教育

小二の男の子が書いた本「おこるとどれだけそんするか。?」

投稿日:28/11/2015 更新日:

親も教員もおこり過ぎています。

よくあるのが、いかりに任せて最後に「わかったわね。ごめんなさいでしょ!」と一方的に誘導して「ごめんなさい。」と言わせて納得している大人がいます。

悪いことをしたら、そんなこと言われなくても、怒られなくても子ども本人が一番分かっていますよね。

”この本はちょっとでも子どもをりかいしてもらうための本です。

まちがって子どものみかたの本と思わないでください。”

という締めくくりが素晴らしいですね。

大竹智也さんは、元フリーターで現在はラングリッチというオンライン英会話スクールの代表を務めておられます。

Web関連の書籍も出しておられますよ。

日本の教育や就労についても問題提起や提案をするなど、自ら発信して行動しておられます。

小学生のころから問題意識を持っておられたことも今につながっているのでしょうね。

小二の男の子が書いた本「おこるとどれだけそんするか?」

https://conobie.jp/article/4451

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学びの原動力は「好きなことをする」こと、主体性を重視する環境は、競争とは無縁

同感です。 好きなことがあれば、それを飽きるまでやればいい。その対象はなんでもいい。 勉強したいと思ったらいつでも始められるし、遅すぎるということはない。好きなことをするために必要なら自分で勉強し始め …

広島・中3「誤った指導」での自殺を徹底的に追及していく必要があります

広島・中3自殺、誤った万引き記録に基づく進路指導を受けた後に自殺した問題。 この件も詳細を徹底的に追及していく必要がありますが、あまりにもひどすぎます。 これまでに、この中学校が子どもの人権と命を軽視 …

不登校の本質の理解をもっと広げていくことが2017年の最大のミッション

不登校の本質の理解と親の会をもっともっと広げていくことが、私の2017年の最大のミッションです。 人間に優劣はない。 違いがあるだけ。 違いによって優劣をつけることは間違い。 みんながちがうからいいん …

らっきょうの花設立10周年記念フォーラムに参加してきました

今日はらっきょうの花設立10周年記念フォーラムに参加してきました。 講演を聞いていつも思うことは、自分の考えが整理できることです。 話しの中で共感、納得できることも多く、行ってよかったです。 (鳥大の …

第1回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい、ありがとうございました

12月1日、多くの方々のお陰で第1回 子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどいを開催することができ、定員を超えた130名の参加者がありました。 師走とはいえ暖かい日となり、会場内は暖房を使用するこ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク