教育

教研式NRT・CRT標準学力検査テスト対策のために授業時間をつぶすのは本末転倒

投稿日:

全国学力テスト 全国学力・学習状況調査は今すぐやめるべきだといいました。
ほとんどの公立小学校は受験とは無関係なのですが、それでもテストの結果を気にしています。鳥取県でも県独自の診断テスやNRTとかCRTという標準学力検などもやっていて、個人、学級、学校をランク付けしています。

その費用は、一部市町村から補助が出ているところもありますが、すべて保護者負担です。
そのための受験対策テストや授業を行っている学校まであります。

本来は児童が自分の理解度や到達度を知ることと、教員が個別の指導方法を改善するために行うのが目的ですが、偏差値や他の学校と比較した順位が形として残ります。
「うちの小学校は全国と比べると偏差値が低いんだよね」
「うちの子は学校のテストは100点だけど、全国と比べると順位は低いんだ」
とかで見てしまうのです。

教研式CRT・NRT検査によって児童の学力が決まるわけではないのですが、学級や学校の偏差値や順位を上げるために、多くの学校でテスト対策授業やテスト対策プリントなどをやっています。
そのための教材の費用もまた保護者負担です。

テスト対策のために授業時間をつぶすのは本末転倒です。
これってテスト大好きな子は別ですが、児童は全く必要感を感じていないと思います。
教員や保護者は必要だと思っているとも思えないのですが、ずるずると全学校が取り組むようになっています。

「他の学校もやっているのでうちの学校も」
「教育委員会がやれといって補助金が出ているのでやっている」という理由です。

・テストは自分の自分の理解度や到達度を知るために行うもの
・競争や比較をしなくても学ぶ意欲を高めることは可能

小学校の成績は学級の中での位置を表した「相対評価」ではなく、教科や単元ごとの到達度で測定した「絶対評価」で行っています。
導入の目的は「全国的な順位を測定して学校での授業実践に活かす」ということですが、個別の指導計画はそんなものがなくても作れます。日々の授業改善はできます。
全国の学校での順位は「絶対評価」を無視した評価になっているのですが、どう考えてもおかしなことです。
小学校では「義務教育」は無償のはずです。その範疇で基礎基本の学習をすることが目的です。

大阪府教委は、全国学力・学習状況調査対策のためのプリントを学校にやらせています。

平成27年度大阪市「全国学力・学習状況調査」の結果について(大阪市教育委員会)

教研式 NRT 学力検査の結果のお知らせ(佐渡市教育委員会学校教育課)

外ヶ輪小学校 学力テストの結果(新発田市立外ヶ輪小学校)

教研式NRT・CRT標準学力検査

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

合理的配慮を具体的にお願いするためのステップ

このお母さん、すごく勉強しておられます。 「合理的配慮」とは、障害がある人にツールを与えることではありません。 障害があるないに関わらず、どの子にとっても学校生活がスムーズにできる支援体制や環境を整え …

米子市内小学校 4クラスが「学級として機能していない」

大変気になる記事です。 新聞の一部の記事としての情報しか分からないのですが、「一部の児童が授業中に歩き回ったり、友人に暴言を吐いて不登校になった」のは、その子に問題があるのではなく、学校が子どもの教育 …

レゴは子どもの無限の可能性を拓きます 圧巻です!

レゴははいいです。 レゴはカッコいい! レゴは子どもの無限の可能性を拓きます。 ある少年がレゴと出会ったのは1歳のころ、成長とともに作り上げたレゴ作品に賞賛の声が!レゴと子供の無限の可能性をご覧くださ …

できもしないことを学校現場に押し付けるのが文科省のやり方

指導要領の改訂で、教員の資質・能力向上とかアクティブラーニングとか、できません。 不可能です! そのための予算も時間確保も人的な配置もないまま、学校現場に押し付けて終わり。 教育委員会は、文科省からの …

ひきこもり脱出の「方程式」で現状把握と先の見通しをもつ

この全体像は「心のエネルギー曲線」と同じような過程を示した図になっています。 子どもと親が今どの階段にいるのかが分かれば、現状把握と先の見通しも立てやすくなります。 不登校やひきこもりのメッセージを周 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク