テクノロジー

ディスレクシア音読指導に使えるアプリを紹介します

投稿日:17/11/2017 更新日:

昨日の保護者の会でディスレクシア音読指導アプリを教えてもらいました。
「ディスレクシア」は学習障害のひとつのタイプで、文字の読み書きに困難があり、学業不振や二次的な学校不適応などが生じます。
この単音指導プログラムは、鳥取大学ディスレクシア小枝研究室が作成した二段階方式音読指導の最初のステップである解読指導用のプログラムです。保護者の方がお子さんと一緒に「ひらがな」と「カタカナ」の発音と文字の関連付けを練習できるようにデザインされています。

iOS用はこちら
ディスレクシア音読指導アプリ 単音直音統合版

ディスレクシア音読指導アプリ・単語版 ビギナー

ディスレクシア音読指導アプリ・単語版 チャレンジャー

Android用はこちらです。

ディスレクシア音読指導アプリ 単音直音統合版

ディスレクシア音読指導アプリ・単語版 ビギナー

ディスレクシア音読指導アプリ・単語版 チャレンジャー

教員の時に半年間小枝先生の授業を受けに行っていたので、とても懐かしいです。

小枝達也研究室

鳥取大学地域学部附属子どもの発達・学習研究センター

国立成育医療研究センター

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-テクノロジー

執筆者:

関連記事

小保方晴子さんがホームページを開設

小保方晴子さんがホームページを開設し、STAP細胞の作成方法を公開しました。 「STAP HOPE PAGE」というサイトですが、全文英文なので読めません。 このホームページを翻訳サイトで日本語にして …

小保方さんvs科学版の「2ちゃんねる」の勝敗?

小保方さんの不備を指摘した告発サイトの実態 科学版の「2ちゃんねる」とも(STAP細胞)論文が発表された直後の2月、英文サイト『PubPeer(パブピアー)』上で画像の不正使用疑惑が出て、『どうもおか …

小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された?

「STAP現象」が存在した事が報告され、小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明されたらしいです。 「STAP細胞と全く同じ物ではないが、STAP現象とされる細胞の初期化は実在した」というもので、ST …

17歳の社長が一家に1台の木製ロボット「HACO」を開発中!

ここにもスゴイ人がいます。 17才の若者が「人間同士のように情報をやり取りできる端末を創る」と株式会社Yokiを設立してロボを開発。 話を聞くだけでもワクワクしてきます。 もっと知りたくなります。 も …

「OriHime」(オリヒメ)米子市立就将小学校では昨年2学期から活用

昨日の鳥取らくだカンファレンス実行委員会でも話題になったのですが、「OriHime」(オリヒメ)って知っていますか? オリヒメは、高さ約20センチのロボットで、ボタンひとつで腕や首を動かし意思を伝える …

スポンサーリンク

スポンサーリンク