地域情報

農業で大成功する直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家

投稿日:22/11/2015 更新日:

最近興味のあることが1次産業、中でも農業です。

事業を0からスタートして生産、販売までできるのが強みです。

特に農作放置地が増えている地方では、農業で起業するというのもありです。

地方には、耕作放棄にはなったけど田や畑のようなお宝、財産がたくさんあります。

しかし、それが活用されていないのがとても残念で、もったいないことです。

田んぼや畑の後継者がいなくなったりするなど、耕作放棄地対策として「農地バンク」があります。

しかし、問題点は「農業が儲からない」ことにあります。

特に家族経営などの小規模農家はそうです。

「農地バンク」に予算はついているのですが、それが積極的に活用されていません。

個人間のやりとりについても、いろいろと面倒なこともあり借り手や買い手が見つからないこともあると聞いています。

でも、だからこそビジネスチャンスもあると思います。

また、同じように県内の市町村が実施している「空き家バンク」があります。

しかし、これも価格がネックとなってなかなか参入できない現実もありますね。

これらの問題を解決するには、初期投資としての行政のバックアップが必要だと思います。

全国には成功事例もたくさんありますので、積極的な広報と情報発信をしていくことで新規参入者も増えてくるはずです。

県内の自治体において地方創生の重点に新規事業や県外からの企業誘致が上がっていますが、現在の農地や小規模事業所を継続、発展させていくことの方が大事だと思うのですが。

素人から農業で起業したいと考えている人にはおすすめの本です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

「真庭なりわい塾」の現地見学・説明会に参加

今日は「真庭なりわい塾」の現地見学・説明会に参加してきました。 参加者の多くは関西方面からでしたが、その関心の高さに驚きました。 真庭といえば、里山資本主義の舞台といえる地域です。 真庭市中和地区は倉 …

「過疎の町のパン屋」が実践する、利潤を追わない経営哲学

私がめざしているのもこの方向です。 「自分の価値」に自分で気づき、他者からその価値を認められる。そしてその価値に見合った「対価」をいただく、めざしているのは利潤の追及ではなく「価値そのもの」で報酬をい …

地方をダメにする ふるさと納税は今すぐ廃止すべき

そもそも、ふるさと納税とは返礼品目当てではなく、純粋にふるさとのために貢献するという趣旨ではじまったものです。 (これも建て前でしょうね。) ふるさと納税の返礼品は、地方の活性化に本末転倒です。 返礼 …

平成28年度倉吉市未来いきいき総合戦略は市民の要望とは程遠い

平成28年度における倉吉市未来いきいき総合戦略の推進方針が発表されています。 しかし、総合戦略の先駆的事業は、市民の要望とはかけ離れています。 12月の市報にもモーリー君が登場してその概要を解説してい …

鳥取県にはスタバやセブンも要らないけど「地方創生戦略」も不要

「全国で最速」をそんなに自慢したいのでしょうか? 中身がない作るだけが目的の「宿題」なんか全く意味はありません。 スタバやセブンのように「全国最遅」にしたほうが宣伝効果はあると思いますよ。 鳥取県には …

スポンサーリンク

スポンサーリンク