地域情報

農業で大成功する直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家

投稿日:22/11/2015 更新日:

最近興味のあることが1次産業、中でも農業です。

事業を0からスタートして生産、販売までできるのが強みです。

特に農作放置地が増えている地方では、農業で起業するというのもありです。

地方には、耕作放棄にはなったけど田や畑のようなお宝、財産がたくさんあります。

しかし、それが活用されていないのがとても残念で、もったいないことです。

田んぼや畑の後継者がいなくなったりするなど、耕作放棄地対策として「農地バンク」があります。

しかし、問題点は「農業が儲からない」ことにあります。

特に家族経営などの小規模農家はそうです。

「農地バンク」に予算はついているのですが、それが積極的に活用されていません。

個人間のやりとりについても、いろいろと面倒なこともあり借り手や買い手が見つからないこともあると聞いています。

でも、だからこそビジネスチャンスもあると思います。

また、同じように県内の市町村が実施している「空き家バンク」があります。

しかし、これも価格がネックとなってなかなか参入できない現実もありますね。

これらの問題を解決するには、初期投資としての行政のバックアップが必要だと思います。

全国には成功事例もたくさんありますので、積極的な広報と情報発信をしていくことで新規参入者も増えてくるはずです。

県内の自治体において地方創生の重点に新規事業や県外からの企業誘致が上がっていますが、現在の農地や小規模事業所を継続、発展させていくことの方が大事だと思うのですが。

素人から農業で起業したいと考えている人にはおすすめの本です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

鳥取らくだカンファレンス1st 大成功で終了!次回はもう始まっている

「鳥取らくだカンファレンス1st」大成功で終了しました。 みなさん、昨日はお楽しみさまでした。 あっという間に1日が終わった感じでした。 懇親会でもたくさんの人たちと話ができて嬉しかったです。 もっと …

地方の創生は地元住民自らの意志でやっていくべきです

自治体主催のなんちゃらセミナーもこんなもんなんです。 そんなことに予算を使うくらいなら、もっと他の使い道があるでしょうに! 地域は衰退を続けています。 「地域の将来の行方」をコンサルタント任せにしてし …

一人暮らしの高齢者の方の地域福祉懇談会とみんなの居場所創り

今年度は地区の役員を複数引き受けているのですが、昨日は一人暮らしの高齢者の方に集まってもらい福祉懇談会を行いました。 地域の災害時の対応について話をしたのですが、そのなかで少子化についても話題になりま …

鳥大の学生企画のちょこっとだっぴに参加して刺激いっぱいでした

昨日は「ちょこっとだっぴvol.2」という鳥大の学生たちが主体となって企画している会に参加してきました。 前回はゲストとして招待されたのですが、学生が対象にも関わらず今回も図々しく参加しちゃいました。 …

6次産業化と販路開拓・拡大支援セミナーに参加

9月3日、「6次産業化と販路開拓・拡大支援セミナー」に参加してきました。 インターネット・SNSを活用して、売れるための仕組みやお客様を獲得・拡大するためのマーケティング手法について学べるということで …

スポンサーリンク

スポンサーリンク