教育

鳥取らくだカンファレンス2nd 今年はもっとすごいのやるぞ!

投稿日:14/09/2018 更新日:

いよいよ「らくだカンファレンス2nd」が1か月後となりました。

前も書いたけど、誰もやっとらん、どこもやっとらんけ価値があるだで。
他でやっとることと同じことしてもつまらんけえ。
だけえ、いっぺん来てみないな。
今年は去年よりもっとスゴいのやるけえなあ。
ええ席ははようなあなるけ、申し込みしといた方がええで。
全部タダで入れるで。
10月7日に倉吉未来中心だで。

鳥取県内の学校でも分身ロボット『OriHime』(オリヒメ)が導入されています。
このオリヒメが10月7日(土)に倉吉未来中心で行われる「鳥取らくだカンファレンス」にやって来ます。
実際に目の前でオリヒメの動きや映像も見ることができます。
多くの人たちにオリヒメを知っていただくことが学校でのオリヒメ活用につながっていきます。
この他にもいろいろな支援機器の展示や特別支援教育に関する研修会など盛りだくさんの内部です。
参加無料で当日参加もできますが、研修会と分科会は事前申し込みが必要ですのでお早めに申し込んでください。
みなさんのお越しをお待ちしています。

昨年1stの様子はこちらをご覧ください。
鳥取らくだカンファレンス1st 大成功で終了!次回はもう始まっている

● みなさんにお願い
このイベントは行政主催ではなく、有志が無償ボランティアで資金集めから企画、運営をおこなっています。そして、多くの方に参加してもらいたいので参加費無料で行っています。
実は、この活動運営資金の確保に大変苦労しています。開催1か月前となりましたが、その開催資金がまだまだ不足しています。
そこで、現在みなさんからの寄付金を募っています。みなさんのご協力をお願いします。

● 作品展示、作品販売を募集中
鳥取県内にある障害者事業所、特別支援学校、障害者団体などの活動紹介や作品展示、作品販売を募集しています。
展示も出店も費用は無料です。
なお、展示スペースに限りがありますので、先着順とさせていただきます。
寄付金と展示、販売について知り合いの方に声をかけてもらえるとありがたいです。

オリヒメについてはこちら
鳥取県でも分身ロボット『OriHime』が導入されていますが課題は山積みです

鳥取らくだカンファレンスのチラシをダウンロードする

鳥取らくだカンファレンスについて詳しくはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「第1回子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい」第4回実行委員会のご案内

私たちは大人の責任を果たしているでしょうか。 鳥取県民のつどいでは「子どもの居場所」「普通教育の保障」についても語り合います。参加者が本気、本音で語り合います。 学校に行っている子も行っていない子も、 …

夏休みの終わりに子どもを死なせないために「学校の息苦しさこそ変えるべき」

学校がしんどい子は無理して行かなくてもいい。 でも「学校には行かなくてもいい」というだけでは無責任です。 じゃあ学校に行かない子どもはどこで過ごせばいいのか? 親が仕事を休んで子どもといっしょに家で過 …

鳥取県の特別支援教育と個別の教育支援計画について

昨日は不登校の親の会「鳥取タンポポの会」の9月例会でした。 初めて参加された保護者の方もあり、近況報告やいろいろなことを情報交換しました。 話題がどんどん広がり、予定した時間を超えて会が終了したあとも …

教員を悩ませる「教科化された道徳」で公平な教え方はこれしかない?

道徳は大人の価値観を押し付けるものではありません。 児童生徒が「自主的」に考え、意見し、互いの意見を「聞き合う」ことそのものが目的です。 その前提として、道徳を扱う大人たちがが「自主的」に考え、意見し …

鳥取県教員採用試験で英語の能力だけに加点するというのはいかがなものか?

今日の日本海新聞に出ていましたが、やってくれますねえ、鳥取県教委。 来年度の教員採用試験において英語資格者に対する加点制度を拡大することを決めました。 2017年度は英検などの資格をもっている受験者に …

スポンサーリンク

スポンサーリンク