健康

COVID19のPCR検査は科学的に無意味である

投稿日:18/09/2020 更新日:

科学的にも医学的にも根拠のない不確かな情報があたかも確かなものであるかのように思い込まされています。
「診断そのものに疑いがある」という根本的な間違いを正していく必要があると思います。
PCR検査の陽性=感染者ではありませんが、報道機関は、陽性=感染者として報道しています。
そして、陽性者=悪者でもありません。
しかし、自治体発表やメディア報道では、あたかも陽性者は犯罪者のような扱い方をしています。
さらに、陽性者(じゃないかもしれない)のプライバシー侵害まで行っています。
そして、その根拠としているデータは不確かなPCR検査です。

(以下、日本疫学会の特設サイトより抜粋)

・PCR検査は新型コロナウイルス感染症を完全には診断できていないのではないか?
・実際の感染者に対してPCR検査がどれほど正しく診断できているかについての正確性の計算がまだできていない。
・PCR検査は、ある程度のウイルス量があれば、ほぼ正確に診断できると言えるが、検体の取り方や場所、感染からの経過日数などによってその正確さは変わる。
・PCR検査がどれほど正しく診断できているかについての正確性の計算がまだできていない。
・PCR検査は一概に感度は何パーセントであると言い切れない。
・少ない量のウイルスしか検体に含まれていないとどんなに精度の高いPCR検査でもウイルスを見つけることができない。

日本疫学会 新型コロナウイルス感染予防対策についてのQ&A

このような確かな情報を報道しないために、偏見と差別がどんどん拡大しています。
本当に恐ろしい社会になったものです。
早く「コロナも流行り風邪と同じである」という発表をすべきだと思います。

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症に関する検査について

ウイルス感染の検出にはPCRは不適切である

PCRテクノロジーの発明者であるキャリー・マリスはウイルス感染の検出にはPCRは不適切であるとみなしていた。
2020年初頭に新たなコロナウイルスを発見したと主張する4つの基本的な論文の著者達は、何の証拠も無いことを認めている。

PCRテクノロジーの発明者であるキャリー・マリス自身が、そのようには考えなかったことだ。この発明によって彼は1993年のノーベル化学賞を得た。

残念なことに、キャリー・マリスは昨年74歳で死去している。しかし、これには疑いが無いが、この生化学者はウイルス感染の検出にはPCRは不適切であるとみなしていたのである。

その理由として、PCR使用の意図としてそうだったし、今もなのだが、製造技術として応用することだ、つまり、DNA配列を数百万、数十億に複製できる点である。ウイルス検出の診断ツールとしてではない。

COVID19のPCR検査は科学的に無意味である

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

日本でのコロナワクチン開発、治験など現実離れしている!

コロナの終息判断基準のひとつが、終息には“集団免疫”しかないこと、だから、コロナで自粛などしないで普通に生活を送ればいい。 もうひとつの終息判断基準がワクチン開発。 コロナワクチンができるまでは自粛生 …

退屈で窮屈な教室に閉じ込めるために子どもにクスリを服用させるのですか?

発達障害は治せないし、治す必要もありません。この記事の「治療」とか「治療薬」「用法用量」といった言葉がすごく気になった。 医者は、科学的根拠に基ずいた処方ができるのか? 自分の「勘」だけで適量を決めて …

日本赤十字社「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」が分かりやすい

今、世界中で新型コロナウイルスによる感染の拡大が続いています。日本全国に緊急事態宣言が発令されて、外出やイベントの自粛が続いています。それが長期に渡ることによってコロナの予防と経済活動の停滞をさせない …

適応障害も周囲の人が気長に回復を見守ること

適応障害もほかの精神科の疾患同様、周囲の人は気長に回復を見守ることが大切です。 適応障害は、その方が置かれた状況や出来事に対して非常につらいもの、耐え難いものを感じて、様々な情緒的、身体的な症状が現れ …

発達障害かも?と思ったときのチェックリストって信用できるのか?

このようなチェックリストが大ブームですが、あなたはどうですか? 当てはまる項目がありませんか? 「大人の発達障害」を疑ったら試したい20のチェックリスト 最初にやっていただいたチェックリストは、半分以 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク