社会問題

日本に1両しかない全地形対応車「レッドサラマンダー」被災地に出動!

投稿日:08/07/2017 更新日:

これ、防衛予算で買って各地に配備すべきです。

レッドサラマンダーの価格は1億1000万円、40m級のはしご消防車の価格は1億7000万円程度だそうです。
レッドサラマンダーは日本に1台しか配備されていないので、高いのかなと思っていたのですが、はしご車より安いんです。
これは価格の問題というよりも、意識の差だといえますね。
防衛省は30年度までの中期防衛力整備計画(中期防)で、オスプレイを17機導入する方針を示しています。
このうち5機は27年度予算で、28年度は4機購入しています。
購入価格は1機あたり100億円なので、レッドサラマンダーが100台近く買えますから、それだけでも各都道府県に1~2台配備できる計算です。

日本に1両しかない全地形対応車「レッドサラマンダー」被災地に出動! 荒れ地、津波浸水地も走行、救援活動に期待

レッドサラマンダーはこれまでは一度も出動実績はなく、「宝の持ち腐れ」と揶揄する声もあったそうです。
現実としては防衛省ではなく消防庁の予算からになるのですが、火災に備える消防車と同等に、これだけ災害の多い国の備えとしては必要でじゃないでしょうか。
少なくとも100億円もするオスプレイなんかに使うより、よっぽど国民のためになりますよ。
鳥取県は昨年は中部地震、今年は2度の大雪で暮らしに大きな影響が出ましたが、災害が起こるたびに備えの大切さをいうのであれば、しっかり予算をつけて対策を講じておくべきです。

オスプレイなんか要らないからレッドサラマンダーを買うべきですよ。

陸自オスプレイ、28年度は4機取得 12機一括調達を見送り 防衛費は初の5兆円突破

ちなみにタカラトミー公式トミカでレッドサラマンダーが販売されています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

大人のひきこもりの問題の本質とは何か?

大人のひきこもりの本質とは何か? 「自分の話したことが相手に通じて、受け止めてくれる人がいる。自分の窮状を訴えて、レスポンスをきちんと得られる場が、当事者には必要です」 「いろいろな場に出かけ、発言し …

「バカな親がバカなことを…」で済ませてはいけない!

メディアで児童虐待の報道が流れると、 「なんて親なんだ!」 「自分の子どもをこんな酷い目にあわせるとは!」 と多くの人は考えています。 倉吉でも昨年同様の事件が起こっています。 そのニュースを見たとき …

感染予防効果も意味もない緊急事態宣言は今すぐ解除すべきである

季節性インフルエンザも例年だと今がピークで3月には減少傾向になる。 (今シーズンはインフルエンザ感染が少ない理由はまたあとで書きます) 新型コロナもほっといても3月には減少傾向になると思う。もしかした …

福井県池田中学校2年の男子生徒は自殺ではなく学校による殺人事件です

自殺した生徒はこうした指導などについての不満を家族に相談。家族から事情を訴えられた担任は、対応を約束したが、適切な対応を取らず、副担任と叱責を繰り返したという。 こんなことが学校現場で日常化している。 …

なぜ、結果を出しても給料は上がらないのか

なぜ、結果を出しても給料は上がらないのか? あなたは自分の給料がどうやって決まっているかを知っていますか? 実際、即答できる人は少ないだろうと思います。 今回は3つの仮説を立て、それを検証してみましょ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク