教育

鳥取らくだカンファレンス2nd 今年はもっとすごいのやるぞ!

投稿日:14/09/2018 更新日:

いよいよ「らくだカンファレンス2nd」が1か月後となりました。

前も書いたけど、誰もやっとらん、どこもやっとらんけ価値があるだで。
他でやっとることと同じことしてもつまらんけえ。
だけえ、いっぺん来てみないな。
今年は去年よりもっとスゴいのやるけえなあ。
ええ席ははようなあなるけ、申し込みしといた方がええで。
全部タダで入れるで。
10月7日に倉吉未来中心だで。

鳥取県内の学校でも分身ロボット『OriHime』(オリヒメ)が導入されています。
このオリヒメが10月7日(土)に倉吉未来中心で行われる「鳥取らくだカンファレンス」にやって来ます。
実際に目の前でオリヒメの動きや映像も見ることができます。
多くの人たちにオリヒメを知っていただくことが学校でのオリヒメ活用につながっていきます。
この他にもいろいろな支援機器の展示や特別支援教育に関する研修会など盛りだくさんの内部です。
参加無料で当日参加もできますが、研修会と分科会は事前申し込みが必要ですのでお早めに申し込んでください。
みなさんのお越しをお待ちしています。

昨年1stの様子はこちらをご覧ください。
鳥取らくだカンファレンス1st 大成功で終了!次回はもう始まっている

● みなさんにお願い
このイベントは行政主催ではなく、有志が無償ボランティアで資金集めから企画、運営をおこなっています。そして、多くの方に参加してもらいたいので参加費無料で行っています。
実は、この活動運営資金の確保に大変苦労しています。開催1か月前となりましたが、その開催資金がまだまだ不足しています。
そこで、現在みなさんからの寄付金を募っています。みなさんのご協力をお願いします。

● 作品展示、作品販売を募集中
鳥取県内にある障害者事業所、特別支援学校、障害者団体などの活動紹介や作品展示、作品販売を募集しています。
展示も出店も費用は無料です。
なお、展示スペースに限りがありますので、先着順とさせていただきます。
寄付金と展示、販売について知り合いの方に声をかけてもらえるとありがたいです。

オリヒメについてはこちら
鳥取県でも分身ロボット『OriHime』が導入されていますが課題は山積みです

鳥取らくだカンファレンスのチラシをダウンロードする

鳥取らくだカンファレンスについて詳しくはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

菊池桃子「PTAは重荷」発言の菊池桃子 PTAはなくしてみたら?

任意加入の組織の在り方が形式だけの活動になっていることを根本から見直す必要があります。 やってもやらなくてもいい、どうでもいい会議や誰も望んでいない行事をするための組織では誰もやる気はしません。 そも …

「不登校を許さない社会」が子どもたちを追い詰めた

フリースクールへ通っているのは、学校へ行っていない子どものうちのごく少数。 1つ目は、フリースクールの数が足りない。 2つ目のハードルは経済的な理由。 3つ目は、心理面のハードル。 学校へ行くのはハー …

教員にとっての「いい子」国家にとって「都合のいい子」が評価される道徳教科に?

新指導要領では道徳が「教科」化されて、担任が評価することになります。 どのような評価基準で評価するのかわかりませんが、担任の評価を気にする道徳の学習ではなんの意味もありません。 ちなみに、私たちが中学 …

通常学級か支援学級か?個別の支援計画は誰が作るのか?

ある親の会で出会ったお母さんからこんな相談を受けました。 「今子どもは年長で、発達障害の診断を受けています。来年度から小学校に行くのですが、入学前から不安を感じています。 そこで、地域の小学校だけでな …

読み書き支援に有効なビジョントレーニングとは?

「読むのが苦手」 「書くのが苦手」 「どうしてできないんだ」 「ぼくはダメな子だ」 できない、分からないことで一番苦しんでいるのは子ども本人です。 そのことが理解できないまま 「がんばればできる」 「 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク