社会問題

はじめっから小保方さんの処分で済ませるつもりだったのか?

投稿日:05/11/2015 更新日:

小保方さんが不正(間違い)を「認めさせられた」裏の事情が出ていないのがおかしいです。

(出せるはずはないでしょうが、マスコミはここをつつけよ。)

マスコミにとっては小保方さんを取り上げることのメリットがあるだけのことです。

マスコミや評論家はただ目立つだけが目的なので、なんの責任感も持っていません。

これだけ大きくなっていなかったら、早稲田大学が「社会風潮」という要因での博士号の取り消しはなかったでしょう。

そもそも、博士号を決定したことが間違いだったわけですから、そこの責任はどう処分するのでしょうか。

まあ、どこの大学でも博士号なんてそんなもんだということです。

今回は小保方さんの処分で済まされるようですが、指導教官や大学自体の責任は追及されません。

今後の展開がどうなっていくのか分かりませんが、関係者の大量処分が当然ではないでしょうか?

小保方氏は最後まで特別扱いを要求していた

http://toyokeizai.net/articles/-/91024

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

障害者の社会参加の一番障害となっているのが「障害の理解」

厚生労働省の研究グループの調査で「障害や身体機能の低下などで、手助けや見守りが必要」と答えた人の約4分の1の障害者が貧困に苦しんでいる。「賃金も安いほか、就労の場が少ない」という結果が出ています。 就 …

緊急特集 赤木さんの真実 〜「森友」を忘れない

オリンピックの延期騒ぎよりも100倍重要なこと。 メディアも世間もコロナ一色ですが、日本人なら絶対に知らなければいけないことです。 私たちの人生だけでなく、次世代にも通じる大事件です。 これがコロナ騒 …

小保方さんが自由に実験のできる環境ができることを願う

小保方氏は2011年3月に早大で博士号の取得が認められています。 STAP細胞が存在しない(らしい)ということにより博士論文に盗用や不適切な記述があると確認されたわけですが、そもそも博士号の取得の時点 …

「いちえふ」を読んでみた

作者自ら作業員に志願! 話題の新人賞大賞・福島第一原発ルポ漫画「いちえふ」を読んでみた。 福島原発事故から早2年半。テレビやインターネット、週刊誌など多くのメディアが伝える原発事故の様相はそれはそれは …

いじめ防止対策推進法の問題点を参加者の立場で解決するには?

12月11日(日)午後1時30分から日吉津村でいじめ問題についての「こども未来フォーラム」が開かれます。 しかし、残念ながら今回の目的も「いじめ問題への関心を高め、いじめの防止のために参加者ができるこ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク