教育

スクラッチを使ったプログラミング教室に参加しました

投稿日:02/08/2017 更新日:

今日はスクラッチを使ったプログラミング教室に行って来ました。
初めてでも1時間もあれば、ちょっとしたゲームが作れます。
いろいろなパーツを組み合わせてキャラクターを動かしてゲームを作っていく、遊び感覚で思考力、想像力、論理的思考、アイディアなど、様々な力を伸ばすことができると思いました。
友だちのゲームで遊びながらさらにスキルアップできる楽しさもあります。
命令パーツを読めないといけませんが、小学校一年生くらいから、遊びながら言語能力も身に付くと思います。
また8日にも行く予定です。
自分の作ったゲームを自由研究にできるので、夏休みにもおすすめですよ。

プログラミングって何?プログラミングでどんなことができるの?
という人は、こちらの「子ども向けプログラミング教材」をやってみてください。
とにかく、サイトにアクセスしていろいろつついてみるだけで分かります。
ネットにつながったパソコンでマウスを動かすことができたらだれでもできます。

学校でも難しく考えないで子どもたちが楽しめたらそれでOKです

プログラミング教育の学校への導入で一番ネックになっているのが、時間の確保と指導者の養成です。
それを説得するためにこのような記事があるのですが、「これ、面白そう!」と思う教員であればできます。
教科書の勉強よりもよっぽど学力が身に付くので、特設時間を確保しなくても、国語や算数の時間を使ってやってもいいです。
学校で一番問われるのが、教育的効果です。
「それをやったらどのような学力が身に付くのか?」ということです。
それを決めるのは、学校側ではなく子ども自身です。
子どもたちが「分かった、できた、楽しかった、もっとやってみたい!」と感じたら、それは「教育的効果がある」ということです。
そんな学習内容や教材を考え、創りだすのがプロの教員です。

先生に読んでほしい~中学高校でプログラミング教育が必要な理由

どこが面白いのか、何が身に付くのか実際にやってみると分かります。
21世紀の松下村塾でも子供向けのプログラミング学習を始めます。

プログラミング教育で何をする?何が身に付く? 保護者の疑問を解決

このサイトの作り方が面白い。
『ルビィのぼうけん』特設サイト

NHK スクラッチをはじめよう

スクラッチの無料登録はこちら

スモウルビー・プログラミング甲子園

夏休みの自由研究として 、小6男子が3日間で作った自作シューティングゲーム

実際に遊べます。

9歳が作ったスクラッチ マリオ

アクシス スクラッチを使ったプログラミング教室

グリコが作ったプログラミング用アプリ

これも面白そう。
1.ポッキーを並べる
2.カメラで読み込む
3.プログラムを実行
すると、ポッキーの命令どおりにキャラクターが動きます。
最後のステップで、ポッキーを食べるというのがいい。
さすがグリコ、うまく作ってますね。
ポッキーチョコレート以外、他者のおかしだとどうなるのだろう?

GLICODE®(グリコード)

STEM・プログラミング特集

リセマム プログラミング教育

遊びながら学ぶと考える力が身につく

これからは「遊びながら学ぶ」がキーワードです。
PROCK

トライビットラン

プログル

「Yahoo!きっず」の学習コーナーに「プログラミング」が追加してありました。今のところ、Hour of CodeとScratchの紹介がしてあります。

NHK for School「Why!?プログラミング」

総務省のプログラミング教育の普及推進Webサイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

不登校の目的、学校へ行かないことの是非は「本人はどうなのか」で考えること

私も大池さんとまったく同意見です。 そして、アドラー心理学の考え方での「不登校の目的」についての考察が分かりやすいです。 「不登校対策」は、これまでも今も支援者が目標を定めて「させたがる」支援ばかりし …

彼らは誰のため、何のために教員をやっているのでしょうか?

部活動中の事故やいじめなどが原因で死亡・負傷した児童生徒の保護者ら41人についての調査結果です。 「学校側の事後対応についてどうだったか?」という質問に対して 民間団体「全国学校事故・事件を語る会」が …

「いい子」からいかに脱するか 自由であれ!

いい子になるな! いい人になるな! 自己主張せよ! 組織に染まるな! ぶつかることを恐れるな! 自由であれ! 「いい子」からいかに脱するかが鍵、色々なことに挑戦し「考える学生」に。 よく「あの先生とこ …

「障害者差別解消法」を前向きに考える

2016年度から施行される「障害者差別解消法」によって、公立学校には障害がある子どもたちへの「合理的配慮」の提供が義務付けられます。 しかし、現在でも教員は多忙で疲れ切っているというのも事実で、これ以 …

「合理的配慮」は誰もが過ごしやすい社会を構築していくことにつながる

・これまでも法律がなくても「合理的配慮」をやっている学校や教員はあった。 ・地域や学校、校長や担任によって認識の差や温度差が大きいというのが現実。 「学校は変わらない」と嘆くだけでは子どもたちの学ぶ環 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク