教育

私は学校を創造性と個性の殺害、及び知性の虐待の罪で告訴します

投稿日:07/03/2017 更新日:

「私は学校システムを告訴します」
私もまったく同感、まったく同じ考えです。
こんなに明解な説明には感動します。

「教員の常識は、社会の非常識」そうなるのも当たり前の世界が学校というところにも書きましたが、「学校」という狭い狭い空間で、たったひとつだけの「ものさし」で人を評価していることの愚かさにみなさんが目を覚ましましょう。
たった1枚のペーパーテストで将来が決まるはずがないのです。
私たちには、学校を変える義務も権利もあるのです。
この動画、多くの人に見て欲しいです。

アインシュタインはこう言った。
「すべての人に天賦の才がある。しかし もし魚が木登りの能力で評価されたとしたら、その魚は 自分のことを無能だと思い込んで一生を終えるだろう」

子どもたちは 私たちの未来の全て=100%。
彼らの夢のために 力を尽くしましょう。私たちに限界などないから。
魚に木登りを強要されない世界を。

いじめをなくすためにできることはたったひとつしかありませんに書きましたが、さかなくんもこう言っています。
「魚はせまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始める。」
いじめを産む構造をもっているのが、学校制度、学校システムそのものです。
一人ひとりが特性が違うのだから、それに応じた環境が必要なのは当たり前なんです。
しかし、学校制度、学校システムはそれを認めていません。「みんなちがって みんないい」と多くの学校に掲示してありますが、みんながちがうと困るのが学校というところです。個性よりも協調性、個人よりも組織を重視する場所が学校というところです。
この動画はそれを分かりやすく伝えています。

私は学校システムを告訴します

この動画、まったく同感です。
今の学校システムの欠陥をずばり指摘しています。
わずか6分の動画ですが、素晴らしい内容です。

「何百万人の人をロボットのように扱ってご満悦ですか?」
「どれほど多くの生徒たちが自分は魚と同じだと感じているでしょう?」
「私は学校を創造性と個性の殺害、及び知性の虐待の罪で告訴します。」
「彼らは標準化テストに取りつかれていて、選択問題で成功が決まると思っている。」

この動画は私の思いとぴったり重なったので取り上げました。
学校からも社会からも「みんなと同じように」を求められ「みんなと同じように」できない人は他者からも自分自身でも自分を苦しめている現実があります。私はこれを「学校宗教の信仰」と呼んでいます。
これはまるで人間が食べるために飼いならされているもの言えぬ家畜のようです。
でも、こんなこと大間違いです!
誰でもが自分の人生を自由に生きる権利を持っています。

以下、動画をご覧ください。

Prince Ea 「学校システムを告訴する」I JUST SUED THE SCHOOL SYSTEM

【衝撃】学校の教育制度における5つの問題点

ハドソンバレー・サドベリースクールの学校紹介動画

学ぶとは自由であること
遊ぶとは自由であること
生きるとは自由であること
自分のことは自分で決められること
学び方も遊び方も生き方も自由に決められること
「学校」という枠にはめる概念すら必要ないのです。

「学校システムを告訴する」って、この言葉だけ聞くと過激な印象を受けるかもしれないけど、いかに今の学校システムが子どもを真ん中に置いていないか、子どもの権利を大切にしていないかということです。
いかに当たり前の教育が学校現場で行われていないかということです。
告訴しているのは子どもたちです。

これを学校宗教、学校信仰と呼びます。

では、学校信仰をやめる方法はないのか?

多くの人はこれに気づいています。
変なシステムだと気づいていますが、それに乗っかることで安心感を得ていることも確かです。

だから、システムを変えるためには人々の意識を変えること行動を変えることが必要です。
その先頭に立っているのが「不登校宣言」をした子どもたちです。
彼らは学校のシステムを変えられるリーダーになっていきます。
すべての子どもたちの未来のために、いっしょに考えましょう。いっしょに変えていきましょう。
この思いを次世代にバトンでつなぐのが私のライフワークです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

発達障害は治すことはできないが二次症状(二次障害)を防ぐことはできる

私も児童精神科医の吉川徹医師と平田さんの考え方には同感です。 「発達障害を根治するために必ず医療を受診しなければならない、という状況ではない」 「医師免許さえあれば、児童の発達に係わる見識が全くなくと …

学校へ行けない人はなぜ増えた?20年間変わらない「孤立感」

解決されるべきは「不登校をした本人」ではなく「不登校で孤立感を感じざるを得ない社会」の側。 そのためには「学校からの非常口」が整備されるべき。 「不登校をした人の生きてきた姿」や「学校の非常口から出て …

「勉強しない子」「やる気のない子」は変われます

一番大切なことは「やる楽しさ」があるかどうか。 親や教員がただ「やりなさい」というのは全く逆効果です。これは特に教員の場合は責任放棄の言葉かけです。 知る楽しさ、わかる楽しさ、できる楽しさがなければ、 …

「見えないからこそ大変なんだよね」の考え方で救われる発達障害の人たち

障害者差別解消法は、障害者のためだけの法律ではありません。 すべての人が暮らしやすい社会を作っていくことがねらいです。 ・どんなことが障害者差別になるのか ・不当な障害者差別の具体例 ・合理的配慮の具 …

第1回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい、ありがとうございました

12月1日、多くの方々のお陰で第1回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどいを開催することができ、定員を超えた130名の参加者がありました。 師走とはいえ暖かい日となり、会場内は暖房を使用するこ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク