社会問題

はじめっから小保方さんの処分で済ませるつもりだったのか?

投稿日:05/11/2015 更新日:

小保方さんが不正(間違い)を「認めさせられた」裏の事情が出ていないのがおかしいです。

(出せるはずはないでしょうが、マスコミはここをつつけよ。)

マスコミにとっては小保方さんを取り上げることのメリットがあるだけのことです。

マスコミや評論家はただ目立つだけが目的なので、なんの責任感も持っていません。

これだけ大きくなっていなかったら、早稲田大学が「社会風潮」という要因での博士号の取り消しはなかったでしょう。

そもそも、博士号を決定したことが間違いだったわけですから、そこの責任はどう処分するのでしょうか。

まあ、どこの大学でも博士号なんてそんなもんだということです。

今回は小保方さんの処分で済まされるようですが、指導教官や大学自体の責任は追及されません。

今後の展開がどうなっていくのか分かりませんが、関係者の大量処分が当然ではないでしょうか?

小保方氏は最後まで特別扱いを要求していた

http://toyokeizai.net/articles/-/91024

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

4知事が仕切る緊急事態宣言で首都圏の悲劇。日本崩壊はここから始まる

当初西村大臣が言っていた緊急事態宣言解除の条件である新規陽性500人を下回っているのにいっこうに解除されません。 いったいなんのための目標値だったのか? 人出は減っていない、首都圏ではむしろ増えている …

【震災5年インタビュー】漫画「いちえふ」作者・竜田一人氏 ありのままの姿認識

東京電力福島第1原発の現場にはモチベーションが高い作業員が多い。 賃金が高いから来る人もいるが、役に立ちたいという人もいる。 現場の状況を”ありのままの姿で認識”し、”全体像をみながら”前に進んでいく …

マイナンバーカード制度は戦争法案や消費増税との組み合わせ政策

こんな状態だというのに、10月中旬頃から、住民票があるすべての世帯に「マイナンバー通知カード」が一方的に届きます。 まるで「召集令状」です。 マイナンバー制度について全国の市区町村に共同通信がアンケー …

北栄町であった笹森理恵さんの発達支援講演会に行きました

昨日は、北栄町であった発達支援講演会に行ってきました。 その冒頭でシャープを創設した早川徳次さんの言葉が紹介されました。 「障がい者には適材適所さえ配慮すれば決して普通の人の能力と変わりがないのである …

内閣府発行のひきこもり支援者読本を知っていますか?

「ひきこもり支援者読本」という冊子が内閣府子ども若者・子育て施策総合推進室というところから平成23年7月に発行されていますが、最近知りました。 当事者やその家族、支援団体、一般の方向けに、ひきこもりの …

スポンサーリンク

スポンサーリンク