教育

小二の男の子が書いた本「おこるとどれだけそんするか。?」

投稿日:28/11/2015 更新日:

親も教員もおこり過ぎています。

よくあるのが、いかりに任せて最後に「わかったわね。ごめんなさいでしょ!」と一方的に誘導して「ごめんなさい。」と言わせて納得している大人がいます。

悪いことをしたら、そんなこと言われなくても、怒られなくても子ども本人が一番分かっていますよね。

”この本はちょっとでも子どもをりかいしてもらうための本です。

まちがって子どものみかたの本と思わないでください。”

という締めくくりが素晴らしいですね。

大竹智也さんは、元フリーターで現在はラングリッチというオンライン英会話スクールの代表を務めておられます。

Web関連の書籍も出しておられますよ。

日本の教育や就労についても問題提起や提案をするなど、自ら発信して行動しておられます。

小学生のころから問題意識を持っておられたことも今につながっているのでしょうね。

小二の男の子が書いた本「おこるとどれだけそんするか?」

https://conobie.jp/article/4451

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

2017年9月16日(土)に弁護士による全国一斉無料電話相談を実施

いじめの被害者は加害者だけでなく、学校や教育委員会、第三者委員会とも闘っているや学校とはいじめを生みやすい環境であることを強く認識すべきや教育委員会の姿勢こそ、「いじめを許している」姿そのものだにも書 …

臨時休業等に伴い学校に登校できない児童生徒の指導要録上の出欠の扱い等について

新型コロナウイルスの感染拡大予防のために、政府が全国一斉の緊急事態宣言を発表しました。 鳥取県内でも4月18日に2例目3例目の新型コロナウィルスの感染者が確認されましたが、4月27日から5月6日まで小 …

「ひきこもりからの回復」とはどのような姿をいうのか?

「ひきこもりからの回復」とはどのような姿をいうのか? 目を通してみると整理できると思います。 ・親が考え方、受け止め方を変えること ・一喜一憂しない、未来に希望を持つ ・第3者の存在の重要性 ・心身の …

日本の教員の長時間労働と世界一低い日本の教育への公的支出

教員の1週間の労働時間が、日本は53.9時間と突出していて、各国平均の1.4倍で14.6時間も長く、一番短いチリのなんと1.84倍で24.7時間も長くなっています。 教員の多忙は個人の努力だけでは解決 …

豊見城市の小学4年の男児、学校側が適切な対応を取っていれば自殺を防げた

2015年10月に沖縄県豊見城市内の小学4年の男児が自殺した問題で、市教育委員会が設置した第三者委員会(天方徹委員長)は30日、児童に対するいじめを認定し、自殺の大きな要因の一つにいじめがあったとして …

スポンサーリンク

スポンサーリンク