社会問題

小保方さんが自由に実験のできる環境ができることを願う

投稿日:30/10/2015 更新日:

小保方氏は2011年3月に早大で博士号の取得が認められています。

STAP細胞が存在しない(らしい)ということにより博士論文に盗用や不適切な記述があると確認されたわけですが、そもそも博士号の取得の時点でのチェックはされていなかったのでしょうか?

つまり、2011年3月時点での博士号の取得の審査が適切に行われなかったということです。

「博士号の取得認定審査に不備があった」ということになります。

小保方氏の論文を掲載したイギリスの科学誌「ネイチャー」に掲載される時点での審査もどうだったのでしょうか?
小保方氏の博士号取り消しだけでなく、博士論文をきちんと審査していなかった大学や「ネイチャー」側にも問題がありますが、担当者は処分されるのでしょうか?

組織のチェック機能が働いていないのは、どこの組織も似たようなもんです。

博士論文の審査の程度なんて知れているということです。

学位認定なんて適当なもんなんですね。

学位とか国家資格とか、認定が適当なんだからそんなもん何の価値もないということです。

恥ずかしい限りです。

他人の評価なんかどうだっていいんですよ。

そして、切られるのはいつも末端の人間だけで、上の連中はなんのお咎めも受けずです。

ほんと、世の中いいかげんなもんです。
小保方さんは周りから担がれて発表しただけのことでしょう。

それに乗っかって売名行為をした連中のさばきはどうするのでしょうか?
知らない間に世間のさらし者にされて、一番の被害者は彼女です。

上層部は自分の都合のいいように利用するだけ利用して、マスコミは視聴率を上げたいがため、週刊誌は売り上げを上げるためだけが目的で大騒ぎを煽り、彼女を「えさ」として使っているだけです。

彼女のような有能な科学者をつぶしてしまった責任は誰もとることはないでしょうね。

なんちゃら賞といっても、裏ではとんでもないお金が動いています。

そんなにまでして守るものはないですよ。

小保方さんが自由に実験のできる環境ができることを願っています。

上のものが責任を取るのが当たり前ですが、末端の処分で済ませるのは官民に関わらずどこの組織も同じです。

小保方さんは将来的には研究をやりたいと思っているでしょうが、今はそっとして欲しいと思いますよ。

早大:小保方氏の博士号取り消しへ 再提出論文で判断
(毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/news/20151030k0000m040171000c.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

精神医学が学校の色に染め上げられた負の局面

学校が精神医学を染め上げる仕方から、学校の奥深い全体主義の本質と、さらに全体主義そのものの本質を見て取ることができる。 この記事は、「精神医学が学校の色に染め上げられた局面」を例として全体主義の恐ろし …

周囲の人に少しの勇気があれば清原の人生は違っていたはず

「覚せい剤使用者を、『犯罪者で、社会から排除されるべき』という見方ではなく、『治療が必要な人で、社会に戻ってくる人』との理解を持つ」という考え方には賛成です。 茂木さんの主張していることにも賛同します …

「発達障害支援法」改正、障害は個人の問題ではなく社会の問題へ

法律はできました。 しかし、法律ができただけでは、実行力が伴わなければ何も変わりません。 4月に施行された障害者差別解消法や障害者雇用政策に伴う合理的配慮も同様です。 私たちにできる最初の一歩は、まず …

「ひきこもり当事者の思いを直接知ることが理解する上で大事」小林さん

小林さん、すばらしい取り組みをされています。 同じ思いで活動されている人がいる。それを知るだけでも勇気がもらえます。 「僕は、市民に参加してほしい。当事者たちがどんな思いでいるのかを直接知ることが、理 …

ひきこもり対策で最も欠けているのが「本人不在」の対応、メディアの害も問題

この記事、調査結果や資料を基にして分かりやすく解説してあります。 大事な問題点はここ ・「ひきこもり支援の出口」がほぼ「就労・就学」に限定されている。 ・多くの自治体では、ひきこもり支援の利用に年齢制 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク