地域情報

農業で大成功する直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家

投稿日:22/11/2015 更新日:

最近興味のあることが1次産業、中でも農業です。

事業を0からスタートして生産、販売までできるのが強みです。

特に農作放置地が増えている地方では、農業で起業するというのもありです。

地方には、耕作放棄にはなったけど田や畑のようなお宝、財産がたくさんあります。

しかし、それが活用されていないのがとても残念で、もったいないことです。

田んぼや畑の後継者がいなくなったりするなど、耕作放棄地対策として「農地バンク」があります。

しかし、問題点は「農業が儲からない」ことにあります。

特に家族経営などの小規模農家はそうです。

「農地バンク」に予算はついているのですが、それが積極的に活用されていません。

個人間のやりとりについても、いろいろと面倒なこともあり借り手や買い手が見つからないこともあると聞いています。

でも、だからこそビジネスチャンスもあると思います。

また、同じように県内の市町村が実施している「空き家バンク」があります。

しかし、これも価格がネックとなってなかなか参入できない現実もありますね。

これらの問題を解決するには、初期投資としての行政のバックアップが必要だと思います。

全国には成功事例もたくさんありますので、積極的な広報と情報発信をしていくことで新規参入者も増えてくるはずです。

県内の自治体において地方創生の重点に新規事業や県外からの企業誘致が上がっていますが、現在の農地や小規模事業所を継続、発展させていくことの方が大事だと思うのですが。

素人から農業で起業したいと考えている人にはおすすめの本です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

総合戦略の策定に関するパブリックコメントの回答が残念

4件のコメントと倉吉市からの回答と対応策が載ってます。そのうちの1件は私が出したものです。 私の出した意見はNo.10です。 ですが、それもほんの一部で十分な回答にはなっていませんね。 総合戦略の策定 …

大山町民と一体となって世界に通用する感動価値を共創

大山町の総合戦略は独自性が明確に出ていて素晴らしいと思います。 問題はそれを実行できるかなんですが、このように若者を中心とした一般町民がプラン作りから参画でき、「計画」で終わらない実践というのがいいで …

「地域で子どもを守るのではなく育てたい」発想が素晴らしい

「既存の仕組みを西粟倉村に合う教育方針に変える」 「「地元民と移住者をつなぐ地域コミュニティを形成している場所が教育現場」 既成の教育の仕組みに従う、合わせるのではなく、地域の子どもは地域の仕組みを作 …

倉吉の円形劇場、昭和34年の自由研究が素晴らしい!

お盆で帰省した同級生と倉吉の円形劇場に行ってきました。 屋上からは9年間勤務した学校が見えて懐かしかったです。 中でも昭和34年の自由研究が良かったです。 「どんなことをして遊ぶか」のかんけり、ぼうや …

倉吉で「ウタゲだっぴ」のインタビューを受けました

昨日は「だっぴプロジェクト」の学生メンバー4人が6月30日に行われる「ウタゲだっぴ」のインタビューに倉吉まで来てくれました。 「だっぴ」の目指すものは、“未来を模索する若者”と“地域の魅力的な大人”と …

スポンサーリンク

スポンサーリンク