地域情報

お願いだから、頼むから鳥取に行かせてちょうだい!

投稿日:

鳥取の魅力って、砂丘や大山以外にもたくさんあります。

まずは、県民自らが「鳥取県大好き!」って思うことが大事だと思います。
県民がお宝に気づいていないことも多いんですよね。

あと、スタバやセブン、イオンなどで集客しなくたっていいんです。
結局は都会の資本で経営されるので、みんなそっちにもっていかれて鳥取県にはお金はたまりません。

スタバやセブンに行きたければ他県にいってもらえばいいんですよ。
そんなもん、なくても困ることはない。
逆にできたので、面白くなくなってます。

このように他県と同じようなものを持ってきたって、なんの魅力も感じませんよ。
鳥取は鳥取にあるからいいんです。
鳥取県民は、鳥取に住んでいるから素晴らしいんです。

鳥取に来なければ体験できないことや食べられないものがたくさんあるんですから、それを自慢にしてどんどん発信していけばいいんです。
規模は小さいけど、自分で農作物を生産したり、独自商品を作ったり、オリジナルのサービスを提供している人や店もあります。

そうすれば、
「お願いだから、鳥取に行かせてちょうだい!」
「こんないい県なんだから住んでもいいですか?]
って、向こうからやってきますよ。

そしたら、
「これは、他県には置いてありません。鳥取県人しか食べられないので、鳥取に住んでみない、働いてみない。」
ってなりませんかね?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

倉吉市民の意識、ニーズと行政の考え方とでギャップが大きい

倉吉市の抱えている課題を解決するには、どうすべきか? 倉吉市は、平成17年度から毎年意識調査を行っています。 平成22年度から今の質問事項に変わっています。 これまでの調査結果は、こちらで見ることがで …

6次産業化と販路開拓・拡大支援セミナーに参加

9月3日、「6次産業化と販路開拓・拡大支援セミナー」に参加してきました。 インターネット・SNSを活用して、売れるための仕組みやお客様を獲得・拡大するためのマーケティング手法について学べるということで …

地方創生に向けた若桜鉄道の山田和昭さんの挑戦

地方創生に向けた若桜鉄道の山田和昭さんの思いに共感します。 彼の挑戦を応援したいと思っています。 誰かがやらなければならない時、やれる人がやるしかないのです。 自分が楽しみ社会に貢献できるなら、自分も …

プログラミング教育が抱える課題、もっと気軽に考えたらいい

学習指導要領は学校教育における「目標」を定めたものであり、具体的にこの目標をどのように実現するのかは、教育現場の試行錯誤に委ねられます。これが、教育現場を大いに悩ませているようです。大阪電気通信大学工 …

他の自治体の真似をしたり予算を使って冊子を作ることが地方創生ではない

やる気のない地方創生会議、交付金争奪戦と無駄遣いが地方をダメにしている。 補助金を目的にした地方創生が地方の主体性を奪っています。地方創生なんかやめた方が本気になります。 自治体は「地方創生交付金」と …

スポンサーリンク

スポンサーリンク