教育

小学校入学前に「がまんすること」がしっかりできるようにって?

投稿日:

ある小学校で、就学時検診の時、入学説明書にこんなことが書かれていました。

「あいさつ」と「話を聞くこと」と「がまんすること」がしっかりできるように、お家の人が手本を示してあげてください。

「がまんすることがしっかりできるように」って、はあ・・・??
こんなこと、絶対無理に決まってるでしょ。

何をそんなに我慢する必要があるのですか?
我慢しなければならないところが学校というところなんですか。

「お家の人がお手本を」って、無理、無理、できるはずないですよ。

教員が「がまんすることは子どもによかれ」と信じ込まされて(思い込んで)、こんなことが就学時検診の時に話されているのですから、学校って怖い、怖い。

就学時検診って、徴兵検査ですか?
「児童生徒のためを思ってやっている」という意識を”善意”だと思っていることが怖いです。

学校ってのは、それが「善意」だと思い込んでやっているところが、軍隊や刑務所よりひどいです。

軍隊や刑務所の方がまだ目的にかなった教育をしていると思います。

「子どものためを思ってやっている」という「がまん」の指導は教育ではなく、強制です。

それに気づいていないのは、どう考えてもおかしいでしょ。

もし気づいていたとしても「自分のやっていることは正しいのだ」と教員自らに言い聞かせているだけです。

「規則は規則です。だから守りなさい。」
「みんながやっているんだから、あんたもやりなさい!」

と、そういうしかないんです。

誰もが納得できる正当な説明ができないからなんです。

そう思い込むことでしか自分たちの立場を維持できなくなることが怖いんです。

教員は、こんなことを本気で思っているんですかね。

彼らは、がんじがらめの規則を守らせるために必死なんですよ。

恐ろしい世界です。

夏休みや冬休み前に配られる「よいこのくらし」
中学校、高校の「生徒のきまり」
なんなのこれ?っていう内容で埋め尽くされています。

事細かいことにいちいち口出すなよっていいたいです。

ど~~~でもいいことをいちいち書く必要なんかありません。

これって、「学校にとって都合のいい子、扱いやすい子」、支配する側が「管理しやすい子」を作るためのものです。

決して、子どものためになるルールではありません。

「そんな学校行きたくな~い」というのが正常な子どもですよ。

不登校バンザイ!ですね。

教員の意識を変えなければ、子どもたちを守ることができません。

教員も上からの命令でそう思わされ、信じ込まされているのですから、保護者が教育委員会や教員を教育する必要もあります。

学校教育を正していかなければなりません。

がまんしなくてもいい学習、がまんしなくても楽しい学校生活が送れるようにするのが学校のやるべきことでしょう。

なんで、面白くもないことややりたくもないこと、意味不明なことを強制されて「がまん」しなくてはいけないのですか?
だから私はこれで学校を辞めました。
^^
まあ、別にそんな学校に行かなくてももっと楽しいことがあるのですから、無理して我慢して行くことはありません。

行きたい人は「がまん」していけばいいですけど、みんながそうあるべきだ、というのは間違ってますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校現場での理解に苦しむことを挙げればきりがない

子どもを職員室まで来させて、「はい、六の段言って」と、他の職員の前で大きな声で唱えさせる。 給食を食べきれなかった子どもを掃除時間やすっかり冷たくなったのを放課後まで残して食べさせる。 「もうやらない …

みんなの中に入って遊べないと「協調性がない」という視点で問題なのか?

「みんなと仲良く一緒に遊びなさい」と担任の先生より「協調性がない」という視点で問題視されました。 息子は自分なりの関わり方を模索していた。 「できる」「やりたい」を尊重することで、欠如しているように見 …

「できる、できない」ではなく「学習するって楽しい」って感じることの方が大切

今の学校の勉強は、みんなに同じことをさせて勉強を嫌いになる子どもを育てているような気がします。 苦手なことを何度も何度もやらせることは、それができるようになるどころか、どんどん嫌いにさせていきます。 …

小学校の英語導入は反対 弊害の方が大きい

英語早期教育の弊害が上がっています。 私も英語早期教育には反対です。 まずはちゃんとした母国語である日本語の取得が大事で、英語教育はあとからやったらいいと考えています。 これは、英語ビジネスのしたかた …

ぴっかりさんの子育て相談室がリニューアルオープン

ぴっかりさん HPのリニューアルオープンおめでとうございます! ぜひ多くの方に知っていただきたいです。 もう13年前のことになりますが、ぴっかりさんのことを知って、すぐに会いたくなり千葉まで行って話を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク