教育

小二の男の子が書いた本「おこるとどれだけそんするか。?」

投稿日:28/11/2015 更新日:

親も教員もおこり過ぎています。

よくあるのが、いかりに任せて最後に「わかったわね。ごめんなさいでしょ!」と一方的に誘導して「ごめんなさい。」と言わせて納得している大人がいます。

悪いことをしたら、そんなこと言われなくても、怒られなくても子ども本人が一番分かっていますよね。

”この本はちょっとでも子どもをりかいしてもらうための本です。

まちがって子どものみかたの本と思わないでください。”

という締めくくりが素晴らしいですね。

大竹智也さんは、元フリーターで現在はラングリッチというオンライン英会話スクールの代表を務めておられます。

Web関連の書籍も出しておられますよ。

日本の教育や就労についても問題提起や提案をするなど、自ら発信して行動しておられます。

小学生のころから問題意識を持っておられたことも今につながっているのでしょうね。

小二の男の子が書いた本「おこるとどれだけそんするか?」

https://conobie.jp/article/4451

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

誰もが同じことを同じ時間で勉強するような仕組みって変だよ!

教育の目的とは、本質とは何か? 何のために学校があるのか、すべての子どもたちが何のために学校に行かなければならないのか とても考えさせられます。 組み立てラインの教育制度 という翻訳記事ですが、他の記 …

このままでは、2020年には子どもの「学力格差」はもっと拡大していく

今の日本の学校システムの中で、社会システムの中で、教員も児童生徒もどれだけ自己主張ができているでしょうか? 現実の政治や社会のあり方を批判的に学び考え、自身の意見を表明できる人がどれだけいるでしょうか …

児童虐待への対応、行政職員は丸腰 スキル磨けぬ仕組みが問題

今、この瞬間も子どもたちは苦しんでいるのに ・国の施策は穴だらけで肝心なところは現場任せ ・虐待にきちんと対応できない構造的な問題を ・児相は人手が足りず、専門性もない ・児相を国の機関にし、児童福祉 …

11月のピカたまの会に参加して発達障害の特性を理解するとは?

今月もピカたまの会に参加させていただき、ほんとうに勉強になりました。 このメッセージも素晴らしいです。 ・「今、この時期に集団で行動することを覚えさせないと、将来息子さんが困ります!」って?? ・なぜ …

鳥取県内にある不登校・ひきこもり支援の相談窓口の案内

10月17日に行った「不登校についての行政との意見交換会」でも話題になっていましたが、「子どもが不登校・ひきこもりになったときにどこに相談に行ったらいいか分からない」という保護者の方が多いです。 「ハ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク