防止に努めてもらいたいと思います。

ここ数日は正確な情報が届かないで、SNSなどで不確かな情報が飛び交っていることがますます県民の不安を大きくしていると感じています。
プライバシーの問題や諸事情もあると思いますが、迅速で正確な情報提供、可能な限りの情報公開をしてもらいたいと思います。テレビや新聞などの報道機関を通じての情報ではなく、行政機関から直接情報を届けてほしいと思います。

報道特別番組「新型コロナウイルス 平井知事からのメッセージ」
新型コロナウイルスの感染者が発生した鳥取県。
不安が広がる中、平井知事に鳥取県の対応や対策について、中海テレビ放送のインタビュー映像です。

「ついに鳥取でも…」砂像制作の外国人から感染の可能性(読売新聞)

鳥取県新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト

鳥取市新型コロナウイルス関連

学校継続は適切な対応なのか疑問

鳥取市でも新型コロナウイルスの感染者が発生したために、県内各所の公的機関や施設は閉館しています。
それでも学校は継続という対応、ほんとうにこのままでいいのでしょうか。
感染者がいないのではなく、感染「確認」者がいないだけなのではとも思います。

「コロナ疎開」に苦言、鳥取県知事

新型コロナ検査可能数

新型コロナウイルス対策ダッシュボード

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育, 暮らし

執筆者:

関連記事

不登校対策で重要なことは「不登校の本質」の理解と教育予算の増加

不登校調査をすることは意味がないことはないのですが、調査のための調査に終わっては意味がないのです。 文科省も教育委員会も学校も調査やアンケート、その報告だけが目的でやっているのでは何の意味もありません …

これからの社会に望まれる合理的配慮

ある子に他の子とちがうことをすると、日本の学校では「ずるい」という声があがります。 日本の学校では、一人に違うことをしようとすると、「えこひいき」と言われます。 アメリカの小学校でのインクルーシブ教育 …

知的障害や発達障害のある子どもの二次障害を防ぐためにできること

親や園や学校が気づいたときに、子どものうちから知的障害の診断を受けることはもちろん大事です。 しかし、それ以上に大事なことは、診断後の対応の仕方です。 知的障害や発達障害のある子どもに対する周囲の不適 …

「こども保険」の前に「子供子育て拠出金」を徴収されている

小泉進次郎氏らが3月に創設を提言した「子育て世代の負担を軽減」するという「こども保険」。 実は、すでに「子供子育て拠出金」を徴収されていることを知っている人はどれだけいるでしょうか? 「 子ども・子育 …

鳥取県内の不登校やひきこもりの親の会へどうぞ

鳥取県内にも鳥取、倉吉、琴浦、米子と各地に親の会があります。 私もどれにも参加させていただいていますが、みなさんが本音で語り合う中でホッとした時間を共有しています。 親の会は、不登校を体験した当事者や …

スポンサーリンク

スポンサーリンク